ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

30代から始まるほうれい線との戦い

お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

お肌の曲がり角で考える30代の気になるほうれい線

30代になると、「笑った際にほうれい線が目立つ」「ほうれい線のせいで老けて見える」と口元が気になる人が多いでしょう。

シミや毛穴の開きを予防・改善するための商品や治療法は世の中にたくさん出回っていますが、ほうれい線の改善方法は意外と知られていません。どうして30代になるとほうれい線が目立つようになるのでしょうか?そんなお肌の疑問や悩みをここで解決していきましょう。

30代でほうれい線が気になるのは当たり前!

女性は肌のピークを20歳で迎えて、そこからは徐々に衰え始めていきます。そのため30代になってほうれい線が気になるというのは自然の流れと言えるでしょう。ここではいくつかの年代で起きる肌の曲がり角の特徴や、ほうれい線対策についてまとめています。

第1次お肌の曲がり角:20歳

個人差はありますが、肌の曲がり角は3回やってくると言われています。1回目は20歳に入ってから訪れるのが一般的。しかし20歳前半で肌の変化を感じる人は少ないでしょう。なぜなら「ターンオーバー」が正常に働いているからです。

ターンオーバーとは「肌が生まれ変わる周期」のこと。人間の肌細胞は、表皮の奥にある基底層で生成され、徐々に肌の表面にあがっていきます。最後に古くなった細胞が「角質」として剥がれ落ちるというサイクルで肌は生まれ変わるのです。20歳前半のターンオーバーの周期は28日で、これが正常な周期だと言われています。

肌の変化が目に見えることはありませんが、体内では肌の曲がり角に関係する変化が表れているのです。人の体には「体内酵素」というものが存在。その中でも食べ物を消化するための「消化酵素」と、代謝を働かせるための「代謝酵素」に分けられます。ポイントは後者の「代謝酵素」。代謝酵素には、老化の原因である体の酸化を抑える効果があります。しかし体内酵素は20歳をピークに減少していくのが通常。つまり20歳から体内では老化が始まっていることがわかります。

第2次お肌の曲がり角:27~29歳

第1次お肌の曲がり角:20歳

肌の変化を最初に感じるのは27~29歳ごろ。ターンオーバーの正常な周期は28日ですが、歳を重ねていくごとに周期は長くなります。30代になると周期が40日になるそうです。周期が長くなる分だけ、古い角質が落ちにくくなり、肌のバリア機能も低下してしまいます。

このころから、肌のハリを保つ成分であるコラーゲン・エラスチン、保湿成分であるヒアルロン酸も減少傾向に。さらに、仕事や日々の生活によるストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れもダイレクトに影響するでしょう。20歳前半まではリカバーできたことが、20代後半になると肌に表れやすくなります。

この年代に多い肌の悩みは「シミ」です。日焼けをしても、シミのもと・メラニン色素をうまく排出できるのはターンオーバーが正常な20歳前半まで。ターンオーバーの周期が伸びることで、メラニン色素が皮膚に残りやすいため、シミになってしまいます。

またコラーゲンやヒアルロン酸も減っていくので、肌の乾燥も悩みのひとつに。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴が開いたように見えます。

第3次お肌の曲がり角:35~39歳

20代後半に肌の曲がり角がきますが、その後、35~39歳になると再び肌に変化が起きます。原因は27~29歳のころと同じく「ターンオーバー」です。正常な周期が28日なのに対し、40代に突入するまでにターンオーバーの周期は55日になると言われています。

ターンオーバー以外に、ライフスタイルも大きく関係。この年代になると「仕事で責任あるポジションを任される」「家事や育児に追われている」といった女性が増えてきます。そのためスキンケアがおろそかになり、肌が衰えてしまうのはよくあるパターンです。

シミ・くすみはもちろん、「ほうれい線」が目立ち始めるのもこの年代になります。肌の乾燥はほうれい線を目立たせる原因のひとつ。27~29歳ごろから肌のハリやうるおいを保つコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が減少していきます。

加齢によるコラーゲンの減少を調べた研究によると、コラーゲン率が20代で80%ありますが、30代になると40%まで減少するというデータが出ました。ほうれい線やたるみなど本格的に肌の衰えを感じるのが、この年代だと言えるでしょう。

今後のほうれい線は30代の曲がり角次第

今後のほうれい線は30代の曲がり角次第

肌の曲がり角というと、多くの人は「肌が衰える」「老けてしまう」とマイナス思考になってしまいます。しかし歳を重ねていけば、少しずつ肌に変化が表れるのは当たり前のこと。大切なのは、30代の肌の曲がり角をきっかけに、スキンケアやUVケア、生活習慣などを見直すことが大切です。

洗顔をしたらキチンと保湿をする・外出時は日焼け止めクリームを塗る・バランスの良い食事を取るなど、基本的なことを徹底しましょう。これらのことをきちんと取り組めるかどうかが、ほうれい線が目立つ人・目立たない人になる分かれ道になります。

とはいえ顔の見た目年齢は、ほうれい線1cm=6歳アップ…!

ロート製薬が20~40代の男女450名を対象に「女性の年齢を判断するときにチェックする顔のポイントはどこか」というアンケートを取ったところ、ほうれい線・と答えた人がダントツの1位だったそうです。

2枚の写真を見比べたときの印象を聞く調査では、さらに驚きの結果が。同じ女性の写真を2枚用意し、1枚は加工してほうれい線を1cm伸ばしました。すると加工していない写真と比べて、加工した写真の見た目は6歳もアップしたそうです。そこまで見た目が変わるのなら、本気で対策をする価値がありますよね。

ほうれい線が目立つのは、頬骨の上にある筋肉や脂肪が下がってしまうからです。年齢を重ねるごとに起きる筋肉の低下、さらに肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン減少が原因になります。ほうれい線対策でよく言われる口元のトレーニングだけだと実は不十分で、頬の上にヒアルロン酸を増やすことが重要。現在、美容クリニックで頬にヒアルロン酸注入してほうれい線を薄くする人が増えてきています。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る