ドクターが教えるほうれい線の美容整形完全ガイド

PRP血小板療法のイメージ画像
画像はイメージです

PRP血小板療法

体への負担が少なく、薬物のアレルギーもないとして注目されているPRP血小板療法。治療の概要やメリット&デメリットなどをまとめて紹介します。

基本DATA
料金相場 4万円~20万円前後(3回セット)
接続期間 1年~3年
施術時間 1時間程度
麻酔 なし、またはクリームタイプの麻酔など
痛み 注射を刺す痛み、注入する違和感
ダウンタイム 1~2週間

PRP血小板療法とは

患者さんの血液から血小板だけを分離して作る“Platelet Rich Plasma(多血小板血漿)”をシワの気になる部分に注射する治療法です。

PRP血小板療法の効果

血液に含まれる血小板には、細胞を活性化させて若返らせる成分が多く含まれています。シワやたるみが気になる部分に注入することで真皮細胞を活性化し、肌の弾力を取り戻す効果が期待できます。

乾燥や加齢によるちりめんジワに効果てきめん!

皮膚を支える真皮の部分で作用して、ハリや弾力をアップさせる効果があるので、加齢によるシワや、乾燥による小ジワにおすすめ。ほうれい線はもちろん、目元のちりめんジワなどにも効果的です。

PRP血小板療法のメリットとデメリット

PRP血小板療法ならではのメリットやデメリットについてまとめてみました。

自己の細胞を利用するので異物反応が出ない

自分の細胞を使うのでアレルギー反応などの心配がありません。薬剤を使用する治療に抵抗を感じる方には大きなメリットでしょう。ただし、効果が表れるまでに2週間~2ヶ月かかる点がデメリットです。

PRP血小板療法で
失敗しないための
ポイント

せっかく治療を受けるのですから、確実に効果を実感したいもの。後悔しないために注意すべきポイントを解説します。

PRPの生成方法にも注目しよう!

PRPを作る際の分離や濃縮方法がクリニックによって異なり、治療の効果や持続時間に影響があると言われています。また、医師の技術不足によって、注射した部分にしこりが残ってしまった…というトラブルも。PRPの内容や医師の経験などを確認しましょう。

PRP血小板療法の流れ

PRP血小板療法はどのような治療が行われるのか、その流れを簡単に見ていきましょう。

カウンセリングと採血

医師と相談してどの部分に注入するかを決定し、採血を行います。採血する量は、シワやたるみの状態にもよりますが、注入する箇所×10CC程度が目安です。

PRPを生成して注入

採血した血液を遠心分離器にかけて血小板だけを取り出し、PRP液を生成。シワの部分に注射器で注入します。採血から注射が完了するまで1時間程度かかります。

問題がなければメイクして帰宅

注射後は、一時的に赤みや腫れ、内出血などが出る場合もあります。赤みは2日程度で引き、内出血も1週間ほどで消えます。施術後2週間~2ヶ月ほどかけて、徐々にシワが目立たなくなっていきます。

PRP血小板療法の疑問・不安

貧血になりやすいんだけど…採血はどのくらいの量するの?

採血量は、8~16CC程度。通常の血液検査とほぼ同じ量なので、ほとんどの方には問題ありません。

どのくらいの効果が期待できるの?

同じ量を採血しても、血小板の数には個人差があるので、効果が出にくい方がいるのは事実。2週間から2ヶ月ほどかけて徐々に効果が表れてくる人もいます。

シワの膨らみ具合が気になる…注射の時に相談できますか?

ヒアルロン酸注射のように皮膚の下に注入して形を整える方法とは異なり、気になる部分に注入して自然にハリが出てくるのを待つ…という治療法です。注入の時に形を指定することはできません。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/

「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修によるほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2016年7月時点)。ぜひ参考にしてください。また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る