ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

30代から始まるほうれい線との戦い

お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

30代になると、「笑った際にほうれい線が目立つ」「ほうれい線のせいで老けて見える」と口元が気になる人が多いでしょう。

シミや毛穴の開きを予防・改善するための商品や治療法は世の中にたくさん出回っていますが、ほうれい線の改善方法は意外と知られていません。どうして30代になるとほうれい線が目立つようになるのでしょうか?そんなお肌の疑問や悩みをここで解決していきましょう。

目次

30代からの「たるみ」によるほうれい線

30代のたるみには、年齢の一言でくくれない原因があります。

  • 責任ある仕事を任されストレスが増える
  • 生活習慣の乱れからお肌のターンオーバーが狂う
  • パソコンに向かう時間が増え表情筋が弱くなる

20代ならリカバリーできたことも、30代ではケアしないと追いつかないのがたるみ、そしてほうれい線です。

また、同じ環境にいながらほうれい線が目立つ人とそうでない人がいます。

30代でほうれい線が目立つようになる人の骨格とほうれい線の種類

ほうれい線気になる女性のイメージ

同じ30代なのに、ほうれい線が目立つ人とそうでない人、この違いは何でしょうか?

まず挙げられるのが顔の骨格の違いです。

面長

アゴがほっそりした面長タイプは、ほうれい線の原因である頬のたるみを支えてくれる筋肉(咬筋)が弱いため、たるみを防ぐのがむずかしく、ほうれい線になりやすいです。エクササイズで筋力を高めるといいでしょう。

丸顔

顔の筋肉が少なく脂肪がつきやすい丸顔タイプ。重力により頬の脂肪がたるむのを防ぎにくく、ほうれい線ができやすいです。面長タイプと同様に、エクササイズで筋力をアップすることで、ほうれい線の改善につながります。

堀が深い

堀が深いタイプは、表情が動くときに顔の皮膚が引っ張られるためシワとして残りやすく、その結果ほうれい線ができやすいと言われています。このタイプはエクササイズで頬まわりの筋肉をほぐし、シワ伸ばしに効くマッサージを取り入れるとほうれい線改善に効果的です。

30代の肌に不足しがちな成分

コラーゲン

水分を保つことで肌の弾力性を高めるコラーゲンは、ほうれい線の改善に有効な成分です。

  • 食事コラーゲンを多く含む食材を経口摂取することで、角質水分量が増加します。ウナギや手羽先などが有名です。
  • サプリ…食事だけでは補えないコラーゲンを手軽に摂取できるアイテムです。不足しているなと感じる前に、日常的に摂り入れるのをおすすめします。
  • 美容医療…食事やサプリはどうしても効果が出るまで時間がかかります。身体の内側からコラーゲンを生成させるレーザー治療や、フェザー(糸)治療といった美容医療がおすすめです。

エラスチン

エラスチンとは肌の弾力を保つたんぱく質で、800以上のアミノ酸から構成されています。

  • 食事…エラスチンが多く含まれる食材は、牛肉・豚肉・馬肉の靭帯や肺・大動脈部分があります。ほかにはカツオがありますが心臓部分に多く含まれていて、どの食材も日常的に摂り入れるのは難しいかもしれません。
  • サプリ…エラスチンを含むサプリメントは多く販売されています。コラーゲンやビタミン類などと同時に摂取できるタイプが多く、手軽にほうれい線を改善できるアイテムです。

セラミド

セラミドは、細胞と細胞の隙間で水分保持機能を発揮する成分です。

  • コスメ…植物や動物由来など種類豊富なセラミドの中でも、おすすめはヒト型セラミドです。肌に優しく刺激が少なく、ヒアルロン酸やコラーゲンなども一緒に含まれていると相乗効果の期待大。スキンケア商品が多く販売されているので、気軽に始められますよ。

30代以降のほうれい線はどうなる?

