男性イメージ

ほうれい線の主な原因はたるみです。真皮や表情筋の衰え、皮下脂肪の肥大により発生します。また乾燥が原因でほうれい線が目立ってしまうことも。男女共に、老け顔に見える原因になるほうれい線ですが、最近は美容クリニックで治療することができるのです。こちらのページでは男性のほうれい線事情をメインに、まとめています。

男だって若返りたい!若い男女受けのいい「童顔」が好まれる理由

参照元:マイナビ学生の窓口
(https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/18218)

童顔が好まれる理由

マイナビが20代~の男女に行なった調査によると、84%の人が「童顔の方がお得」!」と感じているという結果が出ています。女性だけでなく、男性も若々しくあることが大事だと考えているようです。見た目の若さは気持ちを若々しく保つだけでなく、行動的になり女性からもモテます。また、見た目が若く見える人は身体能力や握力、認知機能も高く長生きする傾向にあるそうです。

なぜ老け顔になるの?

老け顔の原因は、生まれつきのものもありますが、食事や生活習慣が関わっていることもあります。ファーストフードやインスタント食品など、手軽に食べられるものばかりを摂っていると身体に必要な栄養素が十分に補えません。肌に必要な栄養素が摂れないため、肌のたるみ、シワ、シミ、クマ、などの肌のトラブルが起こりやすくなります。また肌の乾燥も老け顔の原因に。乾燥するとほうれい線や小じわがくっきりと目立ってしまい、老け顔に見えます。乾燥の原因は洗顔時のゴシゴシ洗い。うるおいを保つための皮脂まで余分に落としてしまい、必要な水分を逃がしてしまう原因にもなります。

男性も美容クリニックを利用する時代

男性のほうれい線は、顔を老けて見せる1番の原因になります。自分でできるほうれい線対策には限界があるもの。美容クリニックでほうれい線を解消する方法もありますが、クリニックの利用に戸惑う男性も多いのが現状です。しかしとある身だしなみに関するセミナーに参加した男性の声には、「眉間のしわが原因で怒っているように見えると、差し障ることがある。美容治療でそうした点が比較的簡単に改善できるなら、やってみたい」という人も。

ほかにも長い髭がコンプレックスで脱毛を受けるために、クリニックを訪れる男性もいます。美容医療は女性だけのものではなく、男性も気軽に受けられる時代になってきているのです。近い将来、夫婦やカップルでほうれい線治療を一緒に受けに行く姿も見られるようになるかもしれませんね。

【コラム】美容クリニックの上手な使い方

当サイトで「美容クリニックで受けられる治療」の監修をしていただいている友利新先生が、著書『メンズスキンケア』の中で薦めているのが「クリニックをうまく活用して肌の主治医を増やす」ということ。

ほうれい線のような深いシワに関しては、セルフケアではなかなか改善しないこともあります。そんなときは一人で悩んでいないで、美容クリニックへ行き皮膚科医に相談してみましょう。

専門的な意見をもらうことができますし、無料カウンセリングを行っている美容クリニックも多いので、気軽な気持ちで行けそうですね。

ほうれい線のない「童顔」のメリット

童顔のメリットには、周りから受け入れてもらいやすいということが挙げられます。仕事をするうえで上司や先輩、取引先の偉い人からかわいがられることは大切です。童顔だと相手の警戒心が低くなり、心を開いてくれやすくなるのでしょう。相手の方からコミュニケーションを取りにきてくれるため、スムーズに仕事もしやすくなるかもしれません。ほかにも、実年齢よりも若く見られると、異性からモテるという人もいます。男性にとって、年下の女性からモテるという要素は大きいかもしれませんね。ほかにも童顔のメリットを見てみましょう。

  • ・敵を作りにくい
  • ・若い子からモテる!
  • ・年齢に限らずファッションを楽しめる
  • ・男らしい一面を見た時のギャップが良い
  • ・男女共に友だちが多い
  • ・親しくなりやすい

童顔には多くのメリットがあるようです。若々しいと印象付ける要素にほうれい線の有無があります。ほうれい線は年齢とともに皮膚がたるむことでクッキリと目立ってくるものです。いつまでも若い顔でいるなら、ほうれい線対策をすることが大切。そのために、日頃からほうれい線ができないように生活習慣に気をつける必要があります。

年齢より若く見られる「童顔」のデメリット

「童顔だと相手の警戒心が低くなる」とメリットの項目でお伝えしましたが、裏を返すと相手が「こいつは俺・私よりも格下だ」とみているということでもあります。そうなると仕事上でも、なめられる可能性も。若々しく見られるのはメリットばかりではないようです。ほかにもさまざまなデメリットがあります。

