ほうれい線対策委員会ホーム > ほうれい線対策ニュースコラム ~ほうれい線治療の最新情報からコスメまで~ > 「BBL光治療」はオールマイティ、かつ効果実感が高いと松木先生も太鼓判!
ニュース2ファイストビューイメージ

フォトフェイシャルが進化した“スーパー”機種「BBL光治療」の効果実感とは?

ほうれい線対策委員会が監修をお願いしている表参道スキンクリニック。院長の松木貴裕先生に取材した際、「BBL光治療はなかなかいいよ」という一言が…。そこで、改めてBBL光治療について調べてみました。

BBL光治療とは

BBL光治療とは、アメリカの医療メーカーであるサイトン社が開発した光治療機(BBL)を使った治療法です。肌の表面や真皮層に異なる波長の光を照射することで、肌トラブルを改善してくれます。一度に複数の悩みを解消でき、肌への負担も少ないのが特徴。

光治療の中でも効果が高く、従来のフォトフェイシャルと比べて約5倍の効果が得られると評判です。日本ではあまり知られていない「BBL」ですが、美容医療の進んでいるアメリカでは「キング・オブ・レーザー」と言われるほど期待が高まっています。

お肌のシワ・シミ、そばかすに有効なBBL光治療

光治療では光を通すフィルターを変えることで、波長の違う光が照射できます。照射された光は波長によってそれぞれ皮膚の表面や深部など、色々な箇所に働きかけることが可能。そのためシワやシミ、そばかすなど、さまざまな肌のトラブルを解決することができるのです。

BBL光治療は照射する光の波長や強さ、範囲を細かく設定できるため、他の光治療機器よりも細かな治療が可能に。そのため、一人ひとりの肌の悩みやコンディションに合わせたオーダーメイド治療を受けられるのが魅力です。

シミだけじゃない、複数の悩みを同時に解決してくれる患者のミカタ

BBL光治療はシミを治す効果が有名ですが、実はそれだけではありません。シワやたるみ、そばかすといったさまざまな悩みに対応しており、照射することで複数の肌トラブルへ同時にアプローチできるのが特徴です。

複数の悩みを一度に治療できる

BBL光治療は肌の表層と深層へ同時に働きかけるため、さまざまな肌トラブルを解消してくれます。表層でシミのもとになるメラニン色素を除去するほか、深層部を温めてコラーゲンの生産を促進する効果が。これによりシミやたるみが改善され、ほうれい線やマリオネットラインといったシワも解消されます。

ニュース2サイトンBBL_02
画像引用元:サイトン社(http://sciton.jp/)

肌のハリをアップさせながらニキビ跡や毛穴の開き、ムダ毛も解消できるので、ほうれい線以外にもお肌の悩みをお持ちの方は一度相談してみるのもおすすめです。

ほとんどの部位に対応しているのが魅力!

BBL光治療で使われているサイトン社の光治療機「BBLs」は、患者の肌質に合わせた細かい設定ができることが特徴です。

治療範囲が広く、顔や首以外にも腕・足・手の甲などの細かな部位まで対応できるのが嬉しいところ。照射後にかさぶたができにくいため、施術後の洗顔やメイクなどもしやすく気軽に受けられます。

松木院長もその治療効果を認めるBBL光治療
BBL光治療の効果を表参道スキンクリニックで施術を受けた
患者さんの症例で検証

ここまでBBL光治療の特徴や効果について紹介してきましたが、やはり実際にこれだけの効果があるかどうか気になるところです。

そこでその効果を実際に実際に調べるため、表参道スキンクリニックでBBL光治療を受けた患者さんの症例を3つピックアップしてみました。

Dr.matsuki

このコラムでピックアップしたのは「顔の広範囲にできたシミ」「シミ・シワだらけの手」「頬の大きなシミと肌のたるみ」の3症例です。

顔や手は年齢とともにシミやシワが増えてくる部位なので、BBL光治療の効果に興味津々。

ほうれい線対策委員会編集部の私たちにとっても深刻な悩みであるシミ・シワ・たるみの問題は、顔だけでなく手や足、首など複数個所にわたります。

特に手の甲は人の目に付きやすく、老化が顕著に現れる部位なのでぜひ試してみたいと感じています。では、以下に具体例を紹介していきましょう。

症例1:広範囲のシミに悩んでいた女性の場合

「目の下から頬骨にかけて広範囲のシミでお悩みの患者さまでした。BBL光治療を複数回照射することにより、劇的に改善されていますね」(表参道クリニック本院所属・医師)

確かに、治療前にあった広範囲のシミがキレイに消えています。ところどころ残ってはいるものの、治療前と比べて非常に良くなっていることがわかります。

シミだけでなく頬の赤みも改善されていて、治療の効果が感じられました。肌色も何だか白くなっていて、「BBL光治療を受けただけで色まで変わるのか」という印象です。数回の照射でこれだけ変わるのであれば、やってみたいという方も多いのではないでしょうか。

症例2:シミだらけ、しわだらけの手

「手の甲にある濃いシミが劇的に改善されています。手は顔と同じくよく見られ、またよく日に当たる部分ですので、気にされる方も多いかと思います。シミの他、ハリ・ツヤも改善されておりますので、筋張った感じが減り、ふっくらした若々しい手に近づいています」(表参道クリニック本院所属・医師)

治療前は点々と浮き上がっていた濃いシミが、照射後はほとんど見えなくなるくらいまで改善されています。非常に濃いもの以外は以前から無かったかのよう。

シワもキレイになっていて、つやつやでふっくらした手に。完全にシワが目立たなくなるにはもう少しかかりそうですが、今のままでも若々しく見えますね。筋張ったように見えていた手にハリが戻り、肌も白くなりました。

症例3:頬の大きなシミと肌全体のたるみ

「頬のシミがBBL光治療の効果により薄くなりとてもお綺麗になられました。また、毛穴の改善もされています。」(表参道クリニック本院所属・医師)

目立っていた頬の大きなシミがかなり薄くなっています。黒っぽかった色が薄い茶色まで変化し、軽いメイクで隠せる程度になりました。周りにあったシミは見えなくなり、肌の色と同化しているのが分かります。

写真でもわかるくらい目立っていた毛穴の開きやたるみが改善されたことで、きめ細かい肌に。本来の白い肌に戻りハリ・ツヤが良くなったことも相まって、目尻の表情ジワも薄くなっています。

※各症例に関する医師コメントは表参道スキンクリニックの公式サイトから引用して掲載しています。また年齢や肌質、皮膚の健康状態、日焼けによるダメージなどの個人差があるため、紹介した症例と同じような効果をすべての人が得られるということではありません。

唯一のネックは最低5~6回は通院しなければならないこと

症例写真から、BBL光治療は実際にさまざまな肌トラブルに効果があることがわかりました。光を照射するだけで手軽に受けられ、ダウンタイムもないのは女性にとってかなりありがたい治療といえるでしょう。ただし、レーザーや光治療といった美容目的の治療は通常保険適用外になるため、治療費が高くついてしまいます。たとえば光治療は1回の照射あたり2万~3万円が相場。

トライアル価格もありますが、初回以降の料金が高く設定されている場合もあるため、注意しましょう。照射系の治療は完全に治るまで5~6回通う必要があるので、少なくとも10万円以上の出費は覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

しかし、逆に言えば5~6回の施術でシワやシミなど複数の肌トラブルを治療できるので、長い目で見ればお得と言えます。毛穴の引き締めやたるみも一緒に改善してくれるとのことで、ほうれい線の改善効果も期待できるでしょう。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る