見た目年齢が10歳以上あがってしまう 恐怖のほうれい線を消したい!

photo

じつは赤ちゃんにもほうれい線はある!?

ほうれい線と私たちは、実は、赤ちゃんの時からの長い付き合いだったということ、ご存知ですか?

赤ちゃんは、授乳で口輪筋が自然と発達してしまうため、頬と口周りの境界線にシワが出現することがあり、これがほうれい線のように見えるというわけです。

ただ赤ちゃんの肌はコラーゲンやヒアルロン酸たっぷりのプリプリお肌ですから、ほうれい線というよりは、頬が盛り上がっているだけ。

大人になると、頬のたるみから、鼻の両脇から口の両端を結ぶ線が協調されるようになります。これが「老け顔の元凶」ともされるほうれい線なのです。

私たち「ほうれい線対策委員会」では、ほうれい線の予防を知りたい20代、ほうれい線が気になりだした30代、ほうれい線をみてみぬふりができなくなった私たちのような40代以降の女性に向けて、ほうれい線対策に関する全ての方法を徹底的に調査しまとめています。

また、監修をしていただいたほうれい線治療で評判の高い友利新先生に取材をし、ほうれい線対策治療の最前線もうかがってますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ほうれい線のタイプを知ることが成功のコツ

ほうれい線のタイプによって、ほうれい線を消す対策や治療法にも違いがあります。ほうれい線対策委員会では、大きく4つのほうれい線タイプに分けられると考えています。まず自分がどのタイプに属するかをチェックすることが、自分に合ったほうれい線対策を見つけるコツです。

ほうれい線のタイプ画像引用元 ガルデルマの美容医療情報サイト http://www.lookgood-feelgood.jp/type/

  • 皮膚たるみ型

    皮膚たるみ型

    加齢とともに頬に付いていた皮下脂肪が減って皮膚がたるむことが原因でできるほうれい線。中年以降の女性のほとんどがこの皮膚たるみ型のほうれい線に該当します。また過激なダイエットなどで急激に皮下脂肪が減った場合も、この皮膚たるみ型ほうれい線が出やすくなります。

  • 骨くぼみ型

    骨くぼみ型

    無表情のときにも小鼻の横にくぼみのようなほうれい線が出るタイプは、この骨くぼみ型ほうれい線。鼻の土台となる骨のでっぱりが少ないことが原因で、アジア人には骨くぼみ型が多いといわれています。加齢による骨の萎縮が進むとさらに目立つようになってしまいます。

  • 筋肉型

    筋肉型

    笑ったときに深い溝のようなほうれい線が走るタイプで、頬のあたりの筋肉が強いことで鼻との境界線が長い筋のようなほうれい線が走ります。無表情のときでもほうれい線の筋が目立ち、仰向けになっても変化がありません。笑うと歯ぐきが見えてしまうガミースマイルの人もこのタイプ。

  • 混合型

    混合型

    皮膚たるみと骨くぼみ、皮膚たるみと肥満による皮下脂肪増加など、複数の原因が重なってほうれい線ができる人はこの混合型。中年以降の女性は皮膚たるみと、そのほかの要因が重なる混合型が最も多くなります。骨格の違いにより差異はありますが、太って頬の脂肪が厚くなるとやっかいなタイプです。

友利先生がほうれい線のタイプ別治療法を解説

美容クリニックで受けられる
ほうれい線治療の効果をドクターが解説

表参道スキンクリニックの友利新先生がアドバイスほうれい線治療にはどのようなものがあるのか、取材しました。美容クリニックのサイトにはさまざまな治療法が紹介されていますが、友利先生にお聞きしたところによれば、ほうれい線治療には以下の施術が効果的とのことでした。

友利先生

美容クリニックで受けられるほうれい線治療とその効果ほうれい線治療にはどのようなものがある?

