ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > 40代でほうれい線との戦いが本格始動する

40代から本格始動するほうれい線との戦い

第4次お肌の曲がり角を乗り越えるための作戦

お肌の曲がり角で考える40代のほうれい線を消す方法

「鏡を見たときにほうれい線が気になる」という悩みは、歳を重ねるほど大きくなっていきます。40代になると「もう歳だから…」といって改善することを諦めてしまう人が多いようです。しかし今からでも遅くはありません。ほうれい線は何歳になっても消すことができるんです。ほうれい線を薄くしたい・消したい!という女性必見の情報を載せていますので、ぜひチェックしてください。

40代でほうれい線が気になるのは当たり前!

肌がもっとも活発に働くピークを過ぎるタイミングのことを「お肌の曲がり角」と言います。では実際に肌の曲がり角は何歳に訪れるか知っていますか?「25歳以降」「30歳を過ぎてから」などのフレーズをよく耳にしますが、実際は20歳からコーナーを曲がり始めます。

そして30代は肌の衰えが見た目に表れる時期。しわやたるみに悩む人も30代から本格的に増えていきます。そのため40代になってほうれい線が気になるのは当たり前。大切なのは、ほうれい線との向き合い方です。

第4次お肌の曲がり角:41~45歳

第4次お肌の曲がり角:41~45歳

41~45歳の肌の変化を「第4次お肌の曲がり角」といいます。この年代になると、ほとんどの人が肌の衰えを感じているでしょう。この辺りになると、ターンオーバーの周期は55~75日になります。肌が生まれ変わる周期ことをターンオーバーといい、通常の周期は28日が目安です。

20代のターンオーバーは28日周期ですが、30代になると40日周期になると言われています。つまり、20代の頃よりも肌を再生するのに2倍の時間がかかってしまうのです。

この年代は、女性ホルモンの分泌量が急激に減少する時期。女性ホルモンは肌を作るうえで欠かせない成分を含んでいます。女性ホルモンが減少することも、肌の衰えを感じる大きな原因のひとつ。

閉経の前後10年間の更年期は、精神的にも不安定になりやすい時期です。精神的な部分の不調が、肌に表れてしまうこともあります。

ほうれい線が目立ち始めるのは、顔の筋肉が衰える・皮下組織・皮下脂肪の衰え・真皮の衰えが原因。30代の頃よりも肌が全体的に衰えてしまうので、ほうれい線が口元まで伸びてしまうこともあります。この年代になると、シミ・たるみ・肌の張り不足・化粧のノリが悪いといった悩みも多いのが特徴です。

アラフィフをほうれい線なしで迎えるには

肌の曲がり角を過ぎるたびに「今まで愛用していた化粧品で肌が潤わない」「ほうれい線やシミが目立ってきた」と思うでしょう。肌の曲がり角は、肌の衰えを実感する時期です。さらに肌の曲がり角は一生のうちに何度か訪れます。

最初の曲がり角は20代、そして30代・40代・50代と年齢を重ねるごとに、肌に衰えを感じていくでしょう。肌の曲がり角がこない人なんていません。ほうれい線が気になるというのはみんな同じ。しかしケアをきちんとしている人としていない人では、肌に差が出てきます。

日ごろケアをきちんとしていれば肌の曲がり角を緩やかに抑えられますが、適当にしている人は急激に肌が衰えてしまうはず。50歳になってほうれい線が大きくならないように、スキンケアやUVケアを徹底してください。

アラフォー(40代)に必要なのはヒアルロン酸とセラミド

アラフォー(40代)に必要なのはヒアルロン酸とセラミド

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、肌にうるおいとハリを与えてくれる有効成分です。元々人の体に備わっているので、ヒアルロン酸を注入すると、体内にあるヒアルロン酸と融合。肌に膨らみを持たせてシワを伸ばす効果があります。

ヒアルロン酸注入は注射1本だけでいいという手軽さと、15~30分程度で終わる施術時間の短さから、美容治療の中でも人気度の高い治療法。

ヒアルロン酸にはジェル状の薬剤を使用。製薬会社によっていろいろなタイプがありますが、美容クリニックは、注入する箇所によって使い分けているそうです。例えば、目の下のようなデリケートな部分には柔らかいジェル、線の深いしわやプチ整形には硬いジェルを使用します。

注入してからすぐに効果が得られるのがメリット。また効果は3~6ヶ月ほど持続します。元々体内にある成分なので、副作用のリスクも少ないのも魅力的です。

ヒアルロン酸注入は注射を使用するため、針を刺すときにチクリと痛むのがデメリット。また注射針で毛細血管を傷つけたため、内出血が起きたケースも稀にあるようです。これは医師のスキル不足によるものなので、ヒアルロン酸注入を受ける際は、実績の高い医師に任せるようにしましょう。

セラミドの効果

人間の皮膚は表面から表皮・真皮・皮下組織と3段階に分かれています。セラミドは、皮膚の一番上の層「表皮」に存在する成分で、ヒアルロン酸は真ん中の「真皮」に存在する成分です。

セラミドは細胞間を埋める細胞間脂質のひとつ。セラミドの役割は、「水分を蓄え肌を保湿すること」「外部からの刺激から肌を守ること」です。

セラミドは肌のターンオーバーによって作られます。ターンオーバーは肌の新陳代謝のことで、正常なら約1ヶ月単位で肌を生まれ変わらせるのが特徴。歳を重ねるごとに時間がかかってしまいます。セラミドの生成も減少していくのです。

もともと人の体にある成分なので、副作用はなく効果も高いセラミドですが、その分コストが高いというデメリットがあります。セラミド美容液の相場は7000円~10,000円ほどだそうです。

【結論】セラミドは化粧品で補給してヒアルロン酸は注射で補給するのが鉄板

本の大手製薬会社・ロート製薬が20~40代の男女に行った「女性の年齢を判断するときに見る顔のポイント」を調査したところ、回答者全体の7割以上が「ほうれい線」と答えています。

小じわやシミなどよりも、ほうれい線を消すことが重要です。ほうれい線は筋肉の衰えと、皮膚のたるみが原因で起こります。口元のトレーニングでほうれい線対策を行っている人は多いですが、それだけでは不十分です。

たるみを解消するためには、クリニックでヒアルロン酸を注入し、化粧品でセラミドを補給するのがおすすめ。最近は、この方法でほうれい線を薄くするのが鉄板です。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る