炭水化物の摂りすぎで老化が進む!?
ほうれい線ができやすくなる食べ物とは

ほうれい線と食べ物は一見関係性が無いものだと思われがちですが、この2つは深い関係性を持っています。炭水化物には糖が含まれており、糖とたんぱく質が結びつくことによって糖化が進みます。

この糖化は老化を促進させ、肌のハリを奪い、シワやほうれい線を発生させてしまうのです。「食べるだけでほうれい線ができるわけない」と思っている方は要注意です。

人の体は食事でできています。表情筋を鍛えたり、スキンケアを変えたりしても改善されない場合、食事に原因があるかもしれません。ここではほうれい線ができやすくなる食べ物と糖化について説明していきます。

たんぱく質と糖が結びつく現象「糖化」とは?

炭水化物に含まれる糖がたんぱく質と結合することで発生するAGEs(終末糖化産物)。AGEsとは体内でたんぱく質の糖化反応(メイラード反応)が起こる際に作り出される生成物の総称のことで、数十種類の化合物があることがわかっています。

このAGEsは体内で作り出され、人間の体や肌の老化を引き起こす悪玉物質として知られています。さらにメタボ、肌のシワやたるみ、動脈硬化、骨粗鬆症などの原因にもなるそうです。

このAGEsはいわゆる「体のコゲ」などと表現されるのですが、最近では抗糖化と抗老化をコンセプトにした、スキンケア化粧品なども目にするようになりました。

AGEsを多く含む食べ物には要注意

AGEsは体内で作り出されるだけでなく、食べ物から摂り込んで蓄積していくルートもあります。

たんぱく質と糖が加熱されることによって作り出されるAGEsですが、多く含まれる食品の見分け方は「こんがりとキツネ色に焼けたおいしそうな食べ物」。パンケーキやワッフルはもちろんのこと、焦げ目がつくメニューはすべて、AGEsがたっぷり含まれていると考えてください。

AGEsが含まれる食べ物

おいしそうにこんがり焼けているおこげの部分、そこにAGEsがたくさん含まれています。気にし始めるとランチのメニュー選びで困りそうですが、以下のようなメニューばかり選んでいると、老化が進んでしまいそうです。

唐揚げ・ステーキ・ポテトチップス・トンカツ・フライドポテト・パン・麺類・焼き鳥・お好み焼き・パンケーキ・お菓子・缶詰・炭酸飲料・加工食品

調理法によって変わるAGEsの発生量

AGEsは高温で調理することによって、大量に発生する性質を持っています。オーブンで加熱する料理やフライパンを使う炒め物、高温になる揚げ物は特に注意が必要です。

その反対に煮る・蒸す・茹でるといった調理法は高温になりにくく、AGEsの発生を抑制することができます。同じ食材でも調理法によってAGEsの発生率が異なるので調理法にも気をつけましょう。

老化現象が進んでる?体の糖化度チェック!

炭水化物を摂取した際に、その糖がたんぱく質と結びつき酸化する糖化。進んでしまうと、体や肌が老化してしまいます。ここではどのくらい糖化が進んでいるのか、当てはまる項目をチェックしましょう。

糖化リスクの判定結果は?

チェックが2個以下だった方

糖化している確率は極めて低いといえるでしょう。そのままの状態をキープしましょう。

チェックが3~5個だった方

少し糖化気味。それほど心配する必要はありませんが、生活の中で改善できるところは改善していきましょう。

チェックが6個以上だった方

確実に糖化による老化が進んでいます。生活習慣を見直し、改善していきましょう。

老化のスピードを決めるのは「血糖値×持続時間」から算出できるAGEsの量であるともいわれています。加齢によるほうれい線だと思っていたものが、じつは「パンケーキが原因」だったのかもしれないのです。

糖化を避けて健康にも美容にも良い食事を!

毎日の食事で栄養を考えずに食べたいものを食べていては、肌を老化させるのはもちろん健康面でもよくありません。ほうれい線の改善または予防する初めの一歩として食事の摂り方を改めてみましょう。

糖化を防ぐには真っ白な「砂糖」をやめれば良い?10歳若返る秘密とは

みなさんがさまざまな食べ物から摂取している「砂糖」は、体や肌を老化させる原因のひとつ。白澤卓二さんが書いている書籍「『砂糖』をやめれば10歳若返る!」によれば、白砂糖が多く入った食品または精製された食品を取り過ぎると、老化はもちろん血糖値を引き上げさまざまな疾病を引き起こすリスクが高まるといいます。

日本は昔に比べて外食業が多くなり、ファストフードやコンビニも多く出店しています。それが家庭の食卓にも影響を及ぼし、結果的に老化を促進させているのです。以前の日本は玄米や味噌汁といった「和食」が中心だったものの、現在は和食以外を摂る方が増えているように感じます。

