ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > 肌の乾燥が招くほうれい線の症状とは?

乾燥がほうれい線の原因になるか?

ほうれい線は「顔の筋肉の衰え」や「むくみ」以外にも、「肌の乾燥」によって症状があらわれます。こちらでは肌の乾燥によって引き起こされる、ほうれい線のメカニズムとケア方法を解説。症状の軽いものであれば、日頃のケアで改善できるのでチェックしておきましょう。

肌の乾燥によってあらわれるほうれい線

ほうれい線は口周辺にある骨と骨の間の溝にできるもので、主に加齢によって皮膚の張りが無くなることで症状があらわれます。また近年、肌の乾燥もほうれい線に結びつくことが分かりました。一体どのように症状があらわれるのか見てみましょう。

肌が乾燥してできる小じわが原因

肌の乾燥が進むと肌の表面が縮まってシワが発生。これがほうれい線の原因になります。初期のシワは一時的な症状なので、保湿することですぐに改善可能です。ところがケアせずに放置すると、乾燥によるシワは深層部分まで根付いてしまいます。

肌が乾燥した状態だと、本来肌が水分と共に持っているバリア機能まで損ねてしまうことに。紫外線の影響を受けやすくなるので、肌にかかる負担は一層大きくなってしまい、さらに症状を悪化させてしまうのです。

乾燥肌ケアでほうれい線対策

乾燥肌で生じるほうれい線は症状としては軽いので、ケア次第で改善できます。しかし肌の表皮ではなく、その奥の真皮部分までシワが癖付いてしまうと、治すのにたくさんの時間がかかるので注意。なるべく早い毛が大切です。乾燥によるほうれい線の解消法についてチェックしていきましょう。

保湿成分を活用

乾燥を防ぐには乳液や保湿クリームを使ったケアが必須!その際、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」といった保湿成分を活用することで、肌にある水分が外に逃げにくくなります。

偏った食生活の見直しも効果あり

肌の水分保持力を保つために、バランスの良い食生活が大切です。健康な肌を作り上げるために必要な栄養素をチェックしておきましょう。

たんぱく質

たんぱく質が不足すると、肌の細胞が周期的に生まれ変わるターンオーバーが正常に行われず、古い細胞が肌に残ったままになってしまいます。たんぱく質を摂ることで、くすみがなくハリのある肌へと導かれますよ。

必須脂肪酸

体内では合成できない脂質「必須脂肪酸」は、皮膚や細胞膜の材料となります。不足してしまうと、たんぱく質が不足したときと同じようにターンオーバーが乱れてしまうので、美肌を保つためには欠かせません。お肌のことを考えるなら、たんぱく質と一緒に摂取するのがおすすめ。必須脂肪酸は主にサバやイワシなどの魚介類に多く含まれています。

亜鉛

亜鉛はミネラル成分の1つで、お肌以外にも髪の毛や爪の健康状態を保つ働きを持っています。ファストフードや外食など、偏った食事が習慣化していなければ不足する心配はありませんが、飲酒をする方や過度なダイエットをしている場合には不足している傾向にあるので注意が必要です。貝類やエビなどから積極的に取り入れてください。

以上のように、お肌を健康的に保つにはバランスの良い食事を心がけるのが大切です。普段の食事に気を付けることで、自然と乾燥肌が改善され、ほうれい線を含めたお肌の調子も上がっていきますよ。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る