今後のほうれい線は30代の曲がり角次第

肌の曲がり角というと、多くの人は「肌が衰える」「老けてしまう」とマイナス思考になってしまいます。しかし歳を重ねていけば、少しずつ肌に変化が表れるのは当たり前のこと。大切なのは、30代の肌の曲がり角をきっかけに、スキンケアやUVケア、生活習慣などを見直すことが大切です。

洗顔をしたらキチンと保湿をする・外出時は日焼け止めクリームを塗る・バランスの良い食事を取るなど、基本的なことを徹底しましょう。これらのことをきちんと取り組めるかどうかが、ほうれい線が目立つ人・目立たない人になる分かれ道になります。

とはいえ顔の見た目年齢は、ほうれい線1cm=6歳アップ…!

ロート製薬が20~40代の男女450名を対象に「女性の年齢を判断するときにチェックする顔のポイントはどこか」というアンケートを取ったところ、ほうれい線・と答えた人がダントツの1位だったそうです。

2枚の写真を見比べたときの印象を聞く調査では、さらに驚きの結果が。同じ女性の写真を2枚用意し、1枚は加工してほうれい線を1cm伸ばしました。すると加工していない写真と比べて、加工した写真の見た目は6歳もアップしたそうです。そこまで見た目が変わるのなら、本気で対策をする価値がありますよね。

ほうれい線が目立つのは、頬骨の上にある筋肉や脂肪が下がってしまうからです。年齢を重ねるごとに起きる筋肉の低下、さらに肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン減少が原因になります。ほうれい線対策でよく言われる口元のトレーニングだけだと実は不十分で、頬の上にヒアルロン酸を増やすことが重要。現在、美容クリニックで頬にヒアルロン酸注入してほうれい線を薄くする人が増えてきています。

30代に向いているケアの方法

ほうれい線の悩み、毎日のケアで解消できればうれしいですよね。そこで、セルフケアでほうれい線を消す方法についてまとめてみました。ほうれい線ケアに向いている化粧品からエクササイズまで紹介しているので、自分に合った方法を探してみてください。

化粧で予防

ほうれい線ケア用の化粧品は、美容成分を含む化粧水・美容液からほうれい線の部分に貼るパックタイプ、塗るタイプまでさまざま。その多くは抗酸化作用があるビタミンCやレチノール、保湿力を高めるセラミドを配合しています。

評判のほうれい線対策化粧品をチェック!>>

アヤナス エッセンス コンセントレート

アヤナスエッセンスコンセントレートは、心理的ストレス・外的刺激という2つの問題の解決を目指して開発された美容液です。肌の保湿力を上げるセラミドやくすみ・しわ改善効果が高いシモツケソウエキスなどを配合。ゼラニウム・ラベンダーをはじめとする天然由来の香り成分でリラックス効果も期待できます。

アヤナス エッセンス コンセントレートのほうれい線への効果レポート>>

ビーグレン QuSomeリフト

「ほうれい線の原因は頬を引き上げる力の低下・皮膚のたるみ・顔のむくみ」という考え方から作られた化粧品。頬をリフトアップすることでほうれい線にアプローチします。デコリニル、シャクヤク根エキス、キュアパッションなど、肌への成分と浸透力を高める成分5つを配合。朝1回のケアで夜までもつという点が魅力です。

ビーグレン QuSomeリフトのほうれい線への効果レポート>>

アスタリフト エッセンス デスティニー

エッセンスデスティニーは富士フィルムが販売しているアスタリフトシリーズのラインナップのひとつ。ほうれい線対策として肌のハリへの効果を重要視しています。肌におけるコラーゲンの生成を強力にサポートする、高浸透型レスベラトロールを配合。アスタキサンチンをはじめとする抗酸化成分とともに、総合的なほうれい線の解消を目指しています。

アスタリフト エッセンス デスティニーのほうれい線への効果レポート>>

美顔器グッズでサポート

ほうれい線対策グッズと言ってもそのタイプは実にさまざま。ここでは口にくわえて口周りを鍛えるタイプ、マッサージでリフトアップを図るタイプ、顔に装着してリフトアップするタイプの3つを紹介します。

美顔器でほうれい線をどこまで改善できるか調査レポート!>>

フェイシャルフィットネスPAO

これまでの販売本数が50万本を超えている人気商品。長さ50センチ程度のバーの中心についたマウスピースがついています。首を上下にかつ小刻みにふるわせながら両側のバーを振ることで表情筋を鍛えるグッズです。バーの両端におもりがついているため、しっかりと負荷をかけながら口周りの筋肉を鍛えられるという仕組み。おもりの重さを変えられるので、慣れてきたら高い負荷をかけてトレーニングすることもできます。

