ほうれい線対策委員会ホーム > ほうれい線・シワ対策★美容整形完全ガイド 施術別効果一覧 > ミニリフトによるほうれい線の治療で期待できる効果とは

美容クリニックで受けられるほうれい線治療とその効果

ミニリフトによるほうれい線の治療で期待できる効果とは?

別名ショートフェイスリフトとも呼ばれるミニリフト。皮膚を切って引っ張ることでシワやたるみにアプローチする施術法です。このミニリフトについて、施術の特徴や効果、メリット・デメリットなどの情報をまとめて解説しています。

基本DATA
料金相場 60~80万
持続期間 5~10年
施術時間 2~3時間
麻酔 局所麻酔、静脈麻酔
痛み 手術は麻酔のため痛みなし
ダウンタイム 数日間痛みがあります

ミニリフトの治療で期待できる効果について

皮膚のたるみとSMAS(表在性筋膜)という皮下脂肪より下の層にある部分を引き上げるので、シワやたるみへの直接的なアプローチが期待できます。具体的には、ほうれい線や下がった口角、頬やあご、えらのたるみなど。稀に傷跡が広がったり、頭皮の傷の近くが脱毛したりすることがあります。BMI30以上の方や、年齢が65歳以上の方は、手術中に下肢の静脈血管に血栓ができてしまい、肺塞栓になってしまうこともあるので、該当する方は医師に相談してください。

たるみの原因を根本から取り除いて長い効果を得たい人

皮膚を切開して余った皮膚や脂肪を直接取り除くので、ブルドック顔のような深いほうれい線へのアプローチが可能です。頬や口周りなどの目立つ部分のシワやたるみを解消したい人にもおすすめ。プチ整形やレーザー治療のような一時的なものではなく、もっと長く見た目の良さを保ちたいという人に向いています。

ミニリフトの口コミ・評判

術後の切開した跡が気になる

あくまでリフト単独としてですが、70点位です。

術前、私が一番心配だったのは、神経麻痺と引っ張られてる感がありありと分る様なつっぱった顔にならないか?

この2点です。自然に引き上がっているので満足しています。

ただ、傷は綺麗に縫って下さってはいるんですが、モミアゲ周りの切開線の赤みが気になっています。

私の体質なのか肌の質のせいかよくわかりません。

引用元:口コミ広場
(http://www.e-kuchikomi.info/aging/thread-19995.html?pageID=67&jumpPostId=157710#postId_157710)

ほうれい線対策委員会より

70点というと満足してはいるけど、気になる部分がところどころあるといったところでしょうか。皮膚を剥離するときに誤って神経が触れてしまうことがありますが、実績の多い医者に頼めば神経麻痺の心配はしなくても大丈夫でしょう。いかにも「手術しました」という顔にならないように自然に引き上げてもらえるので安心しますね。

傷跡は術後の自分の行動でも変化しますので、早めに相談したほうが良いでしょう。

術後の腫れが心配だったけど無事に治まりました

ブルドック顔がコンプレックスだったので、ミニリフトを受けました。ミニといえども、かなり本格的!術後は痛みは少ないものの、1週間ほどは恐ろしいほど腫れます。腫れた顔のまま戻らないのではと、不安で何度も電話しましたが、都度看護師さんが優しく親切・丁寧に対応してくださいました。1ヶ月もすれば、ほぼ腫れも治まり、3ヶ月で素晴らしい状態に♪♪(40代女性)

引用元:口コミ広場
(http://www.e-kuchikomi.info/aging/thread-19138.html?pageID=1&jumpPostId=70672#postId_70672)

ほうれい線対策委員会より

ほうれい線が深くなってできるブルドックのような顔は、できるなら治してしまいたいもの。施術が終わったあとのダウンタイムは個人差がありますが、見た目に分かるほど腫れてしまう人もいるようです。時間が経つのを待つしかないと分かっていても不安になってしまいますよね。そんなときに看護師さんが優しく話を聞いてくれるのは精神的に支えられるのでうれしいですね。

思ったよりダウンタイムが短かった

夜まで痛みは出ませんでした。でも、夜になると段々痛み出し、(麻酔がよっぽど強いみたいで鈍痛程度でしたが)次の日はもっと痛みました。完全に麻酔が切れたからでしょう。ナイフで切ったあとのような痛み。ひどい痛みは二日続きました。三日目にはだいぶ落ち着き五日目になると触らなければ全く痛みはありません。

こんなにダウンタイムが短いなら気軽に出来ますね。(40代女性)

引用元:口コミ広場
(http://www.e-kuchikomi.info/b-seikei/thread-16804.html?pageID=1&jumpPostId=54066#postId_54066)

ほうれい線対策委員会より

局所麻酔に加えて静脈麻酔までするので、麻酔が効いているうちは安心ですが、麻酔が切れてからの痛みが怖いですね。この方の場合は、痛みがひどかったのは2日間だけで、比較的ダウンタイムが短く済んだようです。5日目でほとんど痛みが治まったのなら、確かに気軽にできると考えられるでしょう。

