【ドクター監修】ほうれい線治療と若返り美容整形完全ガイド

3Dミントリフトのイメージ画像
引用元/アリシアクリニック
(http://www.aletheia-clinic.com/liftup/mintlift.html)

3Dミントリフトの効果

3Dミントリフトは、皮膚を切らずにできるリフトアップ術。身体に吸収される糸を挿入するため異物感やトラブルの心配が少なく、ダウンタイムもほとんどないことで人気を集めています。ここでは、3Dミントリフトの特徴や、メリット・デメリットについて解説していきます。

基本DATA

料金相場 1本5万円前後
持続期間 3年前後
施術時間 1時間弱
麻酔 局所麻酔(静脈麻酔を併用することも)
痛み 麻酔をしているのでなし
ダウンタイム ほとんどなし、または数日の軽い腫れ

3Dミントリフトとは

3Dミントリフトは、糸を皮下に挿入し、フェイスラインのたるみをこめかみ方向へ引き上げるリフトアップ施術です。3Dミントリフトの糸は、従来のものに比べて8倍も大きいトゲがついているのが特徴。これによって引き上げる力が強くなり、より高いリフトアップ効果を得られるようになりました。ちなみに、使用される糸はFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けた医療用で、体内に吸収される素材でできたもの。異物感や炎症といったトラブルの心配はありません。

3Dミントリフトの治療効果について

3Dミントリフトは立体的(3D)に糸を挿入するため、従来の糸を使ったリフトアップ施術よりも効果が強力です。浅いほうれい線であれば、3Dミントリフトでほとんど改善可能。そのリフトアップ効果は、3年前後と長期間の持続性を実現しています。また、糸と生体が反応することにより、肌内部でコラーゲン生成が活性化。糸が吸収された後もリフトアップ効果が継続し、自然な若返りが期待できます。

すぐに日常生活に戻りたい人へおすすめ

3Dミントリフトは切らないリフトアップ施術のため、ダウンタイムが少ないのが特徴。すぐに日常生活へ復帰でき傷もほとんど残らないため、仕事をしている人でも安心です。また、引き上げ効果が強力なため、従来の糸を使ったリフトアップで効果を得られなかった方にも。

3Dミントリフトのメリットとデメリット

強力なリフトアップ効果を得られる3Dミントリフトですが、注意しなければならない点もあります。ここではほうれい線の改善に効果を発揮する、3Dミントリフトのメリット・デメリットをまとめました。

強力なリフトアップ効果はあるが、ツッパリ感が心配

糸を立体的に挿入する方法と、大きなトゲのついた特殊な糸を使用するため、強力なリフトアップ効果を得られるのがメリット。切開を伴わないリフトアップ施術にも関わらず、その効果はフェイスリフト(切開あり)に匹敵。軽いほうれい線であれば、3Dミントリフトのみで十分に改善できます。
ただ、こめかみ方向へ引き上げる3Dミントリフトはフェイスライン(アゴ~頬下)の引き上げは得意ですが、頬から上はツッパリがちに。うまく調整しないと顔が横に広がったような印象になってしまうため、注意が必要です。

3Dミントリフトで
失敗しないための
ポイント

3Dミントリフトで自然なリフトアップを期待するなら、以下の注意ポイントを押さえておくようにしてください。

確かな技術力・センスを持った医師を選ぼう

特殊な糸を立体的に皮下へ挿入する3Dミントリフトは、医師の確かな技術力・センスが必要なリフトアップ術です。技術力が未熟だと皮膚の引きつりによるツッパリ感・左右のバランスの悪さ・不自然な凹みなどができたりするので要注意。ほうれい線をなくし、より自然で美しい仕上がりを望むなら、カウンセリングはもちろん事前のデザインに時間をかけてくれる医師を選ぶようにしましょう。

3Dミントリフトの流れ

3Dミントリフトを受ける時は、どのような流れで治療が行われるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

カウンセリング

皮膚やほうれい線の状態を診察し、3Dミントリフトに適しているかどうかを確認。糸を何本くらい挿入するか、どの部位にどんな形で挿入していくかなどの治療プランを立てていきます。料金やデザインに納得できれば、施術日を決定します。

施術スタート

皮膚・骨格・脂肪の状態をチェックし、仕上がりをイメージして糸を挿入する位置をマーキング。局所麻酔(場合によっては静脈麻酔を併用)をしたのち、糸を挿入してたるみをリフトアップします。左右のバランスを調整し、納得できれば施術終了。問題がなければ、そのまま帰宅可能です。

術後の経過観察

ダウンタイムはほとんどないため、すぐに日常生活に復帰できます。多くの場合、感染や炎症止めの内服薬が処方されますので、必ず服用するようにしましょう。糸がしっかり固定されるまでは、大きく口を開ける・フェイスマッサージなどの行動は控えた方が◎(1週間ほど)。

3Dミントリフトの疑問・不安

本当にほうれい線は消えますか?

溝の薄い方あれば、3Dミントリフトだけでほうれい線はなくなります。ただし、ほうれい線が深い場合は完全に消すことは難しく、多少ほうれい線が残ることとなります。そういったケースでは、ヒアルロン注入などを併用することが多くなっています。

糸の本数は自分で決定できる?

ほうれい線の状態にもよりますが、3Dミントリフトに必要な糸の本数は人によって異なります。予算や希望をある程度叶えることはできますが、しっかりとした効果を得たいと思うなら、医師の提案した本数を考慮するのが賢明と言えるでしょう。

挿入する糸は安全ですか?

3Dミントリフトに用いられる糸は、アメリカFDAで認可されている医療用の吸収糸。高い安全性が認められたもので、体内に吸収された後のトラブルの心配もありません。糸を挿入することで、肌内部のコラーゲン生成が活性化されるというメリットもあります。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2017年7月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。
 

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る