ほうれい線対策委員会ホーム > 年齢別のほうれい線のお悩み・対策法まとめ

年齢に大別されるほうれい線の原因

20代:主に「しわ」

主にシワが原因でできる20代のほうれい線。特に口元は乾燥しやすく、乾燥ジワができやすい部分です。シワが薄い状態の場合、保湿を行うことで消える場合もあります。しかし、放っておくとシワが深くなるので早めのアプローチが大切です。

紫外線も乾燥を招く原因となります。肌のハリを作るコラーゲンやエラスチンを破壊するためです。[注1]

30代~:主に「たるみ」

歳を重ねると筋肉が衰え、30代から顔がたるみやすくなります。表情筋の力が弱まり、皮膚を持ち上げる力を維持できなくなるのが原因です。

また男女どちらも、皮脂量は20代でピークを迎えます。20代以降は歳を重ねるごとに減少。皮脂量不足で乾燥しやすくなった肌からはハリや弾力性が失われていき、たるみやシワを引き起こす事態になります。[注1]

目次

35歳OVERのほうれい線に
お悩み女子には…
【切らない】ほうれい線治療がおすすめ★

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る