ほうれい線対策グッズ「フェイシャルフィットネスPAO」の威力は?>>

かっさリフトプレート

かっさとは、板状のへらを利用した中国式のマッサージ療法を指します。かっさ用ヘラの形状や材質はメーカーごとに異なっていて、価格は1,000~1,500円程度です。使い方は簡単で、クリームやローションを塗ったあと、顔のたるみに沿ってマッサージを行うだけ。顔のリンパと血の巡りをよくすることでスッキリしたフェイスラインを目指せます。

ほうれい線対策グッズ「かっさリフトプレート」の威力は?>>

フェイスアップクリップα

髪の左右の生え際をクリップでまとめて後ろに引き上げることで、フェイスラインを一瞬でスリムにするというグッズ。しっかり留めるのでまぶたやほうれい線がぐっと上がり、約半日はキープできるという優れもの。はずすと元に戻りやすいので続けて使うとよいでしょう。

ほうれい線対策グッズ「フェイスアップクリップα」の威力は?>>

エクササイズで楽しくケアする

顔の表情筋をよく使っている人、つまり表情が豊かな人はほうれい線ができにくい傾向にあるということをご存知でしたか?ほうれい線の解消が期待できる、表情筋を鍛えるエクササイズについてまとめました。

エクササイズはほうれい線を消せるかどうか調査しました【動画付き】→>>

舌回し体操

下を回すだけで口元を鍛えられる、簡単なエクササイズです。口を閉じた状態で、歯と唇の裏側の間に舌を入れてぐるっと一周させましょう。ほうれい線を内側から押し出すイメージで行うのがポイント。右回りと左回りをそれぞれ20回実施し、1日3セット行うと効果的です。

あいう体操

最初に大きく口を開いて「あ」を発音するときの形を作り、10秒間キープします。次に思いきり口を横に広げて「い」の形を作り、10秒間キープ。最後に口をすぼめて「う」の形を作って10秒間。以上の3ステップを1セットとして1日5セットを目安に行いましょう。口周りやあごの下の筋肉にアプローチできます。

顔ヨガ

小顔作りのスペシャリスト、間々田佳子先生が推奨する顔ヨガ。「おだんごロック」(口の端を上げる形で笑顔を作り、膨れた頬の肉を親指と人差し指で握って上に引き上げる)、「ぴよぴよ口」(口をすぼめて閉じ、頬を内側に吸い込んで凹ませる。そのまま上下の唇を開いたり閉じたりして10秒間動かす)といった独特のポーズで頬の引き締めを目指します。

~効果長持ち・即効性重視なら~美容クリニックへ相談

セルフケアでは物足りないという人には、美容クリニックでほうれい線治療がおすすめ。実際にクリニックで効果的と言われている治療方法について詳しく説明します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注射は日本でもメジャーなプチ整形方法。注射するだけの簡単な施術だから体にも費用的にも負担が少ないというメリットがあります。ほかの治療方法と併用できるため、即効性をめざす人はほかの施術との組み合わせがおすすめ。ヒアルロン酸にはさまざまな種類があり、使う人の肌質や部位によって使い分ける医師もいるそうです。

ウルトラセル

リフトアップでほうれい線対策だけでなく、小顔効果も期待できると評判のほうれい線治療方法です。最新の医療レーザーを用いることにより、切らずにリフトアップを目指せるのが最大の特徴。ほうれい線の気になる部分に必要最小限のレーザーを繰り返しあてることで、肌に負担をかけることなくゆっくりとアプローチできます。ダウンタイムもほとんどなく、施術当日にメイクして帰ることもできるそうです。

ツヤ肌コラーゲンリフト

ツヤ肌コラーゲンリフトは、特殊な糸を皮膚の中に通して皮膚全体を引き上げ、たるみに働きかける施術法です。切開をしないので施術当日に帰宅可能。溶ける糸を使っているクリニックであれば抜糸の必要もないといったメリットがあります。

30代でほうれい線が気になるのは当たり前!

