ほうれい線消し隊!~セルフケアでほうれい線は消せるの?~

ほうれい線解消マッサージ

「ほうれい線って本当に消えるの?」とあきらめモードに突入しそうなそこのあなた。ここではほうれい線を解消するマッサージ法を紹介しています。テレビで紹介されたポピュラーな方法や絶対おすすめしたい方法までさまざまなマッサージ法をピックアップ。「本気でほうれい線を消したい!」と思っている方はぜひチェックしてみてください。

アラフォーにほうれい線マッサージは効果ある?

アラフォーのくっきりと入ったほうれい線は、紫外線や加齢、外部から受けたダメージなどさまざまな原因が絡み合って発生しています。「マッサージだけで消えるのか心配」という方もいると思います。しかし、自分に合った適切なマッサージを行なえば、問題なく解消へ向かうでしょう。

皮膚を刺激するマッサージはNG!

ほうれい線のマッサージにおいて、肌を強く刺激するのはやめましょう。整体や肩もみと違い、力を入れてマッサージすれば効果が高くなるわけではありません。むしろ肌がたるみ、ほうれい線がくっきりしてしまいます。

皮膚の基本的な性質

たるみは老化によって皮膚そのものの弾力性が低下していることが原因の1つ。そのうえで強く引っ張ってしまうと、だんだん皮膚は伸びてしまいます。皮膚の性質を理解したうえでマッサージを行うようにしましょう。

強いマッサージは逆効果!

強い刺激を与えるマッサージ法がありますが、かえってほうれい線を深くしてしまう可能性があるので注意が必要です。実際に、強いマッサージによって「余計にほうれい線が濃くなった」という方もいます。

強い力でマッサージすることによって皮膚が伸び、その伸びてしまった分だけたるみが発生。ほうれい線が深くなってしまうのです。伸びた皮膚は元に戻ることはないので、マッサージする際は力を入れ過ぎず優しく行いましょう。

ほうれい線マッサージの効果とは

ほうれい線は、加齢によって頬の筋肉がたるんでしまうことが1番の原因だといわれています。歳をとり、筋力が落ちてしまうと、肌のハリ・ツヤを支えている肌細胞をしっかり支えられなくなってしまうのです。それによって肌全体がたるんでしまい、結果的にほうれい線が目立ってしまうことに。

エクササイズやマッサージは簡単に顔の筋肉や表情筋を鍛えることができ、たるみを解消してくれます。口元の筋肉がきゅっと引き締まることによってほうれい線が目立たなくなり、顔全体が若々しく見えるようになるのです。

アラフォー向けのほうれい線対策マッサージ集

くっきりしたほうれい線を解消してくれるマッサージ法を紹介!気になったマッサージがあったら、今から実践してみましょう。

大久保さんが挑戦したリガメントほぐしマッサージ

大久保佳代子さんがテレビで紹介していた「リガメントほぐし」。リガメントとは「靭帯」のことを指し、この「靭帯」を刺激することによってほうれい線を解消するというマッサージ法です。ではなぜこのマッサージ法がほうれい線に良いのか紹介していきます。マッサージの方法もまとめているので要チェックです。

リガメントほぐしがほうれい線に効果的なメカニズムは?

リガメントは骨と皮膚を固定する重要な存在。このリガメントが硬くなると筋肉が動きにくくなり、皮膚を上に引っ張る力が弱まってしまいます。その結果、皮膚がたるみ、ほうれい線が発生してしまうのです。この硬くなったリガメントをマッサージしてほぐすことによって、筋肉が動きやすくなり頬が上へと持ち上げられます。たるみが解消されると同時にほうれい線も目立たなくなっていくのです。

リガメントほぐしマッサージ法

1.親指を頬骨の下にぐっと入れます
2.ぐっと入れた親指を上に持ち上げるように押します
3.親指を入れる位置を少しずつずらして、頬骨を持ちあげていきます

リガメントは硬くなっていると押したときに痛みを感じることがあります。マッサージしていくうちに柔らかくなり、痛みが減っていくので始めのうちは多少我慢が必要かもしれません。ただ、痛すぎると続けられないので、「痛気持ち良い」くらいの強さで押すのがポイント。1日2分を目安としてマッサージしてみてくださいね。

ためしてガッテンで特集されたリンパマッサージ

「ためしてガッテン」で特集されたリンパマッサージによるほうれい線解消法を紹介。なぜリンパマッサージがほうれい線に良いのかという理由もまとめています。

リンパマッサージがほうれい線に効果的なメカニズムは?

体内に水分が溜まり過ぎてリンパが滞ってしまうと、その水分の重力で皮膚が垂れ下がり、ほうれい線が目立ちやすくなります。また、むくみやコリが原因でほうれい線が目立ってしまうこともあるので、リンパマッサージで顔全体のリンパの流れを良くし、不要な水分を溜め込まないようにすることが大切です。

リンパマッサージ法

1.鎖骨を動かすイメージで首を回します
2.鎖骨の左右両方にあるくぼみに対して、手のひらで回すようにマッサージします
3.首の両側面に手のひらをあて、鎖骨に向かって軽くさするようにマッサージします
4.耳→首→鎖骨まで手のひらで軽くマッサージします
5.手のひらを両肩に置き、鎖骨に向かってさするようにマッサージします
6首の後ろ側にある肩甲骨から鎖骨まで優しくマッサージします
7.後ろの髪の生え際あたりから鎖骨に向かってマッサージします