友利先生が教えてくれたほうれい線の治療法は…

ヒアルロン酸注射美容注射(ヒアルロン酸)の治療効果 ヒアルロン酸を主成分とする美容注射は、真皮層の弾力が失われたお疲れ肌のほうれい線に効果的といわれる治療法で、さまざまな治療法との組み合わせで採用されることが多いという特徴があります。部位により薬剤の硬さや注入する量が異なり料金にも差がありますが、ほかの治療法と比べるとリーズナブルな施術です。
ウルトラセル超音波・高周波機器
(ウルトラセル)の治療効果
表皮、真皮、筋膜と同時に3つのアプローチを可能にした最新型のレーザーマシンで、ダウンタイムもほとんどないことから人気の施術です。ほうれい線だけでなく、若返りを体感しやすいというのも特徴のひとつ。皮膚の表層、中間層、深層のそれぞれに働きかけてたるみを改善、小顔効果が実感できます。
金の糸糸(純金)(金の糸)の治療効果 直径0.1ミリほどの純金の糸を、極細の針で表皮の下の真皮層へ埋め込むことで、真皮細胞を刺激して活性化。コラーゲンの生成を促して肌の若返りや美白、乾燥の改善などを促進させる施術方法です。治療費は高額ですが、一度施術を受ければ15年程度は効果が続くといわれていますので、1年単位で考えるとコスパは悪くありません。
ツヤ肌コラーゲンリフト糸(コラーゲン)(ツヤ肌コラーゲンリフト)の治療効果 リフトアップ効果と美肌効果が同時に得られる、表参道スキンクリニックオリジナルの画期的な治療法です。皮膚下に突起の付いた生体分解性の糸を埋めることでフェイスラインをすっきり引き上げ、施術あとすぐにリフトアップ効果が実感できます。切らないフェイスリフトとして注目されている治療法です。

美容クリニックのホームページを見るとさまざまな治療法が載っていて、どの施術が最適なのかさっぱりわかりませんよね?実際クリニックのホームページをいろいろ見てみると、ほうれい線の治療法として紹介されている施術法がとてもたくさんあります。ドクターによって選択する施術が異なる場合もありますし、クリニックによって導入している医療機器にも違いがあります。

ほうれい線のタイプや皮下脂肪の量、骨格、なりたいと思う顔によってもさまざまな選択肢があります。最終的には治療してくれるクリニックの先生とじっくり話し合った上で、治療法を決めることをほうれい線対策委員会ではおすすめしています。

ほうれい線治療の最前線友利新先生インタビュー
「5年前の自分に戻る」治療が理想的

友利新先生表参道スキンクリニックの友利新先生に最新のほうれい線治療についてインタビュー。ほうれい線ができてしまう原因とはなにか、どのようなことに気をつけなければいけないのか、またほうれい線を消すためにはどうすべきなのかなど、専門医の立場からアドバイス。母親の顔が自分の老化予想図であることや、極端で不自然な治療は避けるべきであることなど、ちょっとドキッとするようなお話しもうかがえました。

友利先生の無料カウンセリングに申し込んでみる

ほうれい線はなぜできてしまうの?

笑顔がステキな女性でありたい…その思いを打ち砕くのが、悪魔のほうれい線。笑ったとたんに見た目年齢がグッとあがってしまうなんて悲しすぎますよね。年齢よりも上に見られて平気な女性などいるはずがありません。ただ、ほうれい線の目立ち具合にはかなり個人差があります。まだ20代なのにほうれい線が目立つ人もいれば、50代でもほうれい線が目立たない人もいます。どうしてこのような違いが出てくるのでしょう。

  • ほうれい線とは

    鼻の両脇から唇の両端に向かって深くシワが入るように見えるため、ほうれい線をシワやたるみと混同している人が多いと思うのですが、正確には頬と鼻の境界線となる溝やラインのことを指します。じつは赤ちゃんにもほうれい線はあるのですが、肌の弾力があるので目立たないだけなのです。

  • ほうれい線の
    原因

    ほうれい線ができてしまう原因はひとつではなく、肌質や骨格などのほか、加齢や肌の乾燥、表情筋の衰えなどさまざまな原因が重なって目立つようになります。また紫外線によるダメージや無理なダイエットによるリバウンドなどは、ほうれい線を作る大きな原因にもなってしまうのです。

  • ほうれい線の
    予防と改善

    歳を重ねるといろいろ劣化してくるのはしかたがありませんが、もしほうれい線を未然に防ぐ予防法や改善法があるなら、知っておいて損はありません。あなたが毎日している何気ない行動や習慣を止めるだけで、いま以上の悪化が防げる可能性があります。ほうれい線予防のためにすべきこととは?

ほうれい線とたるみの違いとは?