女性は肌のピークを20歳で迎えて、そこからは徐々に衰え始めていきます。そのため30代になってほうれい線が気になるというのは自然の流れと言えるでしょう。ここではいくつかの年代で起きる肌の曲がり角の特徴や、ほうれい線対策についてまとめています。

第1次お肌の曲がり角:20歳

個人差はありますが、肌の曲がり角は3回やってくると言われています。1回目は20歳に入ってから訪れるのが一般的。しかし20歳前半で肌の変化を感じる人は少ないでしょう。なぜなら「ターンオーバー」が正常に働いているからです。

ターンオーバーとは「肌が生まれ変わる周期」のこと。人間の肌細胞は、表皮の奥にある基底層で生成され、徐々に肌の表面にあがっていきます。最後に古くなった細胞が「角質」として剥がれ落ちるというサイクルで肌は生まれ変わるのです。20歳前半のターンオーバーの周期は28日で、これが正常な周期だと言われています。

肌の変化が目に見えることはありませんが、体内では肌の曲がり角に関係する変化が表れているのです。人の体には「体内酵素」というものが存在。その中でも食べ物を消化するための「消化酵素」と、代謝を働かせるための「代謝酵素」に分けられます。ポイントは後者の「代謝酵素」。代謝酵素には、老化の原因である体の酸化を抑える効果があります。しかし体内酵素は20歳をピークに減少していくのが通常。つまり20歳から体内では老化が始まっていることがわかります。

第2次お肌の曲がり角:27~29歳

第1次お肌の曲がり角:20歳

肌の変化を最初に感じるのは27~29歳ごろ。ターンオーバーの正常な周期は28日ですが、歳を重ねていくごとに周期は長くなります。30代になると周期が40日になるそうです。周期が長くなる分だけ、古い角質が落ちにくくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。

このころから、肌のハリを保つ成分であるコラーゲン・エラスチン、保湿成分であるヒアルロン酸も減少傾向に。さらに、仕事や日々の生活によるストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れもダイレクトに影響するでしょう。20歳前半まではリカバーできたことが、20代後半になると肌に表れやすくなります。

この年代に多い肌の悩みは「シミ」です。日焼けをしても、シミのもと・メラニン色素をうまく排出できるのはターンオーバーが正常な20歳前半まで。ターンオーバーの周期が伸びることで、メラニン色素が皮膚に残りやすいため、シミになってしまいます。

またコラーゲンやヒアルロン酸も減っていくので、肌の乾燥も悩みのひとつに。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴が開いたように見えます。

第3次お肌の曲がり角:35~39歳

20代後半に肌の曲がり角がきますが、その後、35~39歳になると再び肌に変化が起きます。原因は27~29歳のころと同じく「ターンオーバー」です。正常な周期が28日なのに対し、40代に突入するまでにターンオーバーの周期は55日になると言われています。

ターンオーバー以外に、ライフスタイルも大きく関係。この年代になると「仕事で責任あるポジションを任される」「家事や育児に追われている」といった女性が増えてきます。そのためスキンケアがおろそかになり、肌が衰えてしまうのはよくあるパターンです。

シミ・くすみはもちろん、「ほうれい線」が目立ち始めるのもこの年代になります。肌の乾燥はほうれい線を目立たせる原因のひとつ。27~29歳ごろから肌のハリやうるおいを保つコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が減少していきます。

加齢によるコラーゲンの減少を調べた研究によると、コラーゲン率が20代で80%ありますが、30代になると40%まで減少するというデータが出ました。ほうれい線やたるみなど本格的に肌の衰えを感じるのが、この年代だと言えるでしょう。

記事作成に参考にした文献参照元


【 ほうれい線対策委員会で参考にしている友利新先生の書籍 】

35歳OVERのほうれい線に
お悩み女子には…
【切らない】ほうれい線治療がおすすめ★

ヒアルロン酸注入
相場 5万円(1cc)~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
2~3日間
ウルトラセル
相場 18万円~
効果期間 半年~1年
ダウン
タイム
1週間
ツヤ肌コラーゲンリフト
相場 22.4万円~
効果期間 1年半程度
ダウン
タイム
1日~数日
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る