特に問題なく手術してもらいました

痛みがこわいので麻酔テープを30分貼ってもらい、その後施術したので、痛みはありませんでした。5日間位は軽く内出血がありましたが、マスクで隠れるのできになりませんでした。施術直後は麻酔?も入っているのか目の下がけっこう膨らみマスクをして帰宅しました。内出血も今回は出ましたが1週間位でなくなりました!(40代女性)

引用元:美容医療の口コミ広場
(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1100454/activity_detail/139095)

ほうれい線対策委員会より

麻酔をしてから手術すると言っても、麻酔の注射自体が痛いという方もけっこういます。麻酔テープであらかじめ痛くないようにしてもらえるのはうれしいですね。手術後は内出血してしまうことがあるので、帽子やマスクなど顔を覆えるものを持って行ったほうが良さそうです。内出血してしまった場合は、術後1週間ぐらいで引いてくるので、それまではマスクや化粧でカバーしましょう。

ミニリフトとは?

ミニリフトは、耳の付け根付近を切開し、口元から頬の皮膚を引っ張ることでシワやたるみに働きかける施術です。頬や口周りなど、顔の目立つ部分にあるシワやたるみへのアプローチに特化しています。ミニリフトは、シワやたるみを取り除く部分が限定されているため、フェイスリフトよりも皮膚を切開する範囲が小さいのがポイント。垂れ下がった皮膚を自然に見える位置に戻します。目立たない部分の皮膚を切開するので、手術の傷跡も目立ちません。

ミニリフトのメリットとデメリット

あらゆる施術法には、必ずメリットがあればデメリットがあるもの。うれしい若返り効果が得られると同時に、副作用などが出ることも考えられます。ミニリフトのメリットとデメリットについて解説していきましょう。

顔のたるみにすぐアプローチできる

顔を全体的にリフトアップさせるため、頬やあごなどの目立つたるみにアプローチできます。余分な皮膚を直接取り除くため、変化をすぐに実感できるのも魅力的なポイント。ミニリフトは切開する部分が小さいため、術後の傷跡が目立ちにくいというのもメリットの1つです。術後は安静にしなくてはいけませんが、入院の必要はなく、その日のうちに帰宅できます。

持続時間は長いがずっと効果が続くわけではない

フェイスリフトでたるんだ皮膚を取り除いても、年を取っていくにつれて皮膚がたるんでいきます。皮膚を切り工程がある施術のため、術後は数日間のダウンタイムが必要です。さらに数日間は顔を包帯で固定しなくてはいけません。人によってはかなり顔が腫れてしまうこともあります。無理に引き上げようとすると傷跡が残りやすくなるので注意してください。

ミニリフトで
失敗しない
ポイント

ミニリフトは余分な皮膚を切り取ってたるみを改善する施術法ですが、外科手術である以上リスクも伴います。手術をして後悔しないために、注意したほうが良いポイントをまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

ミニリフトが最も適しているのかどうか確認しましょう

たるみの原因は皮膚だけではなく、皮下の組織のたるみも関係しているので、皮膚だけ引き上げてもキレイなフェイスラインにはなりません。傷跡が目立ってしまったり、頬ではなく耳が引っ張られてしまうこともあります。シワが少ない、たるみが軽度の方は、注入剤や糸などを使ったメスを使用しないリフト治療のほうが適している場合がありますので、医師に相談して自分に合った施術法を見つけましょう。

ミニリフトの流れ

ミニリフトがどのように行われるのか、流れを確認しておきましょう。施術を受けるとなれば不安や疑問がつきないものです。事前にチェックして不安や疑問をあらかじめ解消しておきましょう。

カウンセリングと診察

カウンセリングと診察を行い、手術を行っても問題ないかどうかをチェックします。手術をするのであれば、具体的な術後のイメージをシミュレーションして、医者と施術希望者の理想像を共有。施術の内容や注意事項などを確認した施術の準備をします。

施術

ミニリフトは耳の前、または髪の毛の生え際の部分を小さく切開します。手術の前に局所麻酔と静脈麻酔を行いますので、切開中に痛みを感じることはありません。手術時間は2~3時間。余った皮膚や脂肪を取り除き、たるんだ皮膚を引き上げて丁寧に縫合します。止血のためにバンドで圧迫。傷口を塞いで包帯やテープで固定します。

術後の通院

施術が終わったら、当日そのまま帰宅できます。翌日に検診を行い経過観察へ。3日後にはガーゼを交換します。7日後に固定していた包帯やテープを外して抜糸。1か月後に再び検診を行います。術後1週間ぐらいで腫れが引いていく方が多いようです。

ミニリフトの疑問・不安

副作用はないの?

術後数日間から1か月ほどは、口を大きく開ける、笑う、顔を洗うときなどに引きつったような違和感がある方がいるようです。人によっては内出血をすることもありますが、どちらも時間が経過すれば収まります。

友利先生の無料カウンセリング申し込み

35歳OVERのほうれい線
にお悩み女子には…
ほうれい線【切らない】おすすめ美容治療

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る