白澤卓二さん曰く、発酵食品は砂糖の代わりに麹、塩の代わり塩麹を使っているためバランスが良いとのこと。発酵食品に含まれている天然の菌はブドウ糖とアミノ酸のバランスが良く、中毒性もありません。「砂糖」や「精製された食品」を過剰に摂取しないように気を付け、若々しい体を作りましょう。

日本人が特におちいっている「マイルドドラック中毒」

「1日に甘いものを食べないと気が済まない」「1度食べ始めると止まらない」といった経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。順天堂大学大学院医学研究科の白澤卓二教授によると、この異常な症状は「マイルドドラッグ中毒」といって、麻薬中毒患者が麻薬が切れて禁断症状があらわれているのと同じとのこと。普段から定期的に食べているものをいきなり控えるとあらわれる症状で、日本人の5割が砂糖中毒だと考えられているそうです。砂糖だけでなく炭酸飲料・化学調味料・油・塩・人口甘味料もマイルドドラック中毒になる恐れが。

現代の生活では完全に砂糖を絶つのは難しいため、精製度が低い麹に変えると良いと白澤卓二教授はおっしゃっています。このマイルド中毒は長年にかけて習慣化したものなので、時間をかけて我慢しながら治すしか方法は無いそうです。親が子供に砂糖を多く含むお菓子やファストフードを与え続けていると、その子供は大人になってもその習慣が取れず、マイルド中毒者となります。

糖化現象によって起こる肌のコゲは「甘いもの」で作り上げられる

肌の「コゲ」とは?

肌の「コゲ」とは糖化反応、またはメイラード反応といいます。糖化反応は、還元糖であるグルコースとタンパク質が反応し結びつく現象です。糖化すると体内でさまざまな反応が起こり、それと同時にAGEsが発生。肌組織が本来の動きを失う、組織が硬くなるといった症状がでてきます。それが体や肌の老化に繋がるのです。

肌にコゲができると老ける

肌にもともと存在するタンパク質の一種である「コラーゲン」は、糖化によって肌の組織を硬くしてしまいます。もともとハリのあった肌の弾力が無くなってしまい、シワやくすみを発生させるのです。コゲができるとなかなか分解されず、肌の新陳代謝が悪化。ターンオーバーが遅れることによって、メラニンが排出されずシミが発生する原因になるのです。

甘いものを避けて糖化を防ごう

肌のコゲは「甘いもの」で作られるのがわかったと思います。そのため、日頃から「コゲ」を発生させないための対処法が必要です。甘いものや炭水化物といった糖を控える、炭水化物の体への吸収をおだやかにする野菜を食事の1番はじめに食べるなど日常の食事から気を付けてみましょう。

老化を防ぎほうれい線予防する!おすすめの低GI食品

ほうれい線を予防する方法として、糖質を控えることのほかに、GI値が低い食品を摂ることもあげられます。GI値とは糖質の「吸収度合い」を表したもので、血液中の糖濃度を計測したもの。グライセミック・インデックス(Glycemic Index)の略でGI値が70を超えると高GI食品、56~69のものを中GI食品、55以下の食品が低GI食品となっています。

引用元:大塚製薬(https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/glycemic-index/glucose-level/)

老化が抑制する低GI食品

  • ・ライ麦パン
  • ・りんご
  • ・ヨーグルト
  • ・サラダ
  • ・卵
  • ・きつねそば
  • ・オレンジゼリー
  • ・ほうれんそうのおひたし
  • ・焼き魚
  • ・味噌汁
  • ・雑穀入りご飯
  • ・肉豆腐

朝はGI値が低い食品を摂りましょう。GI値が高い食べ物を摂ってしまうとインスリンが多く分泌。お昼まで集中力が持たなくなってしまいます。おすすめはライ麦パンや全粒粉のパンです。ご飯を食べるなら、精白米ではなく玄米や雑穀米が良いでしょう。お昼は低GI食品のおそばがおすすめ。

おやつとして最適なのはオレンジゼリーです。お菓子類の糖は吸収率が高く、血糖値をグンッと上げてしまいます。ゼリーとオレンジは比較的GI値が低いため、食べ過ぎなければ問題ありません。夕食はGI値が低いものが望ましいのですが、我慢し過ぎないようにしましょう。食べ合わせを考えて、肉を食べるときは海藻やサラダを一緒に摂る、居酒屋にいったときは酢のもの・枝豆を注文して先に食べるなど工夫することが大切です。

こちらのサイト「ほうれい線対策ニュースコラム」で以前糖化について紹介しましたが、こちらのページでは糖化と関係性のある食べ物に注目してまとめています。

記事作成に参考にしたサイト・文献

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る