【ドクター監修】ほうれい線治療と若返り美容整形完全ガイド 

PRPマトリックスのイメージ画像
引用元/湘南美容外科
(http://www.sbc-skincare.com/service/matrixprp/special/)

PRPマトリックスの
効果

PRPとヒアルロン酸を合わせたアンチエイジング治療「PRPマトリックス」について解説。治療の特徴やメリット・デメリット、費用相場、治療の流れなどをまとめました。

基本DATA
料金相場 約10万円
持続期間 6ヶ月~2年
施術時間 1時間30分
麻酔 表面麻酔
痛み 麻酔をするためほぼなし
ダウンタイム

PRPマトリックスとは

PRPやプラズマジェルといった血小板注入方法と同様、自身の血液から採取した血小板と白血球を注入する施術ですが、そこにヒアルロン酸を加えている点が最大の特徴です。そもそもPRPには、「添加物を一切加えず、自身の血液のみを活用する方法」と「自身の血液+成長因子を加えて持続性を高くしたもの」の二種類ありますが、前者は効果が約1年と短く、後者は効果が3年以上続くものの肉芽(ふくらみ)ができるリスクがありました。こうした、それぞれの欠点を補うためにヒアルロン酸を加え、持続性と安全性の高さを兼ね備えているのがPRPマトリックスです。

PRPマトリックスの治療効果について

額やこめかみなどは面で注入し、ほうれい線や目じりなどは線で注入することでシワを改善します。また、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの美肌細胞を刺激し増産を促す働きがあるため、日を追うごとに美肌効果が得られます。ヒアルロン酸を加えているので即効性も期待できますし、効果も約3年と長続きします。

ほうれい線の解消だけでなく顔全体の若返り効果を得たい人に

皮膚細胞を根本から活性化させるPRPとヒアルロン酸を合わせた治療で、確実な若返り効果が得られます。また、ヒアルロン酸のみだと不自然な青みが生じてしまうリスクがありますが、PRPと組み合わせることで自然で若々しい肌質に仕上がります。シワ解消だけでなく、顔全体を若々しくブラッシュアップしたい人にはおすすめの治療法です。

PRPマトリックスのメリットとデメリット

打ち直しの必要がなく、1度の施術で最大3年の効果が期待できるPRPマトリックスですが、他の施術と同様にリスクやデメリットがあります。治療の特徴をしっかり理解しておきましょう。

肌本来の力を引き出す治療法

PRPマトリックスは肌本来が持つ力を引き出す治療法なので、対症療法ではなく根本からの若返りを得たい人や老化の予防には非常に適しています。しかし、なかには注入後に内出血や軽度のごわつきが生じる人もいます。副作用がゼロというわけではないことを覚えておきましょう。

PRPマトリックスの流れ

PRPマトリックスを受ける時は、どのような流れで治療が行われるのか、具体的に見ていくことにしましょう。

カウンセリングと採血

医師が仕上がりの希望をヒアリングし、PRPマトリックスが適応可能かどうか、治療スケジュールや予算が合うかどうかなど、総合的に判断します。問題なければ採血を行います。採血時には表面麻酔を塗布するので痛みは軽度です。

注入剤の作成

血液を遠心分離機にかけてPRPを抽出し、ヒアルロン酸を加えて注入剤を作ります。

PRPマトリックスを注入

表面麻酔を塗布した後、予定範囲に注入をしていきます。鏡を見ながら注入するので仕上がりのイメージに合わせて注入量を調整することが可能です。注入が終わったらマッサージをしながら注入剤を均一に伸ばし、自然な仕上がりにします。施術直後から洗顔・メイクが可能です。

PRPマトリックスの疑問・不安

痛みはどれくらい?

表面麻酔を行ってから注入するのでチクリとした軽度の痛みを感じる程度です。

施術後はどんな状態になるの?

注入部位が少し腫れたり、青くなったりすることがありますが化粧で隠せる程度です。また、施術後数日は軽度のごわつきがあります。いずれも改善までには1週間~10日ほどかかるのでその間はメイクで隠すなどのケアが必要です。

再注入までの間隔は?

効果の持続期間は1~3年くらいですが、もちろん経過とともに効果は薄れていきますので、1年ごとに注入する人もいます。再注入の時期は特に決まっていないので、お財布やお肌の状態をバランスよく見て決めると良いでしょう。もしくは、光治療やドクターズコスメを取り入れて効果を長引かせるという手もあります。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修による
ほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです。(2017年7月時点)
また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る