ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > ほうれい線対策に必須、ターンオーバーを調整できる食べ物

何が何でもほうれい線を消したいなら

ほうれい線対策に必須、ターンオーバーを調整できる食べ物とは

アラフォーのほうれい線対策は食べ物でターンオーバーを調整

「ほうれい線がないだけでこんなに若返って見えるのに…」と日々自分の口元のしわとにらめっこしている方は多いでしょう。毎日口にする食べ物によってほうれい線が予防、改善できたら嬉しいと思いませんか?ここではほうれい線に良いとされている食べ物を紹介しています。食事の方法をちょっと見直すだけでもほうれい線がだんだん薄くなってしまうかも!?日々の食事の積み重ねで一緒にほうれい線を改善しましょう!

そもそもほうれい線に効果的な食べ物はある?

いつの間にか濃くなってしまうほうれい線。そのほうれい線を消すにあたって食事は大切です。治療やスキンケアとは異なり直接作用するわけではありませんが、食事は肌と密接な関係性があるもの。アラフォー女性で「ほうれい線を消したい」という方はチェックすべきことだと言えるでしょう。

ほうれい線を予防するには「ターンオーバーを正常化させる栄養」を取るのが大切!

美肌にとって欠かせないのが肌のターンオーバー。人間の肌は皮膚の1番下にある「皮下組織」、その外側にある「真皮」、皮膚の表面にあたる「表皮」の3つから成り立っています。そのうち表皮では肌が生まれ変わるときに古い細胞が垢となって剥がれ落ち、新しい細胞へと変化するのです。

健康的な肌の場合、ターンオーバーは28周期で行われますが、紫外線や過剰なスキンケア、ピーリングなどによって正常に行われないケースが多く見られます。ターンオーバーが正常に行われないと、肌が乾燥しほうれい線になってしまうこともあるのです。正常なターンオーバーが行われる肌を作り、年齢に負けないノートラブルな肌を目指しましょう。

ターンオーバーを正常化させる栄養成分と食材

ビタミンC

アラフォーのほうれい線対策は食べ物でターンオーバーを調整

肌に潤いをもたらすのに必要なのがコラーゲンを合成するビタミンC。抗酸化作用もあるため肌にダメージを与える活性酸素を除去し、美肌へと導いてくれます。更に、美白効果・毛穴の引き締め効果とあらゆる肌トラブルを改善してくれる優れた成分なのです。

赤・黄ピーマン【ビタミンC多】

ピーマンは中南米が原産で、実は唐辛子の一種なのです。美肌効果や抗酸化作用が期待できるビタミンCがたっぷり含まれており、身近で手に入る肌にうれしい食材。特にピーマンのビタミンCは、加熱しても壊れにくいという大きな特徴があります。熱してもビタミンCが破壊されないのは、果肉が厚いだけでなく、酸化や熱から守ってくれるビタミンPが含まれているからと言われています。美味しく調理できて肌の改善も目指せる野菜です。

ゆず【ビタミンC多】

さわやかな香りと酸味が特徴のゆず。その果肉だけでなく果皮の方にもビタミンCがたっぷり含まれています。ゆずの皮にはヘスペリジンやリモネンといった血流改善効果のある成分が豊富。お肌の血行を改善して美肌に導いてくれる効果が期待できます。ゆずの皮を煮詰めたシロップでドリンクを作れば、手軽に美肌成分が摂取可能。ほうれい線やしわの予防を手軽にできますね。

パセリ【ビタミンC多】

添え物のように扱われることが多いパセリですが、実は栄養成分に富む野菜です。ビタミンCやビタミンE、鉄分、カリウムなどビタミン・ミネラル成分をバランスよく含んでいます。特にパセリにはβカロテンも含まれており、体内に入るとビタミンAに変化。ビタミンAには粘膜や皮膚を健康に保つ働きがあるので、お肌の潤いを保ちたいという人にはパセリはおすすめです。

ビタミンB

ビタミンB群にはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・ビオチン・パントテン酸・ビタミンB12があります。このビタミンB群はたんぱく質をアミノ酸へ分解するので、肌にハリとツヤをもたらす効果が期待できます。また、新陳代謝を促し血流の流れを良くする働きもあるため、健康な肌にとって欠かせない成分だと言えるでしょう。

鮭【ビタミンB多】

鮭の身には様々なビタミンが含まれていますが、その中でも特徴的なのがビタミンB12。ビタミンB12が不足すると正常な赤血球が減ってしまい悪性貧血症をもたらす原因になります。貧血は乾燥肌や口内炎など皮膚に与える影響が大きいため、ビタミンB12を含んだ食材を定期的に摂取することはとても大切です。鮭は手に入りやすい食材なので、日ごろから食べるようにするとよいでしょう。

