ほうれい線消し隊!~セルフケアでほうれい線は消せるのか!?~

サプリでほうれい線が消せるってホント!?

ほうれい線のないみずみずしい肌をつくるには、体の内側から栄養を補給することも大切です。加齢によって失われた成分や、不規則な食生活で不足しがちな栄養分を手軽に摂取できるサプリメントは、美容治療をサポートするアイテムとして、日常生活にぜひ取り入れたいもの。

しかし、そういったサプリは成分も効き目も千差万別で、どれを選べばいいのかわかりにくいのが現状です。そこで、ほうれい線を消す効果が期待できるサプリとその成分について解説していきましょう。

不足している栄養を補うのがサプリの役割

サプリメントのイメージ

上手にサプリを利用すればたるみを食い止める効果が!

健康な肌はバランスのよい栄養補給から。ほうれい線の大きな原因である顔のたるみと乾燥は、体に不足している成分をサプリで補うことでも解消することができます。肌の老化を食い止める成分はいくつもありますが、保湿効果の高いもの、肌の弾力をアップさせるもの選んで一定量を摂取すれば、たるみやシワの進行を食い止めることができるのです。

日々の食事ではカバーできない成分を補完し、効率良く体に吸収させることができるサプリは、栄養補給の強い味方。上手に利用することで、ほうれい線を消すための強力なサポート役になってくれることでしょう。
残念ながらサプリを飲むだけでは、ほうれい線に目に見えるほど劇的な効果を期待することはできません。あくまでも他の美容治療の補足的なアイテムとして考えておくのが無難です。

また、たるみやシワに効くアンチエイジング用のサプリには、高価なものも少なくありません。毎日摂取することを考えると、それなりにコストがかかることも承知しておきましょう。飲むなら、その効果をしっかり活かしたいですね。

健康的な生活習慣や食事がサプリを活かす

サプリを有効に活用するためには、日々の生活習慣や食事の見直しも大切です。無理なダイエット、長時間の日焼け、アルコールやコーヒーの大量摂取、といった生活を送っていては、肌の状態は悪化するばかりでサプリの効果も半減。十分な睡眠とバランスの取れた食事をとり、適切な水分補給をすることが肝心です。

体をつくるために必要な栄養素が不足しているのに、美容効果を狙ったサプリだけを摂っても、肌の細胞は生まれ変わりません。穴の開いたざるに水を入れるようなもの。健康な体という土台があって始めて、サプリの有効成分が効くのです。「せっかく高いサプリを飲んでいるのに効かない」と感じている人は、まず必要な栄養が摂取できているか、加齢を加速するような生活習慣(喫煙によるビタミン破壊など)をしていないか見直しを。

また、成分とその効果だけでサプリを選んでしまい、本当に不足している栄養素には気づいていないこともあります。ひどい場合は過剰摂取による副作用のリスクも。クリニックによっては血液や尿の検査を行い、食事指導やサプリメントの処方をしてくれるところもあるので、気になる方はこうしたクリニックに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ほうれい線を消す?要チェックなサプリ成分一覧

肌の再生力を高め、うるおいを与える成分が効く

シワやたるみをなくし、ほうれい線を改善するためには、どのような成分が含まれたサプリを飲めばいいのでしょう。体を中からエイジングケアし、細胞の保湿力をアップする美容成分について調べてみました。

ビタミンC(アスコルビン酸)

体の中に入るとビタミンCとして働くアスコルビン酸は、活性酸素から体を守る抗酸化作用や、コラーゲンの生成を促す力をもっています。メラニン色素を抑えてシミやくすみを改善する効果もあるので、美肌づくりには欠かせない成分です。

コラーゲンとセットで摂取することで、美肌効果をより高めることができます。水溶性で体外へ排出されやすいため、1日数回にわけて、毎日こまめに摂取するのがおすすめです。

ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)

ビタミンB群は、体内の代謝を促進し、体を構成するタンパク質の生成を促す働きをする水溶性ビタミンの集合体です。なかでも、B1(糖質を分解して細胞分裂に必要なエネルギーに変える)、B2(皮膚や粘膜の成長を促進する)、B6(皮膚のもととなるタンパク質を作り出す)、B12(皮膚細胞の再生を促進する)の4つは、アンチエイジングに欠かせないビタミンで、ほうれい線を消す効果にも期待ができます。

ビタミンB群は複数を同時に摂取することで相乗効果が高まるので、なるべく多くの種類が配合されたものを選ぶのがよいでしょう。

アスタキサンチン

サケやエビ、カニなどに含まれている赤色の色素で、カロテノイドの一種です。ビタミンCの約6000倍の抗酸化力をもつと言われ、紫外線で発生した活性酸素から肌を守り、細胞の老化を防ぎます。

脂質を効率良くエネルギーに変える作用もあるので、ダイエットや疲労回復にも役立つ成分です。

プラセンタ、臍帯エキス

プラセンタはほ乳動物の胎盤から抽出したエキスのことで、タンパク質のもととなるアミノ酸や、胎児の成長には欠かせないグロスファクター(細胞再生因子)という成分が含まれています。グロスファクターには新しい細胞を作りだす働きがあり、サプリとして摂取すると、皮膚の新陳代謝を促進し肌の老化を防ぎます。コラーゲンの原料となるアミノ酸も含まれているので肌の弾力もアップ。

