アスタリフト エッセンス デスティニー

1「肌のハリを蘇らせる高浸透型レスベラトロール」

肌にハリを出す成分としてコラーゲンが大事なことはよく知られていますが、問題はコラーゲンをいかにサポート、活性化させるか、ということ。エッセンスデスティニーには、コラーゲンの活性化を強力にサポートする高浸透型レスベラトロールが配合されているため、使用後、速やかにハリを実感することができるでしょう。

2「アスタキサンチンのほうれい線ケア効果に注目」

エッセンス デスティニーは、ほのかな赤みを帯びた液体。この赤みは、鮭や蟹などの赤み成分と同じアスタキサンチン。その抗酸化力はビタミンEやコエンザイムQ10の1,000倍レベルとも言われています。抗酸化力は、肌の弾力、ハリに必須のパワー。美容のみならず、様々な病気の予防にも効果が確認されています。

3「Wヒト型ナノセラミドが角層までしっかり浸透」

保湿・保水にもっとも有効な成分はセラミド。今や様々な化粧品に配合されている成分ですが、その浸透力は化粧品によってまちまちです。エッセンス デスティニーに配合されているセラミドはWヒト型と言われ、世界最小レベルまでナノ化されたもの。角層までしっかりと浸透することが確認されています。

アスタリフト エッセンス デスティニーのほうれい線への効果

アスタリフトは、かの富士フイルムが販売する化粧品ライン。なぜフイルム会社が化粧品を?と思う方も多いと思いますが、実はフイルム製造はコラーゲン加工など基礎化粧品と同様の技術が必要とされる分野。富士フイルムにとって、高度なアンチエイジング化粧品の開発は、けっして専門外ではないのです。
ほうれい線対策には多面的なアプローチが必要ですが、中でも特に大事な要素が肌のハリ。そして、肌のハリを出すために特に大事な成分がコラーゲン。このコラーゲンを力強くサポートする成分として、アスタリフトでは高浸透型レスベラトロールを配合しました。
化粧品への配合は難しいとされてきた高浸透型レスベラトロールが融合することによって、コラーゲン生成が活性化し肌にハリが蘇生。効果的なほうれい線の解消を目指します。

商品情報

基本DATA
製品名 アスタリフト エッセンス デスティニー
価格 6,480円
主成分 リコピン、アスタキサンチン、レスベラトロール、コラーゲン3種
販売元 株式会社富士フイルム ヘルスケア ラボラトリー

エッセンス デスティニーの口コミ・評判

とろみのあるテクスチャーで、肌への馴染みも良いですね。肌に伸ばすと、そこで留まってゆっくりと浸透していく感じです。塗ってしばらくすると肌表面がしっとり、ふっくらとしています。夜塗ると、朝起きたときの肌の調子が全然違いますよ。この夏は肌を酷使し過ぎたので、しっかりこれを使って回復に努めたいと思います。

使い始めて3日目なのですが、これ、本当にすごいかも知れないです。まずは、頬の肌のキメが細かくなっていることに気が付きました。さらに、ニキビの跡も薄くなってきました。美容液はこれまでも使ってきて、ほんの気休め程度という感じでしたが、この化粧品の力はとてもパワフルに感じます。

1ヶ月ほど使ってみたのですが、肌がフワッとした感触になって、何度も肌を触りたくなる感じです。毛穴も目立たなくなったような気がします。全体的に、顔がトーンアップしてハリが出ました。効果にはとても満足しているのですが、値段が高いので少しずつ使っています。でも結局はリピすることになりそうです。

私にとってデスティニーは冬の必需品。真冬の乾燥から私の肌を守るのは、この化粧品しかありません。今まで何度か別の化粧品に浮気したこともあるのですが、結局はデスティニーに戻ってきてしまいました。冬はやっぱりアスタリフトです。でも、夏にはあまり向いていないようなので、今は夏向けの化粧品を探しています。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る