豚【ビタミンB多】

豚肉にはビタミンB1がたくさん含まれています。ビタミンB1は体内でエネルギーを作り出すときに必要な成分です。新陳代謝を促進させる働きがあるため、積極的に取り込みこめば疲労回復や肌の改善効果が見込めます。豚肉を調理するときにはアリシンをたくさん含む玉ねぎと一緒に調理すれば効果がアップ。上手にビタミンB1を取り込むことができます。

酵母(ビール酵母)【ビタミンB多】

ビール酵母はビールを作るときに働く微生物。麦汁の栄養を取り込んで増えるため、ビールが出来上がるときには酵母は栄養たっぷりの状態になります。栄養素の半分は必須アミノ酸でビタミンB群やカリウムもバランスよく含有。代謝を高める効果が期待できることから、健康なお肌作りを助けてくれる成分と言えます。

ターンオーバーを正常化させる食事でほうれい線を改善する!

保湿力を高める食べ物

アラフォーのほうれい線対策は食べ物でターンオーバーを調整

肌が乾燥していると、上手くターンオーバーできないためほうれい線は改善されません。保湿力を高めることによって、ターンオーバーが正常に行われハリやツヤのある美しい肌を作り出してくれます。ここでは保湿力を高める食べ物を3つ紹介しているので、含有成分と合わせてチェックしてみてくださいね。

コラーゲン

コラーゲンは肌の弾力やはりを保つために必要な成分。しかし紫外線などの刺激によって日々コラーゲンは分解されてしまいます。美しい肌を保つためには外部からの刺激を防ぐと同時に、定期的にコラーゲンを摂取することが大切です。ここではコラーゲンを豊富に含む食品群を紹介します。上手にコラーゲンを取ってぷるぷるもちもちな肌を目指しましょう。

ウナギ【コラーゲン多】

皮に豊富なコラーゲンを含んでいるウナギ。かば焼きや白焼きなどで皮ごと食べる食材のため、比較的コラーゲンが摂取しやすいと言えます。また、うなぎには肌のハリやしわを減らす効果が期待されるレチノールや代謝を促進するビタミンB、ビタミンEがバランスよく配合。肌を元気にしてくれる食材です。

牛スジ【コラーゲン多】

肉類の中では一番コラーゲンを多く含む牛スジ。そのコラーゲンにはハイドロキシプロリンという成分が含まれていて、保湿力に富むのが特徴です。ハイドロキシプロリンは体内でコラーゲンを作り出すときにとても重要な働きをすることから、牛スジを摂取することでコラーゲンの生成を強力にサポート。軟骨成分であるコンドロイチンも含まれていて、肌のハリや弾力の改善を後押ししてくれます。

手羽先・鶏の皮【コラーゲン多】

手羽先や鶏皮、軟骨の部分にはコラーゲンが豊富に含まれています。体内で一度分解されてコラーゲンとして再生されるので、積極的に摂りたい食べ物です。コラーゲンの合成を助けてくれるビタミンCと一緒に取り込むと効果的です。肌の潤いが足りないなと思ったら意識的に摂るようにするといいでしょう。

セラミド

セラミドは肌の角質細胞の隙間を満している成分。肌には乾燥などの刺激から肌を守るバリアの役目がありますが、その機能を支えているのがセラミドです。セラミドが不足するとバリア機能が十分に力を発揮せず肌荒れやかさつき、しわなどの原因になります。美肌作りのためにはセラミドを補い、肌のバリア機能を正常化して潤いを保つことが大切です。

米【セラミド多】

米ぬかには米セラミドと言われる成分が含まれています。肌のバリア機能を高め、紫外線といった外部刺激対策に役立つ成分です。また、米にはビタミンも含まれているため肌の粘膜を補修し、代謝を高める働きも期待できます。昔から肌が潤う方法として知られている米のとぎ汁を使った洗顔法は、米セラミドの保湿効果をうまく利用した方法だといえるでしょう。

麦【セラミド多】

セラミドにはいくつか種類がありますが、麦のセラミドは動物性セラミドと比べて刺激が弱く体に優しいことが魅力。肌になじみやすいので健康な肌を作るのに役立ちます。麦アレルギーがある人はこんにゃくセラミドと呼ばれるセラミドもあるため、自分の体を合うセラミドを選ぶとよいでしょう。

こんにゃく【セラミド多】

こんにゃくにはグルコシルセラミドという植物性のセラミドが含まれています。体内に取り込まれることで肌の代謝が正常化し、潤いを保つことができます。動物性セラミドよりも安全性が高く、アレルギー体質の人でも摂取に問題ない点が魅力です。肌の乾燥や吹き出物、肌荒れを繰り返す人はこんにゃくを食べるとよいでしょう。

