ほうれい線対策委員会ホーム > 老け顔の元凶、ほうれい線とは > 20代のほうれい線ケアとは?原因と特徴についてもチェック!

20代のほうれい線 原因とケア方法は?

20代のほうれい線の原因とケア方法

頬を触る女性

年齢を重ねるにつれて深くなるほうれい線ですが、20代でもほうれい線に悩む方が増えてきました。このページでは、若い世代が悩んでいるほうれい線の原因とケア方法についてまとめています。症状が出てからケアを始めるのではなく、先手を打つためにも事前にチェックしておきましょう。

20代のほうれい線の特徴と原因は?

シワを始めとするほうれい線やたるみは、加齢によって現れる老化の証拠だと考えている人が多いのではないでしょうか。歳を取るとほうれい線が出てくるのではなく、ほうれい線が出てくることで歳を取って見られるのです。

20代の肌は機能的な衰えは少なく、加齢による「真皮の衰え」や「皮下組織・皮下脂肪の衰えや肥大」が原因でほうれい線ができることはほとんどありません。

まずは20代でほうれい線ができてしまう原因について見ていきましょう。

肌の乾燥

乾ききった皮膚は通常よりも縮こまってしまい、シワを作り出します。初めに出てくるシワは肌の表面部分にできるので、ケア次第で改善することも。しかし、乾燥状態がひどくなると肌の真皮部分にまでシワが根付いてしまうので早めのケアが大切です。

顔立ちや骨格

人の顔の骨格はそれぞれで、筋肉や脂肪の付き方によって、ほうれい線が目立ちやすくなる場合もあります。特に以下のような特徴がある方は、ほうれい線が目立ちやすくなる傾向にあります

  • 頬骨が高い人
  • 顎が小さく、上あごが前に出ている人
  • 丸顔

頬骨が高かったり上あごが前に出ていたりすると、ほうれい線ができる溝の部分との高低差が大きくなり、ほうれい線の濃さが目立ってしまいます。

骨格が原因でできてしまうほうれい線は、一朝一夕で改善できるものではありません。顔のむくみにも気を付けてケアしましょう。

偏った食事バランス

肌の健康状態を保つためにも、バランスの良い食事はとても大切。近年は食の欧米化によって、ファストフードや外食で1日の食事を済ませる方が多くなっています。偏った食事バランスによってお肌のターンオーバーが乱れてしまう原因となっているのです。

筋肉のたるみ

以前と比べて加工食品が増えたことで、若い方は柔らかいものばかり食べている傾向にあります。それだけ咀嚼の回数が減少し、口周りの筋肉が衰えているのです。

紫外線によるダメージ

紫外線を浴び釣るけることで肌がダメージを受けてしまい、シワ・たるみといった肌の老化を引き起こしてしまいます。

紫外線には肌の表皮部分にダメージを与えるUVBと、肌の深層部分にダメージを与えるUVAがあり、特にUVAによるダメージが肌の弾力やハリを失う要因となっています。

ほうれい線が定着する前に先手を打つことが大事!

20代のほうれい線は外的な要因によって肌のダメージが蓄積することで引き起こされます。現在、20代でほうれい線が気になっているなら、30代、40代と年齢を重ねるにつれてされに目立つようになるのは必然でしょう。そうならないために、今のうちにほうれい線ケアを始めましょう。

ほうれい線を改善するためのケア方法とは?

肌の乾燥のケア方法

日頃のスキンケアで、顔の汚れをしっかりと落とすために洗浄力の強い洗顔料やクレンジング材を使っていると、肌が本来持っている水分やバリア機能まで洗い流してしまいます。

化粧品やスキンケア用品の機能性を高めるために使われている、合成界面活性剤や合成ポリマーなどのケミカル成を分避けるだけでも、肌の自己再生能力は取り戻せるでしょう。

ご自身に合ったスキンケア用品なのか、見直すきっかけにしてみてください。

偏った食事バランスを整える

肌を作る成分としてビタミン・ミネラル・必須アミノ酸が必要になりますが、これらを摂取するのにおすすめなのが魚介類。肌の水分量を保つために必要な必須脂肪酸とミネラルを含んでいるので、潤った若々しい肌を作るためには欠かせない食品と言えるでしょう。

筋肉のたるみを改善

口腔内で舌を回しながらを歯の表面をなぞっていく「ベロ回し体操」は、口周りの筋肉を鍛えられるので、ほうれい線に十分な働きかけをしてくれるでしょう。改善効果はすぐには得られないので、続けることが何よりも効果を生みます。

紫外線によるダメージを軽減

外出時に日傘や帽子、マスクなどで紫外線対策を習慣づけましょう。日焼け止めクリームは一度に厚く塗るのではなく、こまめに塗り直すことで高い効果を持続できます。

夏の日差しの強い時期は特に注力しておきたいケアポイントですね。

20代でもほうれい線ケアを!

20代の肌は、水分をたっぷりと含んでいますが、生活習慣や日頃のスキンケアによっては、ほうれい線を作り出してしまいます。一方で、加齢によってできるほうれい線は避けられません。30代以降を見据えて、早い段階からケアしていくことで、数年後、周りよりもグンと若く見えるお肌になっていることでしょう。

サイト監修表参道スキンクリニック友利 新医師
東京女子医科大学卒業後、同大学の大学院内科勤務を経て皮膚科に転科。表参道スキンクリニックで皮膚科医として多くの患者を診るかたわら、テレビ番組への出演や書籍の出版などさまざまなメディアで活躍。医師という立場から女性が美しく生きるための啓蒙活動を展開している。プライベートでは2児の母として子育ての真っ最中。「日本皮膚科学会」「抗加齢学会」「日本内科学会」会員。
表参道スキンクリニックhttp://tk-honin.com/
電話番号:0120-334-270
【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」のドクター監修による
ほうれい線の治療ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです(2018年1月時点)。
実際にほうれい線の治療を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る