ほうれい線とたるみの違いについて聞かれたら、あなたはなんと答えるでしょうか。たるみがひどくなるとほうれい線になる?では、なぜ赤ちゃんにもほうれい線があるのでしょう。「ほうれい線とは」のページでも説明しましたが、ほうれい線は単なるシワやたるみとは異なる、原因があるのです。
たるみとほうれい線、シワとほうれい線の関係をしっかり理解することが、正しいほうれい線対策につながります。「母親の顔は自分の老化予想図。たるみの原因は遺伝かも!?」という、ドキッとするような調査結果もあるようです。顔に縦横無尽に走るシワやたるみを図解しながら、その違いについて解説していきます。

【年代別】ほうれい線対策~年代にあった対策のしかたはある~

ほうれい線の悩みは年齢問わずあります。対策法も年代によって変わってくるため、正しい方法を知ることが大切です。年齢に合ったほうれい線対策をして、いつまでもキレイな肌でいましょう!

【予防時期】20代のほうれい線対策

お肌の曲がり角と言われる20代。
20代前半でもうっすらとほうれい線が出てきて、あわててケアを始める女性も少なくありません。
20代でほうれい線ができてしまう原因には、骨格の作り、肌の乾燥、紫外線などさまざまな要因があります。
ほうれい線の対策をするなら、肌にうるおいやハリをもたらす美容成分を含んだ化粧品でのケアや表情筋のトレーニング、首周りのマッサージなどがおすすめ。20代でほうれい線ができてしまう原因を詳しく知って、対策を立てましょう。

【初期段階】30代のほうれい線対策

お肌の曲がり角を曲がった30代では、どのようなほうれいせん対策が必要なのかまとめています。
30代のほうれい線対策は 化学物質の含まれた化粧水・乳液などの化粧品を使わないケミカル断ちや体の内側から筋肉を鍛える表情筋トレーニングが必要です。 ほかにも美容クリニックやエステでフラクショナルレーザーや皮膚再生医療を行なうと、よりほうれい線を緩和するのに◎。 ほうれい線ができやすい時期について詳しくまとめてみたので、ほうれい線対策に役立ててください。

【30代ほうれい線コラム】「死ぬほど保湿」と生活習慣のプチ工夫でほうれい線を予防改善

鼻と頬の境目にできるほうれい線。アラフォー世代はほうれい線が徐々に目立つようになってくる世代であり、対策が欠かせません。そんな30代のほうれい線対策のキーワードとなるのが「保湿」です。
正しい30代の洗顔の仕方や保湿の仕方、マイナス〇歳肌を目指す習慣について気になる情報をピックアップ。
ほうれい線の予防策・改善策を知って、魅力的な30代を目指しましょう!

【30代ほうれい線コラム】エイジングアラート「ほうれい線」の原因は加齢による衰えだけではなかった!

ほうれい線ができる原因には肌にある2つの物質の減少が関わっています。それはコラーゲンとエラスチンです。
細胞同士をつなぐコラーゲンと弾力を保つエラスチンは、20代後半ごろから徐々に減少して行くのです。
しかし、コラーゲン・エラスチンが減少してしまう原因には加齢ではなく、生活習慣や環境も関わってきます。
お肌の成分が減ってしまうその原因と対策について調べてみました。

【30代ほうれい線コラム】30代の終わりは「ほうれい線」とともにやってくる!?

ほうれい線はたった一筋のしわなのに、あるかないかで見た目に大きな影響を与えます。年齢問わず多くの女性がほうれい線に悩んでおり、ほうれい線があるだけで実年齢よりも上に見られるのだそう。
ほうれい線と老け顔の関係性とほうれい線ができる原因、ほうれい線があっても老け顔に見えない人など気になる情報をまとめてみました。

【30代ほうれい線コラム】ほうれい線対策に必須、ターンオーバーを調整できる食べ物とは

ほうれい線の原因にはお肌のターンオーバーが正常に行われない場合があります。ターンオーバーとは、古い肌の細胞を新しい細胞に生まれ変わらせるサイクルのことです。このターンオーバーを正常にするなら、食べ物を力を借りることが必須!
お肌に必要な栄養素とその栄養素が含まれる食材についてまとめてみました。美味しく食べてほうれい線対策をしましょう。

【30代ほうれい線コラム】飲酒とほうれい線の悲しい関係?お酒を楽しく飲みながらほうれい線とおさらばする方法

お酒は「百薬の長」といわれ適度に飲めば薬になりますが、飲み過ぎると万病のもとになります。 とくにお酒は肌にダメージが現れやすく、ほうれい線を含む、しわやたるみなどを招いてしまう原因にも。
お酒が及ぼすほうれい線への影響や楽しくお酒を飲んでほうれい線を予防する方法をまとめてみました。
スマートなお酒の飲み方を知れば、ほうれい線も怖くありません!

