美容クリニックで受けられるほうれい線治療とその効果とは?

フェザーリフトによるほうれい線の治療で期待できる効果

フェザーリフトとは特殊な糸を使って肌のたるみを引き上げる、リフトアップ施術のこと。一般的なフェイスリフトのように切開する必要がないため、「切らないフェイスリフト」として人気です。こちらではフェザーリフトの効果や口コミ、メリット・デメリットなど気になる情報を特集しました!

基本DATA
料金相場 10~40万円程度
接続期間 4~5年
施術時間 30分~1時間
麻酔 局所麻酔(クリニックによっては全身麻酔・笑気麻酔など)
痛み ほとんどなし※個人差があります
ダウンタイム 1~3日程度と短い※個人差があります

フェザーリフトの治療で期待できる効果について

肌に通した糸がダイレクトにたるみにアプローチ。糸についている特殊なギザギザが皮下組織をしっかり捉えて肌を持ちあげ、たるみを改善できるのです。糸によって皮膚がきゅっと引っ張られるため、シワも浅く目立ちにくくなります。

さらに糸を挿入することで肌の回復機能が高められ、肌細胞が活性化。コラーゲンやヒアルロン酸がつくられるので、プラスアルファの美肌効果にも期待できます。

ただ、フェザーリフトは医師の技術力によって仕上がりが大きく左右されるのが難点。期待していた効果を感じられないばかりか、顔のバランスが不自然に歪んでしまうケースがまれにあります。実績があり信頼できる医師のもとで施術を受けましょう。

たるみやほうれい線が気になり始めた人におすすめ

フェザーリフトは「少し頬がたるんできた」「ほうれい線が目立つようになってきた…」と悩む女性におすすめ。切開の必要がないため手術のハードルが低く、「気になるけど、切るほどではない」という女性から人気を集めています。

たるみやほうれい線、シワなどさまざまな悩みにアプローチできるので、「最近肌に年齢を感じるようになった」と悩んでいる女性にも◎です。

フェザーリフトのメリットとデメリット

あらゆる治療法には、必ずメリットがあればデメリットがあるもの。うれしい若返り効果が得られると同時に、副作用などが出ることも考えられます。フェザーリフトによる治療について、メリットとデメリットについて解説していきましょう。

切開の必要なし!ダウンタイム短め&傷跡が目立たない

フェザーリフトは皮下組織に糸を通す施術なので、切開の必要がありません。そのぶん肌組織や血管へのダメージが少なくなるため、ダウンタイムが短くなります。洗顔もお化粧も翌日からOK。1~2日程度腫れや内出血が生じますが、メイクで隠せるので安心です。施術の傷跡は小さく目立ちにくいため、整形バレのリスクもグッと抑えられます。

大きなたるみや深いほうれい線・シワには向かないのがデメリット

頬のたるみやくぼみ・目もとのたるみ・目じりのシワ・ファイスラインのたるみなど、さまざまな悩みに適応できるフェザーリフトですが、たるみが強く出ている場合は効果を実感しにくいのが難点。大きなたるみや深いほうれい線・シワには向いていません。

フェザーリフトで悩みを解消できるかどうかは、カウンセリングを受けて医師に判断してもらうのが良いでしょう。

フェザーリフトの口コミ・評判

頬のコケとたるみ、両方をどうにかしたい!(30代女性)

(前略)ほほのたるみと、ほほのコケ…一緒に改善出来そうとのことでリフトに挑戦☆

私の場合はもみあげのあたりから、トゲのついたような糸をほほ内に挿入して、顔のお肉をひっかけて持ち上げるという感じでした。左右2本ずつの4本の糸を入れました。

ドキドキしていたので時間はハッキリ覚えていませんが20分~30分くらいの間で終わったような気がします。痛みは特に感じなかったです。(後略)

引用元:美容医療の口コミ広場
(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3017145/activity_detail/36652)

ほうれい線対策委員会のコメント

施術に用いる糸の特徴はギザギザとした形状。これが鳥の羽のように見えることから、「フェザー(羽・羽毛)リフト」という名前が付けられました。口コミの女性はトゲのように見えたそう。

このギザギザの毛羽立ちが皮下組織をしっかりキープしてくれるので、頬がきゅっと持ち上がります。
フェザーリフトで使用する糸の本数は決まっていません。たるみの程度やシワの深さ、希望の仕上がりなどを考慮して適した本数・糸のタイプを選んでもらいます。

術後は痛かったけど受けて良かったと思います(40代女性)

(前略)きちんと説明していただいたので、迷うことなくすぐ施術しました。麻酔をしながらしたので、それほで痛くはなかったが、糸が入っていくのは分かりました。所要時間は、1時間くらいです。