  • ・いじられキャラになってしまう
  • ・年齢を重ねて老けるとギャップが大きい
  • ・頼りなく見える

童顔だと頼りなく見られてしまいがちです。そのことに悩む男性もいるようですが、頼りになる・ならないは行動で示すことにより、相手の反応を変えることができます。

ほうれい線も貫禄のうち?「老け顔」のメリット

老け顔のメリットは「周りから一目置かれる」ということが挙げられます。老け顔だと「経験を積んでいる」「安心して物事を任せられる」などの印象を与えやすく、相手からの信頼感を得られやすいようです。年齢を重ねていけば、逆に若く見られるようになる場合も。長い目で見れば、老け顔もお得かもしれません。ほかにも老け顔のメリットを見てみましょう。

  • ・相手からの信頼を得られやすい
  • ・年齢を重ねていくと逆に若く見えるようになる
  • ・安心して物事を任せてもらえる
  • ・なめられない
  • ・貫禄がある

やはり相手から一目置かれていることが分かりますね。老け顔の人の中には「自分の今の顔が気にいっている」という人もいるでしょう。しかし、老け顔の原因でもあるほうれい線を放置していると、どんどん皮膚が下がってきて、まるでブルドックのようになってしまうことも。今の顔の状態をキープするなら、老け顔対策をしておくことが大切です。

人生に疲れて見える!?「老け顔」のデメリット

老け顔の1番のデメリットは実年齢よりも年上に見られてしまうことでしょう。年上のイメージが先行してしまい、仕事で何らかのミスをしてしまった場合「見た目と中身が伴っていない人」と思われてしまうことも。そうなると、物事がスムーズにいかなくなる可能性もあります。女性からも「見た目は落ちついているのに、中身が子どもっぽい」なんて思われることも。ほかにも老け顔にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

  • ・疲れて見える
  • ・年相応に見えない
  • ・若い人向けのファッションが楽しめない
  • ・敵視されやすい

老け顔に見える原因には、ほうれい線が挙げられます。ほうれい線を解消するために、生活習慣の見直しや自宅でできるマッサージなどをする人も。しかし、自分で解決するには時間や手間がかかるものです。手っ取り早く解消するには、美容クリニックでほうれい線施術を受けることを案のひとつとしておすすめします。

美に気を遣う男性は女性からも好印象

「美容クリニックに男が行くなんて」そう思う男性も多いのではないでしょうか。しかし近年では男性向けの若返り施術をしてくれるクリニックも増えてきています。また「男性の美容」について男女300人にアンケートを行なった結果では、8割の女性が「とても良い」「どちらかといえば良い」と好意的な回答をしたそうです。男性の場合は、44.83%の人が「とても良いと思う」と回答しています。
男性の美に対する意識と美を維持するための方法について、少しずつ理解が高まってきているようです。

男性特有のほうれい線の原因

ほうれい線は年齢を重ねるにつれて、水分量やうるおい成分(コラーゲン・エラスチンなど)が減少することにより発生。とくに男性の場合、女性の肌と比べて水分量が60~70%程度少ないため、ほうれい線がくっきりと出やすくなります。

そんな男性特有のほうれい線に向いているほうれい線対策をご紹介していきます。

【男性のほうれい線対策】エクササイズ

ほうれい線対策には、自分で行なう方法とプロの手を借りる方法があります。自宅でできる簡単なエクササイズの方法とプロに任せるメリット・デメリットについてまとめてみました。

顔筋トレでたるみをアップ!

ほうれい線ができる原因の1つが頬のたるみです。自宅でできる簡単な顔筋トレの方法を覚えて対策しましょう。

  1. 1.左右の頬のお肉を口の中でくっつけるようなイメージで、口をすぼめる
  2. 2.口をすぼめたら、10秒間唇を閉じたり開いたりする。口の中を噛まないことがポイント
  3. 3.1日3分間、1,2の動作を行なう

割りばし1本でほうれい線予防

割りばしを口に挟んだ表情筋の鍛え方を紹介します。1日たったの3分でできるエクササイズです。

  • 1.上下の前歯で横にした割りばしを加える
  • 2.口角を水平にした割りばしよりも上になるように意識してあげる
  • 3.「い」の口の形の状態で30秒~1分間キープする
  • 4.上記を3回繰り返す

メンズサロンの利用も視野にいれる

自分でやるほうれい線対策には限界があります。ほうれい線をすっきりさせたいなら、メンズエステサロンでプロの手技による方法を取り入れると良いでしょう。ただし、効果は一時的なことも多いので、確実にほうれい線対策をするなら、美容医療のほうがおすすめです。