最近は、胎盤とひとつながりになっている臍帯(へその緒)エキスを組み合わせたサプリも増えてきました。臍帯エキスはヒアルロン酸を多く含み肌の保湿力を高めるので、シワやたるみを軽減するエイジングケアにはぴったりのカップリングといえるでしょう。

ヒアルロン酸

肌の真皮層で弾力と水分を保持する役割を担っているヒアルロン酸は、化粧品として肌に塗るだけでなく、サプリメントで経口摂取することでも皮膚の水分量を増加させることがわかっています。

ただ、そのままでは分子量が大きく腸から吸収されにくいという難点が。サプリを選ぶときは低分子に加工されているヒアルロン酸を選ぶようにしましょう。

コラーゲン

皮膚、血管、骨など体のあらゆる組織に含まれ、人が生きていくのに欠かせない成分です。加齢とともに減少していくので、アンチエイジングには体内のコラーゲンの生成を促進するのが最重要課題。「経口摂取してもアミノ酸に分解されるから肌まで届かない」と言われてきましたが、最近の研究により、アミノ酸に分解される前段階であるペプチドの状態で腸から吸収され、線維芽細胞を刺激してコラーゲンの再生を促していることがわかりました。

同じく生成を促進するビタミンCや、コラーゲンの原料となるアミノ酸と一緒に摂取することで、肌の再生力をより高めることができます。

ほうれい線を消すサプリ
編集部が気になる商品をPick Up!

【list.1】TP200

北海道産サラブレッドの胎盤だけを使った純度100%の低分子馬プラセンタサプリ。一般的なプラセンタの約300分の1まで分子を小さくしたことで、体への吸収力が格段によくなっています。一粒ずつアルミ包装されていて鮮度もバツグン。1カプセルあたり200mgという高濃度にもかかわらず低価格なのも人気の秘密です。

[TP200についてもっとみる]

【list.2】すっぽん小町

高級料亭でも使われる国産ブランドすっぽん「はがくれすっぽん」をぜいたくに使ったコラーゲンサプリ。はがくれすっぽんはアミノ酸含有量が高く、それを骨から甲羅まで丸ごと使用しているので、コラーゲンやアミノ酸以外の成分もバランスよく含まれています。ビタミンE、カルシウムといった栄養成分や、EPA、DHAなど細胞の活性化に効果のある成分がたっぷり。

[すっぽん小町についてもっとみる]

【list.3】プラセンティーナ

国産馬サラブレッド100%のプラセンタエキスに、フィッシュコラーゲン、ビール酵母、EMパウダーを配合し、美肌づくりに特化したプラセンタサプリ。なかでも、卵殻の内側にある薄膜を微粉末化したEMパウダーは、コラーゲンの再生を促し老化を食い止める作用をもつことで注目される新成分。ほうれい線を消す効果も期待できそう。

[プラセンティーナについてもっとみる]

【list.4】天使のララ

良質な魚のウロコから抽出した高純度の液体フィッシュコラーゲンサプリ。ミクロフィルタリング精製法という特別な技術を使って不純物を限界まで取り除き、高い純度の原液を抽出。1袋あたり1000mgのコラーゲンを摂取することができます。液体なのでドリンクやスープなどに混ぜたり、ごはんを炊くときに入れたり、飲み方の自由度が高いところも好評です。

[天使のララについてもっとみる]

【list.5】母の滴プラセンタEX

赤みの多いアラブ種の食用馬の胎盤を使ったプラセンタサプリ。純度100%のプラセンタに加え、ヒアルロン酸を豊富に含む臍帯(さいたい)エキスを配合し、美容効果をパワーアップさせた“スーパープラセンタ”です。タンパク質純度の高さには定評があり、何度もリニューアルを繰り返しながら現在は98.8%という高濃度に。スキンケア効果の高さにも期待がもてます。

[母の滴プラセンタEXについてもっとみる]

サプリメントを摂った人の口コミ

コラーゲンサプリを料理にも取り入れて

粉末状のコラーゲンサプリを愛飲しています。飲み物に混ぜたり料理に入れたり、いろいろ工夫できるのがいいです。正直、効果がはっきりと実感できているかというとそうでもないのですが、サプリを飲んでいるだけで気分的に安心感があるので、続けています。

プラセンタで体調も変わった

馬プラセンタのカプセルを飲み始めたら、ツラい更年期がちょっと緩和された気がします。全身のお肌もちょっとずつ変わってきているかも? ほうれい線に効果が出るのはまだ先のようですが、朝起きられるようになったり、体調に変化が出てきたのは大きいです。

ヒアルロン酸サプリで気分がアップ

お肌の保湿効果を高めようと、ヒアルロン酸のサプリを飲んでいますが、朝起きて鏡を見たときのふっくら感が少し出てきた気がします。それだけで気持ちが上がるので、精神的なメリットが大きいと思います。

ビタミンCサプリでシミもシワも消したい

フルーツをよく食べるようにしていますが、それでも足りない気がしてビタミンCのサプリメントも飲んでいます。ほうれい線が気になり始めて数年ですが、何となく肌をキープできている感じがします。

イベントなどの数日前から飲み始めます

気合いを入れたいパーティーや、イベントなどを控えているときに、数日前から飲む習慣があります。合わせて、リンパマッサージをするのがポイント。
ほうれい線への効果を実感しています。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2017年7月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。
 

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る