【中期・成熟期】40代・50代のほうれい線対策

40~50代はもっともほうれい線も目立ちやすくなる年代。ほうれい線だけでなく、肌の弾力・うるおいの低下にも目を向けなければなりません。
なぜ40~50代はほうれい線を含む肌の力の低下が目立つかというと、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの肌のハリを作る成分の生産量が減ってくるからです。
ケミカル断ちや表情筋トレーニングなど自分で行なうほうれい線対策もよいですが、クリニックやエステでほうれい線対策も視野に入れるとよいでしょう。40代・50代のほうれい線対策について調べてみました。

【40代・50代ほうれい線コラム】世代別、ほうれい線の悩みをアンケートで徹底調査!4人中3人が悩みを抱えている?

化粧品メーカーやリサーチ会社のアンケート結果によると、ほうれい線で悩む女性は年齢を問わず多いということがわかりました。ほうれい線は肌質や骨格、生活習慣によって出やすさが変わってくるため、早いうちに対策をしておくことが大切です。
ほうれい線に悩む女性にとったアンケートをもとに、年代別のほうれい線対策について紹介します。

【40代・50代ほうれい線コラム】45歳以上の6割が恐れおののく、老け顔の元凶たるみとほうれい線の違いを徹底解説

ほうれい線はしわに思われがちですが、実は頬の筋肉と口周りの筋肉にできる境界線にしかすぎません。
それなのに老化のサインとして、多くの女性が悩むのがほうれい線です。なぜほうれい線は老化のシンボルとして恐れられてしまうのか?実は、たるみに原因があったのです。たるみとほうれい線の意外な関係をくわしく解説します。

【40代・50代ほうれい線コラム】ほうれい線が1cm長いだけで実年齢より7歳老けてしまうという現実

年齢を重ねるごとに深くなっていくほうれい線。ただの境目なのに、ほうれい線が1cm伸びるだけで男女問わず見た目年齢を挙げてしまうのです。
40~50代でも実年齢より下に見られる人はほうれい線が薄かったり、たるみ・しわが少なかったりと羨ましい点が豊富。 ほうれい線を気にする40代の声や見た目年齢が若いことのメリットについてお話します。

【成熟期】60代のほうれい線対策

仕事を辞めてセカンドライフをスタートする人、仕事を続けて後進の育成に力を入れる人など、成熟期と言ってもまだまだ活躍する人の多い60代。若々しい見た目の60代の人ほど、楽しく過ごすことができます。
60代の人がほうれい線対策は、30~50代が行なっている様なケミカル断ち、表情筋トレーニングで成果を期待するのは難しいでしょう。確実にほうれい線を薄くするなら、サーマクールやフェイスリフトなど、皮膚に直接作用する美容医療による治療をおすすめします。

ほうれい線もシワも一発解決!若返り美容整形完全ガイド ~施術別効果一覧~

ほうれい線対策委員会ではほうれい線だけでなく、加齢とともにあとからあとから噴出するお悩み対策ができる治療法にはどのようなものがあるのか、徹底的にリサーチしました。美容クリニックによって置いてある医療機器も違いますし、ドクターが推奨する治療法にも違いがあります。そこでここでは美容クリニック初心者にもわかるように、若返りを目的とした治療法の数々とその効果について一覧にまとめました。

  • 美容注射(ボツリヌス菌)の効果

    ボツリヌス菌から精製された美容注射は、いまやハリウッドセレブ御用達のプチ整形として有名な施術。 ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種をシワに直接注入すると、筋肉の動きが抑制されて表情ジワを目立たなくすることができます。部位によっては失敗の可能性があるので、技術の高いクリニックで治療することをおすすめします。

