ほうれい線を消すセルフケア・治療法ナビ

対策専用グッズ

ほうれい線のたるみやシワを改善する専用アイテムは、たくさん販売されています。ドラッグストアやネット通販などで手軽に購入できる便利さから、人気を集めているものも多いようです。その中から、代表的なものを紹介し、使用法や効果について解説しましょう。

対策専用グッズの効果と特徴

グッズを効果的に使ってたるみ対策!

口の周りの筋肉を鍛えてたるみを引き上げるグッズなど、ほうれい線対策のアイテムはたくさんあります。大きく分けて、顔にシールを貼ったり耳の上などに装着してたるみを引き上げるグッズ、口にくわえて行うエクササイズグッズなどがあり、どれも手軽に手に入るのですぐに始められるのがメリット。ただし、エクササイズグッズは即効性があるとは必ずしも言えませんし、長く使い続けることで効果が出るものが多いので、それを承知の上で始めることが肝要です。装着してたるみを引き上げるグッズは、効果が一時的で悩みを根本的に解決する方法ではありません。

効果 費用目安 持続期間
△ ◯ △
即効性はないが、一定期間使用を続けることで効果が表れることもあります ほうれい線改善グッズは5千円~1万円程度で手に入ります 使用をやめると、効果はなくなるものが多いようです
メリット
ほうれい線やたるみを改善するエクササイズアイテムなど、いろいろな種類が販売されているので、好みのものが選べて、手に入りやすいのがメリットです。
デメリット
エクササイズグッズは即効性や確実性が薄い点がデメリット。一時的にたるみを引き上げるグッズは、ほうれい線を根本的に改善することにはつながりません。コスパもそれほど良いとは言えないようです。

対策専用グッズの使用方法

口周辺の筋肉を鍛えるフィットネスグッズ

口にくわえて動かすだけで、頬筋や口輪筋を鍛えることができるアイテムです。筋肉を左右同時にトレーニングでき、頬のたるみだけでなく、顔の歪みなども矯正できる商品もあります。左右の羽を動かして運動するもの、マウスピースのようなものなど、形は様々です。

たるみ引き上げアイテム

頬に貼ってたるみを引き上げるテープや、耳の上の髪の毛の部分に留めるフェイスアップコーム、クリップ、ターバンなどもあります。いずれも、装着している間だけ、たるみがなくなったように見せられる商品。いわゆる一時しのぎなので、根本的な解決とはなりませんが、“ここぞ”という場面で役にたつアイテムです。

フェイスラインを引き上げるフィットマスク

顔の下半分を覆うようなマスクを寝る時などに装着し、ほうれい線やフェイスライン、顎のたるみを改善するアイテムです。就寝中などの空いた時間にできるのはメリットですが、効果が確実とは言えません。

対策専用グッズの口コミ

エクササイズで小顔になったことを実感!

マウスピース型のエクササイズを始めて2週間ほどで、友人から「痩せた?」と言われるほど、顔が引き締まりました。毎日続けるのが結構辛いけど、続けて良かったです。

気がつけば、あごのラインがシャープに…

表情筋を鍛える器具を使っています。初めの頃は口を閉じるのすら厳しい感じだったのに、今では口を閉じるのが楽になってきて。気が付いたらあごのラインがスッキリ見えるようになり、とても嬉しい!

勝負の前には必須のリフトアップクリップ

学生時代の友達に会うときには、耳の上につけるクリップのようなものを付けてリフトアップ。ちょっとコツがいりますが、10年前の自分の顔に戻れるので、やめられません。

顔の筋肉に負荷をかけて表情筋を鍛える

ベルトタイプで表情筋を引き上げるグッズを使用しています。装着中は頬が引っ張られ、筋肉が鍛えられるような気がします。おかげでほうれい線が少し薄くなった印象です。

口角アップ・小顔効果も期待できるエクササイズ

頬や口周辺のトレーニング器具を使っています。ほうれい線を薄くするだけでなく、口角アップ、小顔効果も期待できるものですが、エクササイズすると結構疲れますね。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/

「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修によるほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2016年7月時点)。ぜひ参考にしてください。また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る