敏感肌

厳しい冬の寒さをと、吹き付ける風をグッとこらえた結果、次は花粉症シーズンの到来。こうした季節の変わり目は敏感肌になるという人も多いのではないでしょうか。こちらでは乾燥した肌が敏感肌に変化する原因と対策について紹介していきます。

季節の変わり目には敏感肌対策が必須!?
冬枯れ肌からトラブル肌にならないためのスキンケア

これまで冷たい風にさらされていた肌の状態はカサカサに乾いていませんか?「春になれば気温も暖かくなるし、風もやわらかくなるからいいや」と、肌のケアを怠っていませんか?実は乾燥した肌をそのままにすることは非常に危険。肌の水分は表面部分のバリアの役目も果たしているので、何も対処せずにいると肌はだんだんと敏感になっていくのです。

敏感肌にとっては、いつも使っている化粧水や化粧品も刺激物と反応してしまい、赤み、かゆみが出てしまいます。もしいつもと化粧のノリが違うといった変化を感じたなら、それはお肌が敏感になっているサインかもしれません。まずは自然なお肌の状態をチェックしてみましょう。

敏感肌にはどんなケアをすれば良いの?

それでは敏感になってしまった肌にはどんなケアをすれば良いのでしょうか。うるおいを与えるために、化粧水をたっぷり使うという方法を考えがちですが、これは誤りです。敏感になった肌は化粧水も刺激として反応してしまうため、刺激の少ない保湿する物を選ぶのが最適。ワセリンやパームなど油分の多いクリームは、肌の表面を包み、外からの刺激を防ぐ役割を担っています。さらに肌本来の水分を閉じ込める役割を持っているので、修復機能も高めてくれるでしょう。

ほうれい線対策委員会編集部では一番手軽なケア方法として、ワセリンを使ったケアをおすすめします。薬局やスーパーマーケットでも簡単に購入できるので、気になったときからすぐに始められます。無香料なのもうれしいポイントで、敏感肌の方も気軽にお肌のケアを始められますね。

乾燥を制すものはエイジングケアを制す!

乾燥した肌は外からの刺激をダイレクトに受けてしまいます。それはファンデーションや化粧水といった基礎化粧品だけでなく、紫外線や排気ガスといった日常生活からの刺激も要因となるものがあるのです。乾燥を改善するために水分を補給しようとしても、それが肌への刺激となってしまっては元も子もありません。

乾燥した肌はさらに、シワやシミを作り出してしまいます。つまり肌の乾燥を改善、保湿を徹底することでしわやシミに打ち勝つことができるのです。
乾燥している冬場の肌は、保湿力の高いエイジングケアを使ってみたり、特に乾燥肌が気になる方は医薬品を使ってみたりするのも一つの手です。乾燥肌や敏感肌になってしまう時には、「突然化粧品が合わなくなった」といったお肌からのサインが必ずあります。そのお肌のサインを感じ取ったなら、まずは保湿を最優先にエイジングケアに働きかけていきましょう!

敏感肌にころんでいるときは「肌やすめ」が有効

敏感肌のためのスキンケア商品を販売する「ラ ロッシュ ポゼ」が実施した、「肌の不調とスキンケアに関する」意識調査によると、季節の変わり目に肌の不調を感じる女性は74%にも昇ることが分かりました。そのうち、特に特別なスキンケアをしていないという方は6割以上もいる結果は驚きです。

それでは季節の変わり目でスキンケアに注意することはあるのでしょうか。山王メディカルクリニックの宮地院長は、季節の変わり目に肌の不調を感じた場合、通常のスキンケアは手を止めて、保湿に専念する「肌やすめ」をすすめています。過剰にケアを施すよりも肌を守る力を蓄え、コンディションを整えることに集中する対策です。
肌の細胞が入れ替わるターンオーバーを考えると、1ヶ月以上の期間は継続した方が良いので、肌の不調を感じたら、まずはゆっくりと肌を休めることから始めてみましょう。

米国皮膚科学会で紹介されたスキンケア3つのコツ

肌に関する注意喚起を行なったり、新たなスキンケアを研究・発表したりしている米国の皮膚研究科学会は、3つのスキンケアのコツを公開しました。

化粧品やケア商品は個人に合ったものを使用する

乾燥肌には保湿力を高める効果、脂っぽい肌にはオイルフリーな成分製品というように、それぞれの肌質にあった製品を選び分ける。

日光や日焼けマシンの紫外線から皮膚を守る

紫外線は皮膚がんや早期老化の原因となるので、日を浴びる時は流れ落ちにくい日焼け止めを使う、または日陰に入るようにする。

ビタミンAを積極的に取り入れる

ビタミンAは肌のターンオーバーを促進させる効果があり、毛穴のつまりを改善する働きがあります。しわやニキビにも働きかけてくれるので、積極的に肌に取り入れるようにする。

これらのスキンケアはどの年齢層にも共通した基本的なケアなので、ぜひ取り入れてみることをおすすめします。

花粉症になると敏感肌になりやすい理由

寒い冬から暖かい春にかけての、花粉の飛散が多くなる時期。実は花粉症じゃない方もお肌への注意が必要です。
資生堂が敏感肌意識のある方を対象に実施した「敏感肌と花粉に関する意識調査」によると、肌のトラブルとして一番回答が多かったのは「春のかゆみ」でした。ところが、かゆみを感じている人たちのうち、花粉症と答えたのは41.5%。ほとんどの人は花粉症を自覚していないのに、春になると肌荒れの症状を感じているということです。

花粉による肌の炎症は「花粉皮膚炎」と呼ばれており、肌が乾燥してバリア機能が低下したことで、花粉やアレルゲンを上手く防げなくなってしまうのが原因です。
肌のバリアを通過した花粉やアレルゲンは、まぶたやアゴ、頬骨などの露出が多い部分に赤みやかゆみをもたらします。そのため、花粉を肌に触れさせないことが最も重要。外出から帰宅したときには洋服についた花粉だけでなく、肌や髪についた花粉まで洗い流すようにした方が良いですね。

スキンケアラインすべてを変更するのは危険、
まずはシンプルケアにスイッチを

冬の乾燥肌から始まるさまざまな肌の悩み。それらを解決するためには保湿に着目したケアをする必要があります。しかし早く改善したいからと、これまで使っていた製品から高価な美容液や化粧品を変えるといったブランドスイッチは控えましょう。急な変化に肌がびっくりしてしまうので、かえって肌荒れの原因になってしまうケースもあるのです。
もしも、乾燥肌を実感した場合は次のようなポイントを押さえておくといいですね。

敏感肌を実感したときの注意点

  • ・普段使用しているスキンケア用品をいきなり変更しない
  • ・肌に負担をかけないシンプルなメイクとシンプルなスキンケア
  • ・必要に応じて皮膚科での診察を受ける

普段使っていた化粧品やスキンケア用品でも、乾燥した肌にとっては刺激になってしまいます。そのため、肌に負担をかけない薄めのメイクや、刺激の少ないクレンジングを選ぶというように肌を休めることが大切です。
規則正しい生活やバランスの取れた食事を摂ることも、肌の悩みを改善する上で大事なポイントなので、シンプルなスキンケアと並行して心がけてみましょう。

記事作成に参考にしたサイト・文献

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る