TP200

特徴1「栄養価の高い馬プラセンタを使用」

一般的なプラセンタの原料として豚が多く使用されていますが、TP200のプラセンタは馬プラセンタを使用。馬プラセンタは豚よりも栄養価が高く、中でもTP200は北海道産サラブレッドの馬プラセンタのみで作られており、この馬プラセンタを1カプセルに200mg(原液換算8,000mg)使用しています。

特徴2「プラセンタを吸収しやすくするため、低分子化」

どんなに高栄養、高品質のプラセンタでも、しっかり吸収されないと美容効果は得られません。TP200は、プラセンタを低分子化。一般的なプラセンタの約300分の1に分解することで吸収しやすくなっています。また、新製法により、酵素の力でプラセンタをパウダー加工することに成功。加熱により有用成分が失われていた従来の製法と比べ、高い栄養価を保っています。

特徴3「高品質、なのに低価格!」

豚プラセンタより栄養価が高い反面、馬プラセンタは値段が高くなりがちです。そこでTP200は、メーカーが直接販売を行い、低コスト化を実現。安心安全のプラセンタを、低価格で購入できます。リピートしやすいというのも納得です。

TP200のほうれい線への効果

ほうれい線が深くなるのは、肌の老化や栄養不足が原因です。また、どんなに肌や体に良い栄養を摂っていても、きちんと吸収されなければ意味がありません。その状態が続くと、徐々に肌を作る細胞が力を失い、さまざまな肌トラブルに繋がります。TP200は、北海道産サラブレッドの馬プラセンタを100%使用。体内に吸収しやすいように、プラセンタを低分子化。そのため、高品質で吸収力の高いプラセンタを摂取することができ、新陳代謝が活発になるのです。また、馬のへその緒から抽出されるサイタイエキスを配合。美容効果をアップさせるプロテオグリカン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、アミノ酸が含まれています。プラセンタとサイタイエキスのダブルパワーで肌の調子を整えるので、ほうれい線を薄くすることに繋がるのです。

基本DATA
製品名 TP200
価格 8,000円(税別)/1箱30粒入り(約30日分)
主成分 馬プラセンタ、サイタイエキス
販売元 株式会社日本メディカル研究所

TP200の口コミ・評判

内側からほうれい線を改善できました

ほうれい線やシワなどを、スキンケアだけでなく、内側からも対策をしたいと思いTP200を飲み始めました。最初はあまり実感が湧かなかったのですが、1ヵ月ほど経つと肌にハリやツヤを感じるように。さらに飲み続けると、気になっていたほうれい線が改善されてきました。これは本当にうれしかったです。

値段や効果に大満足

以前、別のプラセンタドリンクを飲んでいましたが、値段が高く、続けることができませんでした。TP200は値段が安かったので、あまり効果を期待していなかったのですが、初めて飲んだ翌朝には効果があってびっくり。今まで朝が弱かったのに、スッキリと起きられました。2ヵ月ほど飲み続けると、だんだんほうれい線が薄くなってきているのを実感。この値段で、この効果はすごいです。

悩みだった更年期障害の症状が改善されました

ほうれい線に効くサプリがないか探していたところ、TP200が安く、しかも効き目があるという口コミが多かったので飲んでみました。半年ほど飲んだところ、ほうれい線が薄くなってきたのを実感。それだけでなく、悩んでいた更年期障害の症状も改善されました。年齢よりも老けて見られることが多かったので、これはうれしい効果ですね。

毎日1粒で肌にハリ!

年齢を重ねるにつれ、小ジワとほうれい線が気になってきて…。毎日保湿ケアをしていましたが効果が出なかったので、内側からのケアを思いつきTP200を飲み始めました。毎日1粒を飲んで寝ると、10日後には少しずつ肌にハリが。飲み続けていくうちに、悩んでいたほうれい線も薄くなってきました。周りからも「肌がきれいになっていない?」と声を掛けられるようになるなんて、驚きです。これだけの効果を実感したら、やめられません。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2017年7月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。
 

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る