ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > ほうれい線はいつからあらわれる?正しいエイジングケア方法をチェック

ほうれい線はいつからからあらわれる?

正しいエイジングケアの方法をチェック

頬を触る女性

歳を重ねるごとに心配になるお肌のトラブル。その中でもほうれい線は、5歳も10歳も老けて見られることもあるので注意しておきたい悩みの1つですよね。このページではほうれい線ができ始める時期と、必要なエイジングケアについてまとめています。ほうれい線が気になり始める前に、原因やケア方法を知っておき、症状を緩和させましょう。

表情筋の衰えによって出てくるほうれい線

ほうれい線ができる主な原因は、加齢による肌の衰えや乾燥、紫外線の影響などが考えられています。また、普段無意識に使っている表情筋は3割程度しかないため、顔周りの筋肉の衰えによってもほうれい線があらわれるのです。

ほうれい線ができるのは年齢と関係ない!?

口元にできるほうれい線は、加齢によって出来上がるイメージが強いかもしれません。しかし最近では、10~20代でもほうれい線に悩んでいる方もおり、美容施術で解消するというケースが増えています。

若い人でもほうれい線があらわれる原因には次のようなポイントがあります。

  • 食生活の変化による栄養バランスの乱れ
  • 生活リズムの変動
  • 頬肘をつくといった日常生活の癖

エイジングケアは何歳から始めるべき?

肌のエイジングケアは症状を改善するために行うよりも、気になり始めた段階で先手を打つことが大切です。ほうれい線を始めとするシミやたるみは、日頃受けている肌のダメージが症状として出てきたもの。エイジングケアも同様に、毎日の積み重ねによって症状の改善が期待できます。

次のような症状の中から当てはまるものがあれば、セルフケアを始めてみるといいですよ。

  • 肌が乾燥している
  • 近くで見ると小じわが目立つ
  • 化粧のノリが以前よりも悪くなった
  • 毛穴の黒ずみやくぼみが気になり始めた
  • 小さなシミがでてきた
  • アザやキズの治りが以前より遅くなった

ほうれい線のエイジングケアには保湿が重要

ほうれい線は頬のたるみやシワが深くなることであらわれます。シワやたるみの原因となるのは乾燥なので、保湿を続けることがとても大切なケア方法なのです。

なかには化粧水だけで簡単にスキンケアを済ませる方もいるかもしれませんが、肌の表面に塗布するだけでは水分はあまり浸透しません。かえって乾燥を招いてしまう可能性もあるのです。そのため、保湿アイテムを使ってスキンケアを習慣づけましょう。

年齢によって肌に水分を保つ成分は減少していくので、必要に応じてローションパックや保湿アイテムを重ね塗りするなどして、水分を浸透させるケアをしてみるといいですよ。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る