老化防止のための食べ物

アラフォーのほうれい線対策は食べ物でターンオーバーを調整

そもそもほうれい線は肌のたるみをはじめとした老化が原因の場合もあります。無意識に食べているものから老化を促進させないよう、老化を防止する食べ物を紹介。含有されている成分も記載しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

ビタミンE

ピーナッツやアーモンドといったナッツ類には、老化を防止する働きを持つビタミンEが含まれています。特にアーモンドはしわを完全する効果が期待できるオレイン酸が含まれているので、積極的に摂りましょう。

セサミン

ゴマは栄養を豊富に含む食品として知られていますが、特に注目なのがセサミンです。老化の原因と言われる活性酸素を除去してくれる働きがあり、体や肌がダメージを受けるのを防いでくれる言われています。人の体は紫外線や食べ物、ストレスなどに常に晒されている状態なので抗酸化作用のあるセサミンを日常に取り入れると老化防止に役立ちます。

ごま【セサミン多】

ごまに含まれている抗酸化成分セサミンは、活性酸素が多く集まる肝臓で働きます。セサミンのほかに抗酸化成分として知られているビタミンCやEは血中で活躍するためほとんど肝臓に届くことがありません。セサミンは効果が高い抗酸化成分として期待されているのです。セサミンをごまからとるなら、すりつぶして摂取すると効果的です。

ごま油【セサミン多】

ごま油にはごま由来のセサミンやセサモリンといった微量成分が含まれています。これらの成分は酸化を強力に防ぐ働きがあるため、ごま油はべに花油や大豆サラダ油に比べて酸化しにくいと言われています。加熱しても効果は減らないため、様々な調理に利用して積極的に摂ることをおすすめします。もしカロリーが気になるという人は練りごまなどの製品を利用してもよいでしょう。

練りごま、その他ごま加工品【セサミン多】

ごまをすりつぶしてペースト状にしたものが練りごまです。ペーストにしているため粒状のごまよりも消化吸収が早く、たくさん摂取することができます。さらにゴマダレやドレッシング、トーストに利用するなどアレンジも自在にできるので、美味しくセサミンを摂取して肌質の改善に努めましょう。

アスタキサンチン

アスタキサンチンはカロテノイドと言われる天然の色素の一つ。鮭やエビなどに多く含まれている成分で、ビタミンCの3000倍以上ともいわれる高い抗酸化作用があることで知られています。
同じ抗酸化作用を持つビタミンEやβカロテンと異なりアスタキサンチンは様々な場所で働くため、美容や健康に幅広く対応してくれます。

サクラエビ・エビ【アスタキサンチン多】

エビは餌とする藻やコケに含まれるアスタキサンチンを体内にため込むことで赤く発色しています。エビの場合、主に甲殻の部分にアスタキサンチンが存在するため、効率よく摂取したい場合は小さめのものを殻ごと食べるとよいかもしれません。アスタキサンチンは体を強力に酸化させる一重項酸素を抑制する働きがあることから、肌の老化を防ぎしわやたるみを改善する効果が期待されます。

カニ【アスタキサンチン多】

蟹にはアスタキサンチンをはじめ、ビタミンB1・B2・ナイアシンなどが含まれており、美肌を目指す人にはおすすめの食材。タウリンなどの成分も同時に摂取することができるため、肝臓機能を強化し体の内側から健康になれる食べ物と言えます。また蟹みそには疲労回復効果のあるグリコーゲンが豊富なため、合わせて食べることで健康な肌作りが可能です。

鮭【アスタキサンチン多】

鮭は筋肉に大量のアスタキサンチンをため込んでいます。川を遡る習性がある鮭は、体内に大量の酸素を取り込むため絶えず活性酸素が発生している状態です。その活性酸素を除くために、アスタキサンチンが蓄えられていると考えられています。アスタキサンチンは加熱しても9割残るため、様々な調理で摂取することができます。

血行をよくする食べ物

アラフォーのほうれい線対策は食べ物でターンオーバーを調整

肌の血行が悪くなってしまうと、新陳代謝が働かず肌のターンオーバーが正常にできなくなります。そうなるとシワや肌あれ、むくみに繋がってしまうのです。ここでは血行をよくする食べ物を紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

シトルリン

シトルリンは日本でスイカから発見されたアミノ酸の一種。もともと体の中に少量存在し、血管を広げて血行を促進する働きがあります。シトルリンを取り込むことで新陳代謝の促進や血流改善が見込めることから肌質の改善や疲労回復、動脈硬化予防などのさまざまな効果が期待されています。

キュウリ【シトルリン多】

血管拡張作用があるシトルリンが含まれているキュウリ。血流の流れを良くすることによって、ターンオーバーの正常化に繋がります。また、血行を促進して顔のむくみも改善するなど、美容にとって嬉しい成分が含まれた食べ物です。

