ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > 【噂の検証】ダイエットでほうれい線が目立つようになる?

なぜダイエットするとほうれい線が目立ってしまうのか?

美しくなるために始めたダイエット。しかし、痩せて細くなったのにほうれい線ができてしまっては意味がありません。なぜダイエットをするとほうれい線ができてしまうのかダイエットとほうれい線の関連性について調べてみました。美しい顔と体を目指している方はぜひチェックしてみてください。

ダイエットによってできるほうれい線の原因

極端な食事制限
肌のハリを作るためには、上質な栄養素を行き届かせる必要があります。ダイエットで食事を野菜だけ、ダイエットスムージーだけと○○だけのダイエットをしてしまうのはNGです。必要な栄養素が摂れず、肌に使われる分の栄養素が体を生かすために重要な器官に回されるため、たるみやシワの原因になってしまうのです。
「キレイになるためにダイエットしたのに、老けて見える」なんてことになっては元も子もありません。
栄養バランスの整った食事を摂って、ほうれい線にも体にも良いダイエットをしましょう。
極端な運動
ダイエットの定番と言えば運動です。しかし過度な運動は、体を錆びさせる原因である活性酸素を生む原因になります。
活性酸素にお肌のハリを保つコラーゲン・エラスチンを破壊してしまう作用があるため、量が多くなると頬がたるみほうれい線ができる原因になってしまうのです。
ダイエットで運動をするなら、適度な運動を心がけましょう。

太ったり痩せたりの繰り返し

短期間でダイエットして痩せたけど、すぐに元の体重よりも重くなってしまったという人も世の中には少なくありません。そのような状態が続くと肌のハリが失われ、ほうれい線ができる原因になります。

わかりやすく説明するために、風船を思い浮かべてみましょう。風船は空気が抜けるとしぼみます。これが痩せた状態です。空気を入れるとゴムが膨らみます。これが太った状態です。

この状態を繰り返すと、ゴムは伸びきってヨレてしまいます。この状態が体のなかで起こるとどうなると思いますか?

ゴム風船のように伸びきった肌はハリを失い、ヨレてしまうことに。

急激なダイエットとリバウンドの繰り返しはほうれい線を深めてしまう原因になるのです。

ダイエットによって目立つようになったほうれい線の対処法

まず、間違ったダイエットを直ちにやめる

ダイエットにこれが正解というものはありません。しかし、ダイエット期間中だけ1つの食人を食べるダイエットや1日中運動をし続けるなどの過剰なダイエットは、正しいといえないでしょう。

ほうれい線ができやすくなるだけでなく、心身共に健康を損ねてしまう可能性があります。リバウンドなく痩せるには1ヶ月で体重の5%までの減量が目安。60kgならマイナス3kg、55kgならマイナス2.75kgが限度です。正しい減量目安を知ってダイエットすることが、体とほうれい線にとって良い結果に繋がります。

栄養バランスのとれた食事

糖質を抜いた食事や野菜だけの食事は、肌のハリに必要なたんぱく質を減少させてしまいます。ほうれい線を予防しながらダイエットをするなら、肉・魚・野菜・果物・乳製品などをバランスよく摂るようにしましょう。とくにビタミンB群の含まれた食事をすることは大切。ビタミンB群には、脂質・たんぱく質・脂質の代謝に関係します。

とくにたんぱく質の代謝は重要で、肌のハリつやを作るコラーゲン・エラスチンの原料になるアミノ酸を分解する働きがあります。

適度な運動を習慣に

適度な運動は代謝や血行を促進して、身体中に酸素を行渡らせます。酸素が行渡ると、細胞が活性化。美しい肌やたるんだお肉を引き締めるのに役立ちます。

簡単に始められる運動としておすすめなのが、ウォーキングです。

ひと口にウォーキングといっても、ただやるのでは効果がありません。ちょっとしたコツを押さえておくと、ダイエットにもほうれい線防止にも◎。

ウォーキングをする場合、身長の半分ほどの歩幅で時速5~6kgの速さで歩きましょう。その際は、背筋をピンとはることが大切です。ウォーキングなら、仕事帰りに気軽にできますし、気持ちよく汗を流すことができます。体も細くなり、ほうれい線も目立たなくなるでしょう。

35歳OVERのほうれい線に
お悩み女子には…
【切らない】ほうれい線治療がおすすめ★

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る