見た目年齢が大きく変わるほうれい線とは

ほうれい線の原因とは

乾燥や紫外線など、ほうれい線が目立ってしまう原因がたくさんあります。その中から、主なものをピックアップして解説。年代別にどのようなことに注意すれば、ほうれい線を改善できるのかもまとめてみました。

ほうれい線のたるみが大きくなってしまう要因は、皮膚そのものや、皮膚の下にある筋肉の衰えが挙げられます。加齢によってどうしても生じてしまう衰えにいち早く気が付いて、どう対処すべきなのか考えましょう。

Cause1

加齢による皮膚の衰え

コラーゲンの減少が皮膚のたるみを生む

年齢と共に真皮で生成されるコラーゲンの量が減ってしまい、皮膚をふっくらと支える弾力がなくなってしまいます。真皮の支えがなくなった表皮はくぼんで落ち込み、シワやたるみができ始めます。顔全体の皮膚が衰えてたるむと、口もとやあごなど、重力に逆らえずに下の方へとたるみが溜まり、ほうれい線やマリオネットライン、二重あごなどの大きく目立つたるみとなってしまうのです。

Cause2

皮下脂肪の急激な増減

ダイエットとリバウンドの繰り返しがたるみを生む

ダイエットや加齢によって体重の増減がおき、皮下脂肪が増えたり減ったりを繰り返していると、脂肪の増減に皮膚がついていけなくなります。脂肪が多いときは、重力に逆らえずに脂肪ごとたるみ、脂肪が少ない時は表皮だけがシワシワになってたるみます。皮膚がたるんで伸びきった状態が戻らなくなり、いずれにせよ目立つほうれい線となります。

Cause3

表皮の乾燥

皮膚の乾燥は小ジワとたるみの原因に

お肌が乾燥すると、表皮のキメが乱れて細かなシワができ始めます。乾燥による小ジワやちりめんジワと呼ばれる状況で、これだけでは大きなたるみにはなりません。ただし、乾燥した状態が長く続き、小ジワが深くなってつながって来ると、大きなシワへと進化して、そこへたるみが生じてきてしまいます。乾燥が原因のシワは、皮膚が薄い目元や、頻繁に動かす口元にできやすく、目元のたるみやほうれい線へとつながってしまうわけです。

Cause4

紫外線のダメージ

紫外線がコラーゲンを破壊! 肌をシワシワにしてしまう

紫外線は美肌にとって百害あって一利なし。紫外線は皮膚の真皮にまで到達し、弾力を持って皮膚を支えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を破壊してしまいます。真皮層の弾力が失われると、表皮を支えきれなくなってシワやたるみが生じます。紫外線はシミやそばかすを増やすだけではなく、肌のハリや弾力を奪ってほうれい線の原因ともなるのです。

Cause5

顔の筋肉の衰え

筋肉が落ちると皮膚もたるんでほうれい線に

顔の表情筋の中でも、頬を引き上げる頬筋は、口の周りの口輪筋に支えられています。口を動かす筋肉が衰えると、頬筋も衰えてしまい、口の脇へとたるんできてしまいます。筋肉そのものがたるむだけでなく、筋肉の衰えで皮下脂肪を支えきれなくなり、ほうれい線の目立つたるみへと進化していくことに。表情筋の衰えは、大きなたるみへと即座に直結してしまうので、注意しなければなりません。

Cause6

リンパや血行が滞っている

老廃物の蓄積で顔がむくんで…たるみが出現!

肩こりや首のコリが激しいと、顔の筋肉も凝り固まってしまいます。筋肉に弾力がないと血流やリンパの流れが滞ってしまって、余計な水分や老廃物の排出が効果的に行われず、顔にむくみが生じてしまうことも。むくみは皮膚のたるみの原因となって、ほうれい線を形成してしまうことになります。

Cause7

生活習慣の問題

悪習慣が皮膚をたるませてしまう

日常生活の中で、顔の皮膚を圧迫する、引っ張り続けるなどの刺激を与え続けると、皮膚が伸びてたるみが起こります。例えば、猫背で前傾姿勢のままパソコン作業を行う時間が長い人、頬杖をつく癖のある人、いつも髪をポニーテールやおだんごにして引っ張っている人など、ちょっとした癖や習慣が、ほうれい線のたるみにつながってしまうことがあるのです。

ほうれい線の原因をチェック!

ほうれい線が目立ってくる原因は、年齢によっても異なります。20代~30代、40代~50代、50代以上と、年代別にほうれい線の原因や対策を確認しておきましょう。

20~30代のほうれい線
若い世代は乾燥や疲れが原因
まだ皮膚や表情筋の衰えを感じる前の若い世代でも、ほうれい線が気になってしまうことがあります。主な原因として考えられるのは、お肌の乾燥や、紫外線によるダメージから発生した、小ジワをきっかけとして生じるもの。また、パソコン作業やスマホの使い過ぎで眼精疲労が起こり、表情筋の疲れからくるたるみなども考えられます。表情グセや急激なダイエットなど、生活習慣が原因となる場合もありますので注意が必要です。
40~50代のほうれい線
40代からは表情筋が衰え始める
皮膚の衰えや表情筋の衰えが本格化してくる40代。真皮層でのコラーゲン不足が原因でたるみが起こりますし、頬筋が衰えることで頬がたるんできてしまいます。筋肉の衰えが原因のたるみは、大きく目立つものになりやすく、日常生活の中での化粧品によるお手入れではなかなか改善されないものです。年齢によるたるみやシワを食い止める施術として、クリニックでの施術を検討し始めるのもこの年代でしょう。
50代以上のほうれい線
より深く大きいたるみが生じてしまう50代
真皮層の弾力不足や筋力の衰え、筋肉のコリなど様々な要因が重なって、深いシワや大きなたるみが生じてくる年代です。年齢を重ねることによる衰えは、すべて防ぐことはできませんが、糸によるリフトアップやミニリフト手術など、本格的な治療で老化を食い止めることも可能です。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/

「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修によるほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2016年7月時点)。ぜひ参考にしてください。また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ページ上部へ戻る