  • 光治療(ブロードバンドライト)の
    効果

    複数の波長が含まれる特殊な波長の光により肌質そのものを改善。 ブロードバンドライトというフラッシュのような医療用の光を使った治療で、レーザーのようにピンポイントの治療とは異なり、広範囲に表皮から真皮まで異なる波長が届きます。しみ、たるみ、ニキビなど複数の悩みにアプローチができ、かつダウンタイムもほとんどありません。

ほうれい線対策委員会編集部独自調査ほうれい線消し隊! ~セルフケアでほうれい線は消せるのか~

このサイトでは美容クリニックで受けられるほうれい線や若返りの施術について詳しく説明していますが、もしかしたらセルフケアでもほうれい線は消せるのではないか?という意見も編集部内で出ていました。
そこで、ほうれい線対策委員会編集部が独自にさまざまなセルフケアについて調査を実施。その調査結果を6つの項目に分けてまとめました。

  • ほうれい線とカラダの関係

    猫背やスマホがほうれい線の原因かもしれない…!? アナタが無意識のうちにしていた何気ない行動によって、ますます老け顔が進行しているかもしれません。そんなちょっと恐ろしい、ほうれい線とカラダの関係について調べてみました。

  • ほうれい線が消えるエクササイズ

    女性誌などでよく見る顔面エクササイズだけで、本当にほうれい線は消せるのでしょうか。ほうれい線のタイプによっては表情筋のエクササイズをしないほうがよい場合もありますが、まずはいくつかのエクササイズのやりかたをチェックしてみましょう。

  • ほうれい線消しの対策グッズ

    テレビCMや通販サイトなどで見る顔痩せグッズやほうれい線対策グッズの数々。1,000円台のリーズナブルなものから10,000円以上するものまである中から、人気のほうれい線対策グッズをピックアップしてみました。果たして本当にほうれい線は消えるのでしょうか?

  • 美顔器でほうれい線は改善できる?

    ある程度の年齢になると、ホームケアは必須と感じている人も多いはずですが、美顔器となるとけっこう高額なものもあるのでなかなか手が出ませんよね?いまネット通販の美顔器人気ランキング上位にランクインしている美顔器を、いくつかセレクトしてみました。

  • 評判のほうれい線対策化粧品はどれ?

    ちまたにはほうれい線やたるみ、シワを改善するためのスキンケア化粧品がたくさんありますが、果たしてスキンケアだけでほうれい線の予防や改善はできるのでしょうか。ほうれい線対策委員会編集部がほうれい線やエイジングケア効果が高そうなコスメをチェックしてみました。

  • サプリでほうれい線が消せるってホント?

    カラダの内側がボロボロなのに、コスメや美顔器でセルフケアしても意味がない!ということで、老け顔予防と改善に効果がある(かもしれない?)サプリを調べてみました。内外美容が定番化している昨今、ほうれい線も内側からのケアが必要と考えるのは間違いではないはずです。

ほうれい線対策【最前線】ニュース

マツエキスがたるみを改善する?コスメ業界に衝撃が走ったスーパー美容液の誕生など、ほうれい線予防・対策に関わる気になる情報をピックアップ!ほうれい線を含む、お肌のエイジングケア情報について発信しています。

ほうれい線ができやすくなる危険な食べ物とは

お米にパン、ケーキなど白い材料を使った食べ物はおいしいですよね。しかし、白い食べ物=炭水化物はほうれい線を深める原因に!
なぜ炭水化物がほうれい線の出きる原因になるのか、どんな食品を摂れば予防できるのか詳しく解説します。

医師が解説する「美容・美肌にまつわる12の都市伝説」が熱い!

巷に溢れる美容・美肌の都市伝説をあなたは知っていますか?半身浴の効果、美肌成分の入った化粧水をたっぷりつける、蒸気・スチームを顔に当てるなど、実はすべてまやかしだったんです!現役医師がこれらの都市伝説について鋭いメスを入れます。

50歳以上の女性は95%が「肌老化」を実感、60%強がコスト高の美容医療に関心あり!

