ほうれい線対策委員会ホーム > 理想の顔を手に入れた!ほうれい線治療体験レポート

これで老け顔解消!
ほうれい線治療
体験レポート

ほうれい線のたるみを改善する治療法は様々あります。注射やマシンによる施術、糸によるリフティングなど、どのような仕組みでたるみを引き上げるのかを理解していても、実際に受けてみないと実感できないことも多いはず。そこで、実際に施術を受けた方の体験談を通して、ほうれい線治療のシミュレーションをしてみましょう。

体験レポート1ヒアルロン酸注入を体験

気軽に受けられて即効性もあるプチ治療

アラフォーを迎えて肌のハリ不足やほうれい線が気になり始めた患者さんが、手軽に受けられるヒアルロン酸注射を体験。美容クリニック初心者ならではの目線で体験談をリポートしています。初めての施術での不安や疑問、術中の痛みや術後の経過、効果の持続期間などについても具体的に解説しましょう。

体験者
M.Kさん(38歳)

ヒアルロン酸注射とは?

年齢を重ね、たるみが気になってきたほうれい線の部分へ、肌のハリを高めるヒアルロン酸を直接注射する治療法。真皮の弾力をアップさせてたるみやシワを引き上げます。施術は5~10分ほどで終了し、すぐに効果を実感できます。

ヒアルロン酸注射の体験レポートを読む

体験者
M.Hさん(41歳)

ウルトラセルを体験体験レポート2

4種の施術を1度に! 最新型のたるみ改善マシン

確実なリフトアップ効果を得たいけれど、体への負担やダウンタイムは避けたいという患者さんが、ウルトラセルによるラジオ波&超音波の治療を選択。4種類の施術を1回で受けられる最新マシンの効果について紹介しています。さらに、本当にダウンタイムのリスクを回避しながら、たるみを引き締める効果が得られるのかを検証。施術中の痛みの有無や、術後の経過についても紹介しましょう。

ウルトラセルとは?

ラジオ波や高密度焦点式超音波など、複数の治療を1回に受けられる最新型マシン。それぞれの施術は、肌の表皮に近いところから筋膜に近いところまで、作用する深さが違うので、あらゆる肌の悩みやたるみに対応します。

ウルトラセルの体験レポートを読む

体験レポート3金の糸を体験

アレルギー反応の少ない純金で長い効果が期待できる!

これまで何度も美容クリニックへ通院し、ヒアルロン酸注射やボトックス注射を繰り返してきた患者さんが、1回の治療で長時間効果が持続する方法を希望。たるみのリフトアップと美肌、若返り効果が期待でき、治療効果が10年も持続するとされる金の糸の手術を受けました。麻酔や手術の内容、体への負担やダウンタイム、術後の経過についてなど、実際に治療を受けた方の体験談を紹介します。

体験者
Y.Kさん(46歳)

金の糸とは?

肌の真皮層へ純金の糸を埋め込むことで肌細胞を活性化させ、新しい細胞やコラーゲンの生成を促す治療法です。ターンオーバーを正常化させるので美肌効果が期待でき、肌のハリやツヤを高める若返り効果も。金の糸は体内で吸収されにくく、肌が本来持つ再生能力を高めて改善するので、効果が長続きしやすいのが特徴です。効果が10年ほど持続すると言われています。

金の糸の体験レポートを読む

 

体験者
30代女性

ツヤ肌コラーゲンリフトを体験体験レポート4

リフトアップと小顔、さらに美肌効果も同時に!

30代の女性で、施術前は目の下のクマが目立ち輪郭が少し下にたるんでいることを気にされていました。術後はあごのラインがシャープになり、目元もすっきり。このほか実際に治療を受けた患者さんのリアルな体験談やコメントもご紹介します。

ツヤ肌コラーゲンリフトとは?

突起のついた特殊な溶ける糸を皮膚の中に通して皮膚全体を引き上げ小顔効果がすぐにわかる施術です。切らないリフトアップともいわれる表参道スキンクリニックのオリジナルの治療法。皮下の血流が促進されるためリフトアップによる小顔効果と同時に、美肌効果も同時に得られる最新の若返り治療のひとつです。

ツヤ肌コラーゲンリフトの体験レポートを読む

    

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修による
ほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです。(2017年7月時点)
また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る