ほうれい線対策委員会ホーム > ほうれい線対策ニュースコラム ~ほうれい線治療の最新情報からコスメまで~ > スイーツ好きはご用心!ほうれい線と老化の原因「糖化」がたるみを生み出していた!?
カップケーキ

「糖化」はほうれい線や肌のシミやたるみなど肌の老化を引き起こしている厄介なもの。では「抗糖化」という言葉を耳にしたことがありますか。知っておくことで、老け顔の原因となるものをまとめて解決できるかもしれません。ここでは、そんな糖化を防ぐ「抗糖化」についてまとめています。

たんぱく質と糖が結びつく現象「糖化」とは?

抗糖化を知る前に、まずは糖化についても知っておくことが大切。ここでは糖化の基礎知識をまとめています。正しい知識を知っておき予防対策をはじめましょう。

「糖化」のメカニズムは?

糖化とは、体の中で余ってしまったたんぱく質が糖が加熱されてと結びつき、変性を起こし異常たんぱく質となる現象のことです。異常たんぱく質は体内で変化を続け、最終的にAGEs(エージス/終末糖化産物)と呼ばれる物質になります。AGEsは強い毒性を持っており、体にさまざまな悪影響を及ぼすことで知られている物質です。

身体の中である程度は分解されますが、スイーツなどの甘いものや炭水化物(ごはん・パン・パスタなど)を食べ過ぎて必要以上にたんぱく質と糖を摂ってしまうと、血糖値が高い状態が続きAGEsを分解できなくなります。するとそのままAGEsが体内に残り、さらに新しいAGEsを生成してしまうという悪循環におちいってしまうのです。

AGEsはふだん私たちが食べる食事や食品にも多く存在するので摂り過ぎないように注意が必要です。AGEsが多く含まれているのは唐揚げやポテトなどの揚げ物、コーヒー、しょうゆなど油が使われていない食材にも含まれていることがあります。

「糖化」が身体に及ぼす悪影響とは?

糖化は「体のコゲ」とも例えられるほど、生活習慣があらわれるもの。不規則な生活をしている方は特に要注意。急激に血糖値が上がる、高血糖の状態が長く続くなど血糖値が不安定な状態だとコラーゲン変性してしまい、肌のしなやかさがなくなり、たるみやシワになってしまいます。

また糖化は老化の原因ともいわれる活性酸素を生み出します。さらに糖化が進むと動脈硬化や骨粗鬆症、ガンなどの病気になってしまう恐れも。体全体の老化を進めてしまう原因と言えるでしょう。

なぜ糖化がたるみや老化の原因になるのか

糖化は糖とタンパク質が変化することによって起こります。この2つが結びつくことで異常たんぱく質AGEsになりますが、増えすぎてしまうとコラーゲンの分解や合成など肌本来が行なう代謝サイクルが滞り老化の原因をつくってしまいます。肌の糖化により起こる主な老化現象は以下のとおりです。

肌のハリを失わせる

代謝サイクルが滞ってしまうと肌の弾力が失われてハリがなくなり、シワや肌のたるみを引き起こしてしまいます。また肌代謝が落ちてしまうことでコラーゲンの生成や分解が行われなくなるので、老廃物が肌にとどまり続けることに。失われた肌のハリは、シワの元になってしまいます。

シミやくすみの原因にもなってしまう

糖化により肌の代謝が落ちるとAGEsが肌細胞に留まり、シミやくすみの原因になってしまいます。若いうちは糖化によるダメージをあまり感じられなかったとしても、それは代謝により助けられているから。年齢を重ねるごとに代謝そのものが落ちてくるため再生サイクルが追い付かなくなり、肌に大きく影響を及ぼしてしまいます。

特に炭水化物が糖化を引き起こす

ドクターシーラボが運営している「顔のたるみ研究所」が20代から60代の女性にアンケートを取り調査したところによると、なんと78%は糖化について知らないという回答結果でした。糖化について知らないということは、糖化対策を何もしていないということになります。

