【ドクター監修】ほうれい線治療と若返り美容整形完全ガイド

タイタンの機器イメージ画像
引用元/キュテラ
(https://www.cutera.jp/product/titan_XL.html)

タイタンの効果

リフトアップも肌の若返りも手に入れたいけどあまりお金はかけたくない。そんな女性に人気なのがタイタンによる赤外線治療です。タイタンによって肌の引き締め効果が得られる仕組みや、施術の特徴、メリット&デメリットについてまとめて紹介しましょう。

基本DATA
料金相場 2万円~9万円前後
持続期間 2~3ヶ月
施術時間 約30~40分
麻酔 なし
痛み ほとんどなし
ダウンタイム なし

タイタンとは

タイタンは、赤外線フラッシュを肌に照射して真皮を刺激し、肌の若返りを促す治療機器です。タイタンに使われる赤外線は真皮の比較的浅い部分にはたらきかけるため、たるみ改善の効果は若干弱めですが、美肌や毛穴の引き締めには実感できる効果があります。

メス不要のたるみ取りともいわれるタイタンは、施術料金が安いため「リフトアップの入門編」として気軽に施術を受けられるのが特徴です。予算に応じてほかの施術法と組み合わせれば、より高い効果を得ることができます。

タイタンの治療効果について

赤外線フラッシュが肌に効く仕組みは、IPLやRFを使ったほかの治療法と基本的には同じです。シワやたるみのある肌は、真皮層に含まれるコラーゲンやエラスチン(肌を引き締める役割を持つ成分)が減少・劣化した状態にあります。赤外線を照射して真皮細胞を刺激するとそれらの再生が促され、引き締った若々しい肌に戻るというわけです。

タイタンはこの深さ1~3ミリの真皮層の水分を短い時間で施術に必要な温度(55~62℃)まで温める施術ですので、ダウンタイムなど体への負担がほとんどありません。料金も安価なため、自分の肌の状態に合わせて施術をリピートすることで、満足のいく効果を得ることができます。

お試し感覚で受けられる施術の代表格

サーマクールなどと比較すると、3分の1程度の費用で受けられるクリニックもあります。大胆な施術や治療にはまだ踏み切れない、何度も施術を受けたいという方や、ほかのマシンと併用したい方などに人気がある治療法。急激な変化ではなく、緩やかに若返ることができる施術です。エステサロンに定期的に通うような感覚で、継続して治療を受ける患者さんも多いようです。

タイタンのメリットとデメリット

コストパフォーマンスが高い治療法であるタイタンについて、メリットとデメリットをまとめてみましたので、参考にしてください。

持続期間は短いが気軽にできるマシン施術

光や電磁波でシワやたるみを改善するマシンの中で最もリーズナブルだと言われ、痛みも少なく、エステ感覚で気軽に受けられるのがメリット。ただし、ほかの施術法と比べると効果が持続しにくいのがデメリットです。

タイタンで
失敗しないための
ポイント

痛みやダウンタイムがほとんどないと言われていますが、場合によってはトラブルが起こることもありますので、念のため注意点を学んでおきましょう。

自分に合っているかどうかをカウンセリングで確認すべし

タイタンは比較的安全でリーズナブルな施術法ですが、1回で目に見える効果を期待できるものではありません。すでにシワやたるみが激しい場合は、ほかの方法を検討した方が良いかもしれないので、カウンセリングを受けて確認することが重要です。

タイタンの流れ

タイタンの施術を受ける際の、具体的な流れを確認します。

カウンセリングでシワの状態をチェック

医師に相談しながら肌の状態を確認し、タイタンが効果を発揮するかどうかを判断します。

クレンジング&冷却ジェルを塗布

クレンジングで汚れを落とし、照射する部分に肌を守る冷却ジェルを塗ります。

赤外線を照射して終了

フラッシュランプを照射すると、肌の表面が温かい感覚になります。30分~40分照射して終了。すぐにメイクして帰宅できます。

タイタンの疑問・不安

痛みがあるのかどうか心配です…

タイタンの赤外線ライトは、40℃程度のお湯をあてているような感覚だということですので、体の内側からじんわり温まるという感じで、痛みもほとんどないといわれています。

1回でどのくらいの効果が出ますか?

シワやたるみの程度にもよりますが、タイタンは数回繰り返すことで効果が徐々に表れる施術法です。1回ではあまり効果が実感できなかった…という方がいるのは事実です。

妊娠中でも施術を受けられますか?

肌の比較的浅い部分に赤外線を照射するだけなので、妊娠中でも安心して受けられます。しかし、クリニックによっては万全を期すために施術を断るところもあるようです。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2017年7月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。
 

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る