ドクターが教えるほうれい線の美容整形完全ガイド

テノールのイメージ画像
引用元/ダイエットスリムナビ
(http://www.hiro-slim.com/101_teno/101_teno.html)

テノール

テノールとは、ラジオ波を使って理想のフェイスラインを実現する高周波治療。皮膚の切開・注射などの痛みを伴うことなく、肌の再生力を取り戻すことができると評判です。ここではテノールがどのように肌再生へアプローチしていくのか、その仕組みと効果について詳しく解説していきます。

基本DATA
料金相場 2~3万円前後(1回)
接続期間 6ヵ月ほど
施術時間 20~30分
麻酔 なし
痛み なし
ダウンタイム なし

テノールとは

テノールは、ラジオ波によって衰えた肌の再生力を取り戻し、ほうれい線の改善・若返りを促す美容法です。テノールの周波数は40.68MHZとなっており、これは医療機関のみが取り扱える高周波。この熱パワーを2つのハンドピースを用い、皮膚表面から皮下脂肪まで分散して届けていきます。高周波をあてることにより多少の熱感はありますが、痛みを感じることはほとんどなし。エステ感覚でできるアンチエイジング療法としても人気を集めています。

テノールの効果

テノールのラジオ波で肌深部に44~45℃程度の熱を加えることにより、ヒートショックプロテインが発生。ヒートショックプロテインとは傷ついた細胞を修復するタンパク質のことで、これが発生するとコラーゲン繊維が増加。肌の再生力が促進されてハリがアップ、ほうれい線やシワといった悩みを改善していく効果があります。

顔に傷を残さず、リフトアップしたい人におすすめ

テノールは、皮膚の切開や素材の注入などを行わない「痛みのない施術方法」。治療痕などもないため、顔に傷を残さずリフトアップしたい人におすすめです。また、ダウンタイムもないので人目を気にすることもなし。施術後にすぐメイクをすることも可能なため、接客業や営業職の方などでも気軽に受けることができます。

テノールのメリットとデメリット

痛みのないアンチエイジング法として、ほうれい線などの悩みを持つ方に人気のテノール。自然なリフトアップが可能な施術法ですが、この方法を選択する前にメリット・デメリットをきちんと押さえておきましょう。

自然な若返りのためには定期的なメンテが必要

痛みがない・ダウンタイムがない・顔に傷が残らないのがテノールのメリット。周囲に気づかれることなく、自然にほうれい線を改善することができます。また、皮膚の再生機能が復活することで、若返り効果が長続きするのもメリットです。ただし、この効果を確実なものとするには、2~4週間おきに4~6回の施術が必要。その後も1~3ヵ月ごとにメンテナンスを受けないと、持続性が薄れてしまいます。

テノールで
失敗しないための
ポイント

テノールは安全な施術法ですが、失敗を防いで効果を実感するために押さえておきたいポイントがいくつかあります。

機器の扱いに慣れているかどうかをチェック

テノールで確かなリフトアップ効果を得るには肌深部の温度を44~45℃にすることが重要。そのため、施術時間中に高周波の出力をしっかりとキープすることが重要です。失敗を防ぐためには、術者がテノールの扱いに慣れているかどうかをチェックするようにしましょう。また、高周波を使用するためヤケドなどのリスクがまったくないとは言い切れません。トラブルの際の対処法なども確認しておくと安心です。

テノールの流れ

テノールを受ける時は、どのような流れで治療が行われるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

カウンセリング

医師がカウンセリングを行い、皮膚やほうれい線などの状態を診察。テノールが適しているかどうかを確認し、出力量や時間などを決定します。期待できる効果やリスクなどの説明も、しっかり聞いておきましょう。

クレンジング・施術

洗顔・クレンジングをしてから滑りを良くするためのオイルを塗布、テノールにより高周波を照射します。時間は20~30分、熱さや違和感を覚えることがあればすぐに申し出てください。

施術終了

オイルをふき取り終了。ダメージが少ないため、クールダウン・アフターケアは必要ありません。施術後はメイクをすることも可能、日常生活もいつも通りとなります。

テノールの疑問・不安

肌にあてる高周波は安全?

テノールの周波数40.68MHZ(メガヘルツ)は、人体に安全であることが国際的に認可された周波数です。エステで使用されている高周波治療器の約100倍の出力ですが、使用できるのは医療機関のみ。医師の指導のもとで施術を行うため、信頼性・安全性ともに高いものとなっています。

1回でも効果はある?

多くの方が、1回の施術で効果を実感できます。薄いほうれい線であれば、肌のハリ・弾力のアップとともに改善効果を実感できるでしょう。ただ、効果を確かなものにするためには、2~4週間おきに4~6回の施術を繰り返して受ける必要があります。

痛みや腫れはないですか?

テノールは熱エネルギーを使った治療法のため、多少の熱感はありますが痛みはなし。傷・内出血の心配もありません。エステ感覚で治療を受けることができるため、リラックス効果も期待できます。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/

「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修によるほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2016年7月時点)。ぜひ参考にしてください。また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る