【男性のほうれい線対策】化粧品

男性でも化粧品を使ってほうれい線対策する時代です。男性専用の化粧品について紹介します。

母の滴 シルバーエッセンス

動物の胎盤を使ったプラセンタの化粧品は女性にも人気がある成分です。母の滴シルバーエッセンスは、プラセンタ専門店が力を入れて作った「男のプラセンタ化粧品」。防腐剤を使用していない、肌に優しい化粧品です。

【 特徴 】

  • ・肌自らうるおいを作り出す肌力のアップ
  • ・銀配合で防臭作用・抗菌作用がある
  • ・洗顔後、シルバーエッセンスだけで肌のケアができる

ZIGEN

男性向け雑誌やインスタグラムでも話題のZIGEN。化粧水・乳液・美容液・クリームの役割を果たすオールインワンフェイスジェルです。厳選した美容成分を配合しており、相乗作用によって肌にうるおい・ハリをもたらします。

【 特徴 】

  • ・ヒト型セラミド3種配合でうるおい力アップ
  • ・肌のハリを保つコラーゲン配合
  • ・ジェルタイプで肌によくなじみべたつかない

アクアモイス

楽天ランキング化粧水・ローション(男性)部門で堂々の1位を獲得したアクアモイス。洗顔後サッと塗るだけのシンプルケアが魅力。プッシュ式ボトルで持ち運びも便利な男のマストアイテムです。

【 特徴 】

  • ・コラーゲン・ヒアルロン酸配合で乾燥・かさつきをケア
  • ・毛穴とテカリのケアをするローヤルゼリー酸・大豆種子エキスを配合
  • ・ベタツキなしのさっぱりとした使用感

【男性のほうれい線対策】グッズ

こちらの項目では、簡単に使えるほうれい線対策グッズをピックアップしました。使いこなして、男を磨きましょう。

ハンディーアップローラー

ほうれい線はもちろん、お腹周り、太ももなど全身に使うことができます。コロコロと転がすだけの簡単ほうれい線対策グッズです。

【 特徴 】

  • ・288カットが施された2つのローラーが皮膚をつまみ、引き上げる
  • ・税込2,678円と初期費用がオトク
  • ・テレビや本を見ながら、気軽にできる

フェイシャルフィットネス PAO パオ

咥えるだけでほうれい線やたるみを鍛えるグッズです。サッカー選手のロナウドも使っています。

【 特徴 】

  • ・咥えて揺らすだけで顔の筋肉を鍛えられる
  • ・1回30秒1日2回と簡単にトレーニング可能
  • ・筋肉のレベルに合わせて負荷を調整できる

パナソニック ローラー式美顔器(生産終了)

残念ながらパナソニックローラー式美顔器は生産終了してしまったようです。似たようなグッズがほかにもあるので、ほうれい線対策グッズ選びの参考として特徴を記載しておきます。

【 特徴 】

  • ・じんわりと温かくなる温感ヒーターを搭載、人の手のぬくもりを感じながら自分でマッサージできる
  • ・つまむ、流す、さするのアプローチができる
  • ・肌あたりがよい

【男性のほうれい線対策】美容クリニック

ほうれい線は、弾力や水分を保つ成分であるコラーゲン・エラスチンの減少によって肌がたるみ、起こります。自分でほうれい線対策をして効果が現れるのは、成分がまだまだ豊富な20代まで。30代以降は、自分でほうれい線対策しようにも限界があります。もし、対策に陰りが見えてきたらなら、美容クリニックを利用してみるのはどうでしょうか?メンズエステよりも効果が長続きして、確実な効果を期待できます。美容クリニックの一例として、当サイトの監修をしている表参道クリニックについて紹介するので、参考にしてみてください。

表参道クリニックのほうれい線治療

表参道クリニックが提供するほうれい線治療には、メスを使わないツヤ肌コラーゲンリフトや肌の奥深くまで届くレーザーを使ったウルトラセルがあります。治療の様子は表参道クリニックのインスタグラムで確認可能。女性はもちろん、男性も多く治療を受けている様子がわかります。ほうれい線はもちろん、頬のたるみおでこのしわ、二重あごなど、顔の悩みを解決するために力を尽くしてくれます。無料メール相談も受け付けているため、少しでも気になることがあれば気軽に相談することが可能です。

記事作成に参考にしたサイト・文献

35歳OVERのほうれい線に
お悩み女子には…
【切らない】ほうれい線治療がおすすめ★

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る