ほうれい線対策委員会ホーム > ほうれい線対策ニュースコラム ~ほうれい線治療の最新情報からコスメまで~ > 資生堂と大阪大学の共同研究で発見された「マツエキス」がほうれい線やたるみを改善

世界初、松ぼっくりから抽出した「マツエキス」にほうれい線やたるみ改善効果!?(資生堂/大阪大学共同研究)

松ぼっくり

加齢とともに目立ってくるほうれい線の主たる原因といわれている皮膚のたるみ。このたるみを防ぐことのできる世界初の物質が、資生堂と大阪大学の共同研究により発見されました。それが「マツエキス」です。

資生堂は以前から、栄養や酸素を供給する血管と水分や老廃物を排出させるリンパ管のはたらきが、健康な肌を維持するうえで重要な役割を担っていることから、2つのはたらきと肌の状態についての研究を続けてきました。

そして、今回、大阪大学微生物病研究所の高倉伸行教授と共同研究に着手。皮膚の老化現象の1つである「たるみ」が、リンパ管の状態と密接な関わり合いをもっていることや、「たるみ」を改善する効果をもつ新しい成分について明らかになったのです。

「むくみ」が「たるみ」に変わるメカニズムを解明したことで進んだ研究

リンパ管は体内の余分な水分や老廃物を排出する重要なルートですが、消化吸収された脂質(脂肪酸)を肝臓に送るためのルートでもあるため、リンパ液中にはたくさんの脂肪酸が含まれています。じつはこの脂肪酸、体に必要な栄養成分であると同時に、リンパ管の循環機能を低下させ「むくみ」を起こすやっかいな存在であることがわかってきました。

リンパの流れが停滞し、むくんだ体のなかでは、リンパ管の細胞のすき間から脂肪酸が皮下組織へ漏れ出していきます。そして、周囲の脂肪細胞の分裂を促進し、脂肪細胞の蓄積や肥大化。これが、皮膚の「たるみ」を引き起こしていたのです。今回の研究では、こうした「むくみ」が「たるみ」に変わる一連のメカニズムが明らかになったのです。このメカニズムが解明されたことにより、研究は次のステップへと進みました。

むくみがたるみにつながるメカニズム

※出典:資生堂ニュースリリース
『資生堂、世界初・リンパ管の機能低下と「たるみ」の関係を解明』
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2455-j.pdf

リンパ管の機能低下を防ぐ効果をもつ「マツエキス」が「たるみ」を防ぐ

この研究の過程で、高倉教授は、健康な体がリンパ管の機能を安定化させるための仕組みに着目。脂肪酸の“悪さ”を防ぐため、人間は体内で「アペリン」という物質を作り出し、リンパ管の機能を高めていることを発見しました。

アペリンはアミノ酸で作られるペプチドの一種で体内でしか合成することができませんが、もしこれと同じ作用をもつ成分が自然界から見つかったら、衰えているリンパ管の機能を回復させ、「たるみ」を改善できる薬や化粧品をつくることができるかもしれない! という着想を得たのだそうです。

この期待を胸に、資生堂と高倉教授はさっそく、アペリンと同じ機能をもつ生薬成分のスクリーニングに着手しました。そして約200種の生薬成分の中から見つけ出されたのが、セイヨウアカマツの球果(松ぼっくり)から抽出した「マツエキス」だったのです。

塗るだけでほうれい線がなくなる夢の化粧品ができるかも!?

アペリンは、リンパ管内皮細胞の細胞膜にあるAPJという接着因子と結合し、リンパ管を強化することが知られています。実験の結果、「マツエキス」はアペリンと同様に脂肪酸によるリンパ管の機能低下を抑制する効果があることがわかりました。

さらに、「マツエキス」配合した試作品を2ヵ月間(朝・晩)使用したところ、ほうれい線・フェイスライン・首のたるみを改善する効果があることが認められました。

資生堂はこの研究結果をスキンケア化粧品に応用すべく現在も開発を進めているそうです。現在、まずはその第1弾として、『バイタルパーフェクションSリフトクリーム』というマツエキス配合の薬用美白クリームが販売されています。深く刻まれたほうれい線は美容クリニックでしっかり治療を受けない限り消えることはありませんが、初期のほうれい線や浅いシワなどは、スキンケアだけで十分に改善できてしまうようになるのかもしれませんね。

「マツエキス」配合のスキンケアラインの発売が決まり次第、続報をお届けしたいと思います。いまから楽しみですね!

マツエキスによるリンパ管強化作用

※出典:資生堂ニュースリリース
『資生堂、世界初・リンパ管の機能低下と「たるみ」の関係を解明』
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2455-j.pdf

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る