砂糖やお菓子などの甘いもの、たくさんの炭水化物を食べた時は糖化しないための対策が必要です。甘いものや脂っこいものを食べすぎてしまっても、とくに運動もせず血糖値が高い状態を続けていると、待っているのは「糖化」。糖に変わりやすい炭水化物は肌にとっての危険因子でしかありません。炭水化物や糖質を摂りすぎていないか日頃の食習慣をもう一度見直すことが大切です。

糖化を知っていても「何もしていない」人が圧倒的

糖化はさまざまな肌トラブルを引き起こすことが分かっていますが、ドクターシーラボが運営している「顔のたるみ研究所」によれば、実施したアンケート調査で肌の糖化について知っていても実際に「具体的な対策をとっている」という方はごくわずかという結果が出たそう。

肌の老化現象を引き起こすことが分かっている糖化ですが、現在では抗糖化成分が配合された化粧品が数多く販売されており、日常的なケアで糖化予防ができるようになっています。糖化を知った今、すぐにでも対策できる化粧品を探してみるのもいいかもしれません。少しでも肌の糖化を防いでほうれい線やしわの予防につなげましょう。

引用元:ドクターシーラボ顔のたるみ研究所(http://www.tarumi-labo.com/)

抗糖化を目指すための対策ポイント

糖化を起こしやすいのはズバリ「血糖値が高い人」です。血糖値がもっとも高いのは食後1時間。普段の血糖値は正常でも食後血糖値が高い人も当てはまります。健診で指摘されたことがある人やメタボ気味の人、早食いをしてしまう人は注意が必要です。さまざまな健康医療機器を提供するオムロンが紹介している糖化を防ぐ方法をまとめています。

適度な運動をする

糖化の原因は、たんぱく質と糖です。血糖値は食後1時間が最もピーク。糖の上昇を抑えて安定させるためにも、食後に運動を行うことが大切です。特に学生時代にスポーツをしていて社会人になってやめてしまった方、運動量は減少したのに食事量が減っていないというなら要注意。食生活を改善する必要があります。若いうちはAGEsを分解することはできますが、年齢とともに代謝が落ち、急激にAGEsが体内に蓄積されていってしまいます。

炭水化物と甘いものを控える

甘いものやジュースを控えて糖分の摂りすぎに注意しましょう。また炭水化物も糖に変わるので要注意。ご飯やパン、甘いものを控えた食生活を心がけてください。また食べた物を消化しやすくするためにも、よく噛んでゆっくりと食べることが大切です。

低GI食品などの血糖値が上がりにくい食品

食品による血糖値の上がりやすさを示すGI値。GI値の低い食品は、血糖値の上昇を緩やかにするのでおすすめです。低GI食品をうまく食事にとり入れましょう。代表的な低GI食品は玄米や全粒粉、魚介類や肉、野菜、きのこ類など多数。同じ肉でも部位や調理法によって数値が異なるので、GI値を知っておくことが糖化の予防につながります。

女性

ほうれい線予防につながるのは運動と低GI食品

食後の運動と炭水化物や甘いものを控えることで、AGEsを抑制することが分かりました。抗酸化対策には日頃の食生活が重要。顔のたるみやしわだけでなく、全身の糖化を防ぎいつまでも若々しくいるためにも、食後の運動は理にかなっていたのですね。

糖化を防ぐためには運動だけでなく低GI値食品を選ぶなど、今すぐにでもできることを心がけることが大切です。美味しいパンケーキやクリームたっぷりのフラペチーノも我慢しないといけないのはちょっと辛いでしょうが、食生活の改善はダイエットにもつながりそう。

顔だけでなく引き締まったハリのあるボディを目指しながらほうれい線も予防できるなんて、何だか得したような気持ちではないですか?実年齢よりも老けて見られないために甘いものをグッとがまんして、小さな運動からはじめてみましょう。これを機に食生活だけでなく生活習慣そのものを見直してみてはいかがでしょうか。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る