【ドクター監修】ほうれい線治療と若返り美容整形完全ガイド 

フェイスリフト手術のイメージ画像
画像はイメージです

フェイスリフト手術の
効果

目立たない部分を切開し、たるみを引き上げるフェイスリフト手術について、内容や効果、メリット&デメリットをまとめてみました。

基本DATA
料金相場 80万円~200万円
持続期間 5年~10年(半永久的)
施術時間 5~6時間
麻酔 全身麻酔、または静脈麻酔
痛み 麻酔の痛み、術後の痛み
ダウンタイム 入院1日、包帯固定3日~4日、腫れが引くまで2週間

フェイスリフト手術とは

耳の前やこめかみ、髪の生え際の部分を切開して余分な皮膚を切り取り、たるみを引っ張り上げて縫い合わせる手術です。若返り目的の施術の中でも、かなり気合の入った治療法だと思います。

フェイスリフト手術の治療効果について

切開して皮膚を物理的に引き上げる方法なので、たるみの改善効果は確実。ただし、リスクが大きいことと、仕上がりが医師の技術やセンスに左右されるところは注意しなければなりません。

他の方法で満足できなかった方や確実性を求める人に

顔全体の皮膚を引き上げることができますから、注射や糸によるリフトアップに比べて、ほうれい線を目立たなくする効果は絶大です。たるみがかなり進んでいる方にもおすすめ。

フェイスリフト手術のメリットとデメリット

大きな効果が得られるフェイスリフト手術の、メリットとデメリットを確認しましょう。

ハイリスク・ハイリターン! 最も確実なリフトアップ術

頬だけを引き上げるミニリフトよりもさらに進んで、引き上げる範囲が広くなるので、より効果が確実になります。その分、体への負担が大きくなることがデメリットです。

フェイスリフト手術で
失敗しないための
ポイント

フェイスリフト手術は、手術箇所が他の施術と比べて大きく、本格的な手術です。後悔しないために、事前にしっかり対策をしておきましょう。

手術方法や仕上がりを医師と入念に確認して

最も大切なことは、技術の確かな医師や信頼できるクリニックを選ぶこと。フェイスリフトと言っても、切開する箇所や方法は様々ありますから、自分に合った方法を的確に提案し、仕上がりのイメージやリスクもきちんと説明してくれる医師にお願いしましょう。自分が納得できた上で手術を受けることが大切です。

フェイスリフト手術の流れ

フェイスリフト手術を行うまでの流れや術後の経過などを、簡単に解説します。

手術の前日までにカウンセリングや意思確認をする

どの部分を切開してどのような手術を行うのか、術後のダウンタイムや傷口の処理、仕上がりについて説明を受けます。不安や疑問がある場合は医師に確認します。

手術は5時間程度かかりますが日帰りで可能。

静脈麻酔または全身麻酔で手術を行います。4~5時間程度かかりますが、日帰り可能。ただし一泊程度の入院が必要な場合もあります。

4日~5日は包帯圧迫、1週間ほどで抜糸

術後は顔を包帯で覆って傷口を圧迫していますが、4日ほどで取れます。1週間で抜糸でき、3週間ほどすると大まかな内出血や腫れは引きます。

フェイスリフト手術の疑問・不安

傷がどのくらい目立つのか心配です…

傷のほとんどは髪の毛の中に隠れる場所になります。耳の前の傷だけは目立ちますが、しばらくは耳を隠す髪型でフォローしましょう。傷跡は半年もするとたいぶ目立たなくなります。

仕上がりが不自然にならないの?

主に切開するのは、もみあげと耳の間から耳の上にかけての部分なので、切って引っ張り上げると、もみあげが耳にくっ付いたり、生え際が後退したり、少し不自然になってしまうことがあります。医師の技術によって自然に仕上げることができますから、医師に確認しましょう。

術後の腫れはどのくらい続くのでしょうか?

大まかな腫れと内出血は3週間ほどで治まります。傷が落ち着いて、腫れが完全になくなるまでには2ヶ月ほどかかります。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2017年7月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。
 

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る