表情筋の衰えを防ぐマッサージ

笑う、怒る、泣くなど人間の感情を表す表情筋。この表情筋を鍛えることによってほうれい線を薄くするマッサージ法を紹介しています。

表情筋マッサージがほうれい線に効くメカニズム

表情筋は使わないと衰えてしまいます。表情筋が衰えてしまうと、肌を支える筋肉が弱まるので、皮膚がたるんでしまうことになりかねません。表情筋をマッサージし鍛えることによって、肌を支える筋肉が発達したるみが解消されていきます。「怒る表情」よりも「笑う表情」の方が表情筋をより鍛えられるといわれれているので、日々笑うことを心がけると良いでしょう。

表情筋マッサージ法

1.口で割りばしをくわえます
2.口を「い」の状態にして、口角をキュッとあげたまま30秒キープします(限界だと思うところまで上げるのがポイント)
3.10秒休憩します
4.これを3回繰り返します

ペットボトルで口のまわりの筋肉をきたえるマッサージ

顔の筋肉が衰えることによって肌がたるみ、ほうれい線が発生するケースがあります。ペットボトルで口周りの筋肉を鍛えると、表情筋が発達したるみを解消し、ほうれい線を予防することが可能です。

ほうれい線撃退簡単エクササイズの方法

1.500mlのペットボトルに水を100ml入れます
2.それを口で咥えて下を向き、10秒キープします
3.歯で支えるのではなく、唇だけで支えましょう
(ここで10秒キープできない人は口論筋が常に衰え始めているサイン)
4.次に2ℓの空のペットボトルを用意します
5.「ほー」と言いながら口で咥え、息を吸い込みます
6.6~8秒キープした後、ペットボトルを咥えたまま息を吐き出します

これを1日3セットを目安にやってみましょう。

オーソドックスな顔マッサージ

顔のマッサージはたるみやほうれい線の改善法として最もポピュラーな方法です。自分の手で顔をマッサージし、表情筋を刺激することによって顔のたるみやむくみを解消し、ほうれい線を改善してくれます。

ほうれい線解消の顔マッサージ法

1.マッサージオイルまたはクレンジングオイルを手に馴染ませます
2.顔の下から上、内側から外側に向かって手を滑らせマッサージします

マッサージのポイント

マッサージする際は爪をたてないようにしましょう。また、あくまで「優しく」マッサージすることが重要。滑りが悪く肌をこすってしまうとたるみに繋がるので、「滑りが悪い」と感じたときはオイルを足しましょう。

絶対おすすめなのが口の中のマッサージ

顔マッサージやエクササイズでほうれい線を予防している方は多いと思いますが、口の中からほうれい線へアプローチする方法もあります。

顔マッサージのようにオイルを用意する必要はなく、自分の手さえあればOK。内側からマッサージすることによって、表情筋が鍛えられ、ほうれい線を改善してくれます。その他にも小顔をはじめ二重顎解消・口臭、虫歯予防などの効果も期待大。良いことづくしな口内マッサージの方法について紹介していきます。

口の中マッサージその1:親指を使うやり方

口の中のマッサージ法の1つに親指を使う方法があります。指を直接口の中に入れてほうれい線へ働きかける方法です。

親指を使うほうれい線マッサージ法

1.マッサージする側の頬と、逆の手を用意します
2.手の親指を口へ入れます
3.このとき、人差し指と中指は外側のほうれい線にあてます(頬を挟み込むイメージ)
4.口の中に入れた親指をグリグリと動かしてマッサージしましょう
5.反対側も同じようにマッサージします

マッサージのポイント

衛生面のことを考えると、歯磨き後やお風呂の中でマッサージすると良いでしょう。ネイルで爪が長い方は手にビニール袋を付けてマッサージする方法もありますよ。鏡で顔を見ながら優しくマッサージしてみてくださいね。

口の中マッサージその2:舌を使うやり方

舌を口の中で回してほうれい線を改善する方法があります。特に「口の中に指を入れるのはちょっと…」という方はこの方法を試してみてくださいね。

舌を使うほうれい線マッサージ法

1.舌を歯の外側にある歯茎に沿って右周りにぐるぐる回していきます(20回)
2.左周りも同じように20回行います

マッサージのポイント

舌がほうれい線にあたったときは一旦舌を止め、しっかり刺激するようにしましょう。外側からほうれい線を指で押さえて、位置を確認しながら回す方法もあります。始めはすぐに疲れてしまうので、できる回数から始めてみても構いません。無理しない程度にやってみましょう。

アラフォーのほうれい線に届けるなら毎日やる

20代、30代をこえて、アラフォーになると、ほうれい線はくっきりしてしまうもの。特に表情筋を使っていない人は、どんどん皮膚が垂れ下がり、ほうれい線もくっきりしてしまいます。表情筋は日常で約3割程度しか使わないと言われているので、自発的に動かす必要があるのです。

マッサージは1回やって終わりではなく、毎日やるのがベスト。習慣として続けることによって、だんだんほうれい線が解消されていきます。マッサージやエクササイズを続けていくと徐々にほうれい線が薄くなり、顔が若返ったことを実感できるでしょう。

表参道スキンクリニック_友利先生インタビュー

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る