ドクターが教えるほうれい線の美容整形完全ガイド

BBL 光治療の機器イメージ画像
引用元/サイトン
(http://www.sciton.com/products/bbl.html)

BBL 光治療

強力なレーザー治療のひとつBBL光治療について、効果や特徴、メリットやデメリットなどをまとめています。

基本DATA
料金相場 1万円~5万円
接続期間 数週間
施術時間 約30分
麻酔 なし
痛み 照射の際にパチンとゴムで弾かれるような痛みと熱
ダウンタイム ほとんどなし

BBL 光治療とは

ブロードバンドライトと呼ばれる医療用の光を用いた治療法で、これまでよりも強い光熱エネルギーを照射でき、肌表面の色素と真皮層の両方に働きかけることが可能です。

BBL 光治療の効果

BBLを照射すると、皮膚の表面ではシミや毛根などの色素に反応するので、美白&脱毛効果が期待できます。深層は光熱エネルギーで温められてコラーゲンの産生を促され、ハリや弾力がアップ。たるみやシワの改善につながります。

美白と脱毛、しわ取りを同時にできて一石三鳥!

BBLは色素に反応するので、肌表面のシミやそばかす、毛根だけを破壊。さらに、肌の深層をムラなく加熱して活性化し、ふっくらとした弾力が戻ります。シミもシワも気になる…という方に最もおすすめです。

BBL光治療のメリットとデメリット

BBL光治療のメリットとデメリットについてまとめてみましょう。

大きなシミに照射するとかさぶたができることも

色素と反応した部分の細胞は熱と光で破壊されます。大きなシミは照射後にかさぶたとなることがありますが、自然にはがれてキレイな肌になります。シワへの効果は徐々に表れるので、数週間ごとに3~5回繰り返す必要があります。

BBL 光治療で
失敗しないための
ポイント

治療後に後悔しないために、BBL光治療の注意点をきちんと学んでおきましょう。

何回くらいで効果が表れるのかをあらかじめ把握しておこう

シミや毛穴などの表面的な症状には即効性がありますが、肌の奥に働きかけてシワが目立たなくするためには、何回か照射を繰り返す必要があります。効果がないと不安になってしまいますから、どの程度の期間、回数で効果が出るのかを医師に確認しておきましょう。

BBL光治療の流れ

BBL光治療では、どのような施術が行なわれるのか、具体的な内容を紹介します。

カウンセリングでお悩みを確認し治療法を決定する

医師に悩みの内容や部位、肌の状態などをチェックしてもらいます。適切な治療法を提案してもらいます。

クレンジング&ジェルの塗布

BBLを照射する部分をクレンジングして汚れを落とし、熱から肌を守る冷却ジェルを塗布します。

BBLを照射して問題がなければ帰宅

ジェルを塗ったところにBBLを照射。照射時はゴムをはじくような痛みがある場合もあります。30分ほどで治療は終了し、赤みなどが気にならなければメイクをして帰宅できます。

BBL 光治療の疑問・不安

光を当てるだけでほうれい線が目立たなくなるの?

BBLは、肌の表面ではなく深層へ熱を伝える作用があります。真皮層が温められて活性化すると、肌を下から持ち上げるような弾力が生まれます。これを数回繰り返すと、ほうれい線も徐々に目立たなくなっていきます。

BBLを照射すると熱く感じたり火傷をしたりしないの?

肌の表面では色素のあるシミの部分にだけ反応し、他の部分にはダメージを与えないので、熱や痛みを感じることはほとんどありません。

治療は何回くらい繰り返すべき?

1回でも美肌効果を実感できますが、ほうれい線をしっかり目立たなくするには、数週間ごとに3回~5回ほど繰り返すのがおすすめです。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/

「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修によるほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2016年7月時点)。ぜひ参考にしてください。また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る