美容のために化粧品やサプリにお金をかける人もいますが、美容医療を提供する機関に受診する人も少なからずいます。 なぜコスト高の美容医療を受けるのか、美容医療を受けるとどんな変化があるのかを調べてみました。

ほうれい線予防に必須な栄養成分 vol.1 ビタミンC

あなたはビタミンCの正しい取り方を知っていますか?正しい取り方を知れば、あなたの肌は見違えるようになるかもしれませんよ。美肌の万能薬ビタミンCの効果、肌との関係性、正しい取り方について詳しく紹介します。

アイスタイルが、美容業界のトレンド配信メディア「Beauty Tech.jp」をリリース

ネットでコスメやサプリの口コミを調べたことがある人なら一度は目にしたことのある「@コスメ」。その@コスメを運営するアイスタイルが発信するメディア「Beauty Tech.jp」は、美容とテクノロジーの融合について発信しています。

できる男は美容クリニックでほうれい線対策、が常識な時代

人の印象を決めるのは見た目が8割という言葉を聞いたことはありませんか?できる男は、見た目を気にしており、ほうれい線にも気を使っているのです。男性の見た目事情についてアンケート結果をもとに、詳しくお届けします。

冬枯れ肌から春の敏感肌へ ほうれい線と季節の変わり目対策

肌の乾燥はほうれい線と深く関係しています。とくに季節の変わり目のスキンケアは重要です。正しい肌ケアの仕方を知って、ほうれい線対策しましょう。美容医療の先進国、米国皮膚科学会で推奨されるスキンケア方法や敏感肌のケアについて解説しています。

美容医療のトラブル回避に朗報、条件次第で「クーリング・オフ」が可能になった!

これまでエステではクーリング・オフ途中解約ができましたが美容医療は対象外となっていました。しかし、法改定により美容医療も対象に。クーリング・オフの条件やなぜ法改定に至ったのかを詳しく解説しています。

スイーツ好きはご用心!ほうれい線と老化の原因「糖化」がたるみを生み出していた!?

自分へのご褒美といって、カラフルなマカロンやクリームたっぷりのカップケーキを食べてはいませんか?これらに限らず甘いご褒美が、ほうれい線を作っている原因かもしれませんよ。糖と炭水化物の関係と甘い罠についてお伝えします。

POLA美肌県グランプリ1位は富山県、2018年の美肌予報とは?

47都道府県の美肌偏差値を調べてランク付けする、POLA独自のイベント「POLA美肌県グランプリ2017」。1位の県には美肌になる秘密があったんです!秘密を知ってあなたも美肌になりましょう♪
2017年の結果を踏まえて、2018年の美肌偏差値が高い県も予測しています。

シワがキレイなのは女優だから!? 資生堂「表情プロジェクト」で発信したいこととは

しわやほうれい線が気になって思いっきり笑うことができない…。そんな風に悩んではいませんか?
「資生堂 表情プロジェクト」は、しわの悩みをコスメで解決して、女性本来の明るい笑顔を取り戻すプロジェクトです。「資生堂 表情プロジェクト」について紹介します。

ボトックスとヒアルロン酸のあわせ技『ビスタシェイプ・ビスタアイ』とは

従来の治療法を組み合わせて、お互いのいいとこどりをした複合治療の1つがビスタシェイプ・ビスタアイです。ほうれい線はもちろん、しわやたるみの改善にも期待ができます。そんあビスタシェイプ・ビスタアイの特長をまとめてみました。

松ぼっくりから抽出した「マツエキス」にほうれい線やたるみ改善効果!?(資生堂)

身近な植物である松ぼっくりからアンチエイジングに最適なエキスが資生堂と大阪大学の研究により発見!
どのように松ぼっくりのエキスがほうれい線に効果を発揮するのかメカニズムを解説します。塗るだけでほうれい線がなくなるかもしれない、マツエキスを要チェックです!

『リンクルショット メディカル セラム』(POLA)はほうれい線に効くの?

シワを改善する驚異のコスメの発表がされたのは、2017年1月1日のこと。これまでのシワ対策コスメとは一線を画すPOLAの「リンクルショット メディカル セラム」についてお伝えします。シワ改善コスメから目が離せません!

【このサイトについて】
「ほうれい線対策委員会」は、「表参道スキンクリニック」ドクター監修による
ほうれい線の施術ガイドをはじめ、お役立ち情報をまとめたサイトです。(2017年7月時点)
また、実際の施術を受けるにあたっては、必ず医師の診断に従うようにしてください。

ほうれい線治療の最前線 友利先生インタビュー

サイト監修 表参道スキンクリニック 友利 新医師 このクリニックについて詳しく

ページ上部へ戻る