施術した当日は、ほっぺが痛くて食事するのも大変でした。抗生剤と痛み止めをもらえるので、薬を飲んで過ごしました。(中略)

最初の一週間は顔の腫れや凸凹で心配しましたが、今は、すっかりなくなり(中略)とても満足してます。やって良かったです。

引用元:美容医療の口コミ広場
(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_3016225/activity_detail/62328)

ほうれい線対策委員会のコメント

フェザーリフトをする際は局所麻酔を行うのが一般的。糸を通したり、糸で引っ張られたりといった感覚はありますが、痛みはほとんど感じられません。

ダウンタイムの短さも、フェザーリフトの魅力の1つ。洗顔やお化粧も翌日から可能なので、日常生活に支障をきたすことがありません。

口コミの女性は翌日には腫れが引き、1週間程度では肌の凹凸も目立たなくなったそうです。

期待していたほど効果がなくて残念でした(40代女性)

たるみ解消のため、糸によるリフトアップ手術をしていただきました。(中略)

どのように糸を入れるかなど、図をかいて、わかりやすく説明していただきました。麻酔の箇所が多かった事もあり、かなりの痛みでした(麻酔) 時間は30分位だと思います。顔の腫れは、予想以上で、マスクなしでは、2、3日、過ごせませんでした。(中略)術後一ヶ月近くたちましたが、リフトアップの効果は感じられません。(後略)

引用元:美容医療の口コミ広場
(https://clinic.e-kuchikomi.info/detail/L_1101368/activity_detail/53983)

ほうれい線対策委員会のコメント

ダウンタイムが短いとされるフェザーリフトですが、まったくないわけではありません。口コミの女性のように腫れが強く出る可能性もあるので、術後1~2日間ぐらいはスケジュールを空けておくと安心です。

またフェザーリフトは切開するフェイスリフトに比べると効果が低め。たるみが強い場合やシワが深い場合は、期待ほどの効果が感じられないケースもあります。どれくらいリフトアップが叶えられるか、事前に医師に確認しておきましょう。

フェザーリフトで
失敗しない
ポイント

切開が必要な施術に比べるとハードルが低く感じられるフェザーリフトですが、100%成功するわけではありません。後悔しないために、次のポイントを把握しておいてくださいね。

仕上がりは医師の技術力で左右する!
信頼できるクリニックを選ぶこと

フェザーリフトの仕上がりは、医師の技術力によって大きく左右されます。たるみが解消されないなら、まだマシ。まれに顔のバランスが崩れてしまったり、不自然な肌の盛り上がりができてしまうことも。

医師の技術力や症例数、クリニックの実績、これまでの症例写真などを見て信頼できる先生にお願いするのが、失敗しないフェザーリフトのポイントです。

フェザーリフトの疑問・不安

副作用やリバウンドはないの?

施術に用いる糸の種類にもよりますが、副作用はほとんどありません。ですが表情を動かした際、まれに糸が飛び出てしまうことがあるそうです。可能性は低いものの、万が一のことを考えてクリニックの連絡先をアドレスに入れておくと安心です。

そもそもフェザーリフトとは?

毛羽立ちのある特殊な医療用糸を肌に通し、皮膚を引っ張ることでたるみやシワを解消する施術のこと。毛羽立ちのようなギザギザが皮下組織を捉えて、肌を持ちあげてくれます。

糸には複数のタイプがあり、その種類によってアプトス・ハッピーリフト・シルエットリフトなどさまざまな施術名がつけられています。

フェザーリフトの流れ

初めてフェザーリフトを受けるなら、施術当日の流れが気になったり不安になったりするもの。フェザーリフトの治療の流れを3つに分けてまとめました。クリニックよって詳細は異なりますが、大きな流れは変わらないので参考にしてみてくださいね。

カウンセリング・診察

医師や看護師からフェザーリフトの説明を受けます。このとき、デメリットやリスクを聞いて濁されるようなクリニックは避けるのが無難。メリットだけでなくデメリットまで確認し、きちんと納得したうえで治療にのぞみましょう。

検査・麻酔

血液検査やレントゲンで健康状態をチェック。フェザーリフトを受けられるかどうかを医師が確認してくれます。問題なければ局所麻酔を注射。全身麻酔や笑気麻酔を用意しているクリニックもあるので、痛みに弱い女性は事前に確認しておくと◎です。

施術~術後の説明を受けて帰宅

極細の針を使って、肌に直接糸を埋め込んでいきます。所要時間は30分~1時間程度で、痛みはほとんどありません。入院の必要はないので、術後の説明を聞いた後はすぐ帰宅できます。ふらつきや疲れがある場合は、無理せずにクリニックで休んでから帰宅してくださいね。

35歳OVERのほうれい線
にお悩み女子には…
ほうれい線【切らない】おすすめ美容治療

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る