メロン【シトルリン多】

シトルリンはメロンやスイカ、にがうりといったウリ科の植物に多く含まれているのが特徴。シトルリンを摂取する目安は1日800gとされていますが、メロンのシトルリンは果肉よりも皮の部分に含まれているため、食品として十分な量を摂るのは難しいかもしれません。

スイカ【シトルリン多】

スイカは豊富にシトルリンを含んでいる食品。血管を拡張させしなやかにすることで、美しく健康的な体を保つことができると言われています。冷え性やむくみの解消なども期待できることから、肌質の改善が見込めます。夏にしか摂取できない点が難点と言えるでしょう。

レシチン

レシチンは卵や大豆、肉に含まれるリン脂質のことです。細胞の生体膜を作る主要な成分で、身体づくりにはかかせません。レシチンが不足すると、細胞膜がうまく働かなくなったりコレステロールが蓄積されたりします。肌の潤いがなくなり、しわやほうれい線の原因にもなってしまうので、美肌のためにレシチンを積極的に取り込みましょう。

大豆【レシチン多】

大豆レシチンの大きな特徴は女性ホルモンのバランスを保つ効果があること。女性ホルモン作用をもつだけでなく、神経の伝達をうまく進める働きで女性ホルモン分泌を正常化させます。大豆を積極的に摂ることで美肌や体質の改善効果が見込めるのです。

卵【レシチン多】

卵に含まれるレシチンは神経伝達物質の材料になることから、肌質改善のほかにも記憶力や注意力などを高めたり認知症を改善したりする効果が期待されています。定期的に補給することで体の内側から美しさを維持することが可能です。

納豆【レシチン多】

5大栄養素が豊富に含まれている納豆ですが、それ以外にも様々な機能成分が知られています。中でもレシチンは、動植物の細胞や生体膜・脳・神経を作る大事な成分。また、細胞に働きかけて必要な栄養を取り込み、不要な老廃物を排泄するよう促します。納豆を食べることは栄養補給だけでなく、たるみやしわなどの肌トラブル改善にもつながるのです。

ビタミン、食物繊維

ビタミンB2をはじめとしたビタミンと食物繊維が豊富に含まれている明日葉。ビタミンB12は「造血ビタミン」と呼ばれており、赤血球を作る際になくてはならない成分なのです。他にも抗酸化作用、抗ストレス作用があるカルコンが含まれており、アンチエイジング効果が期待できます。

レチノール

レバーには、肌のハリ・潤いを作り出すのに欠かせないレチノールが豊富。このレチノールはヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンを作り出す「線維芽細胞」に働きかけ、美肌にとって必要な成分の合成を促します。

うそ?ほんと?コラーゲンの美肌効果

美肌効果が期待できると言われているコラーゲンですが、本当に肌に潤いやツヤを与えてくれるのでしょうか。また、ヒアルロン酸はスキンケアの成分の中ではポピュラーですが、食事で摂取してもその効果はあるのか気になりますよね。

「コラーゲンペプチド経口摂取による皮膚角層水分量の改善効果」の論文によると、コラーゲンを経口摂取する実験において、肌の水分量が高くなったことがわかりました。その中でも特に30歳以上の方の角質水分量が増加したとのこと。

水分量の増加には豚に含まれているもコラーゲンではなく、魚の鱗に含まれている魚鱗コラーゲンペプチドが最適といわれています。コラーゲンは食事から摂取してもその効果が期待できるほか、本当に肌を潤わせ美肌へ導いてくれそうな成分だということがわかりました。

ほうれい線の対策になる食事方法

ほうれい線を改善するのに良いとされる成分や食べ物以外にほうれい線を作らないための日々の食事方法をまとめています。毎日行うことだからこそ、ほうれい線対策になる食事方法を週間づけていきましょう。

よく噛んで食べる

ほうれい線の原因の1つである「肌のたるみ」。このたるみは加齢によって表情筋が衰えてしまっているのが原因と言えます。毎日の食事ですぐに飲み込まず、よく噛んで食べることによって顔の筋肉が鍛えられ、ほうれい線を改善または予防することができるでしょう。

食べ過ぎないこと

身体で1番エネルギーを消費すると言われているのが食べ物の消化です。胃腸に負担をかけすぎてしまうと、腸内環境が悪化。悪玉菌が大量に発生し、皮膚の老化に繋がります。それがほうれい線を目立たせてしまう原因の1つにもなるのです。揚げ物や糖分のたっぷり入った食べ物、動物性脂肪の食べ物は控えた方が良いでしょう。

35歳OVERのほうれい線に
お悩み女子には…
【切らない】ほうれい線治療がおすすめ★

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る